欠乏の機能性ブログ

日々の上腹部不定愁訴と気付き その思考

ストレス

9月28~29日 そういう人生

9月28日(水) 今日の計測では微減。二百グラムの減だ。摂取量は悪くなかった体感でも、快くはなかったか。 朝は抑えられ、昼前は食欲があったものの、そこで満腹になってしまう。一膳を多く盛ったのを撤回できず、早期膨満に対応できなかった。それでいてする…

9月25~27日 食欲不振の確かな原因

9月25日(日) 今日の計測では増加していた。昨日から三百グラムの増。大台まであと二百グラムだ。少しは下腹部に厚みがあったところ。 今日は三食を通してあまり食欲がなかったものの、無理がたたっている訳ではなかった。食前の不快感はないのだけれど、爽快…

9月23~24日 結果の原因 意識の力

9月23日(金) 今日も計測ではようやく増えた。そのための努力はしていないものの、たまたま増えてくれた。やはり調子の歯車が噛み合ったのか?少しまともな摂取の感じが得られた。 今日は三食を通じて食欲があったか。朝は昨日と同じく不快感がなく、限度量の…

9月19~20日 軌道に乗るまで

9月19日(月) 今朝の胃に負債はなく、食前の漢方を飲んでもきつくならなかった。それは良かったのだけれど、食べ進めると腹に溜まる感じがする。それは嫌な溜まり方であり、無理はできない感じだった。 特に朝はそうなるこの頃。夕べはよく摂れたというのに、…

9月14~16日 腹九分の幻想

9月14日(水) 今朝は歯ぎしりが薄かった。それは何故なのだろう。日中のストレスに左右されるのか?寝る前に下顎が痛いような時がある。それがない時もあるし、ある時もある。その時にストレッチをするのだけれど、それが逆効果だったりする。下顎のストレッ…

9月12~13日 変えるべきもの

9月12日(月) 今日も体調について記したくはなかった。ただ、夕食では食べすぎがあったか。夕方には空腹になっていて、早期膨満もなくするすると食べられたものの、思いの外よく食べられてしまう。その結果、胃袋の強度いっぱいとなる。遅れてくる満腹感には…

9月7日~9日 ただ凡の日々 屋外での時間

9月7日(水) 今朝の調子は色々だ。結果的に朝食はよく摂れる。そしめ身体の疲れもない。ただ、また起きる前に変な夢を見る。今回は日の出後の夢。家族と買い物へ行ったりするなかで、車が田んぼへ突っ込んだり、母親にぶち切れたりしていた。それが摂取に響か…

9月4日~6日 運動と日光 喉元過ぎる頃

9月4日(日) 今日の計測では増えていた。一日で大台ちょうどに復活する。ただ無理せず食事を摂れば良いのか。そんな体感がある。孤独によるストレスの限度はあれど、無理がなければ調子は維持される。 体調コンプレックスの方が根深いのか?この町での生き方…

9月2日~3日 復調の原点

9月2日(金) 今朝の目覚めは悪く、いつものように胃の状態も良くなかった。朝食は直近の摂り方を維持するも、その後の収まりが悪い。そして昼までに空腹にならず、昼食でも快く摂れない。 朝食ではアイスを食べたい感じがして、それで少ない量でも負担になっ…

8月31~9月1日 病み上がりとストレス

8月31日(水) 朝の胃の状態は微妙だった。それは夕べに堪えられずアイスを摂ったから。過重な負荷にはならなかったけれど、ただ甘味を摂りたいだけだった。胃の爽快な食欲によるものではない。それが引かなくて微妙になった。 夕べはスポドリで収めるのが最善…

8月29日~30日 体調不良というストレス

8月29日(月) 今日は目覚めが良かったものの、また二度寝をしそうで危なかった。何とか眠りに落ちないようにして、数日振りに早く起きる。 夕べは全く規定量に届かなかったものの、観念して抑えた効果があり、朝の胃はフラットだった。夕べは入浴後にアイスを…

8月26日~28日 不定愁訴による気遣い いかに食べすぎないか

8月26日(金) 今朝は目覚めが遅く、活動的になるまで時間がかかった。身体が疲れているような感じがして、そうなると食事も受け付けなくなるけれど、そこまで胃の状態は悪くなかった。 それで朝食は快く収められたものの、ぎりぎり満腹になってしまったか。そ…

8月23日~25日 アコファイドの本質的な影響

8月23日(火) 今朝の調子は悪くなかった。また夢を見ていて、目覚めも悪かったものの、歯ぎしりはしていない。やはり不安がなければ良いか。 時刻を見てすぐに起き出そうかと思ったものの、ふと「別に良いだろう」とゆっくり出来た。これは今までにあまりなか…

8月20日~22日 心身症と慢性疾患 一時の恥

8月20日(土) 今日の計測でも大台すれすれだった。ただ、測り方によっては増減したりする。少し肉が付いたような所見でも、腰をくびれさせるとえぐれたままだ。 確かに今日の摂取ではそうなるか。今朝の状態はそこまでで、朝食ではパンを規定量まで摂れたもの…

8月17日~19日 寸での際 微かな兆し

8月17日(水) 朝は目覚めが悪く、かつ胃の状態も悪かった。夕べの入浴後にヤクルトを飲み、その後にチョコも摂ったのがいけなかった。「空腹の時間が長いだろうから、少しでも摂っておこう」という算段が大外れ。眠るまでに胃が収まらなかった。 それで案の定…

8月13日~16日 腰回りの気持ち悪さ

8月13日(土) 今日の計測では微減か。体重コンプレックスがありつつ、前日のそれを覚えていなかったりする。矛盾しているのだけれど、強い意識があるのは確か。 夕食はよく摂れた方で、収まりも良かったものの、腹は膨らまなかった。胃は膨らんだのだけれど、…

8月6日~9日 変わらぬ調子

8月6日(土) 今朝の諸々の調子は悪くなかった。直近で記していなかったけれど、歯ぎしりもほぼない。目覚めて感じる違和感はなし。口回りの筋肉を伸ばすのに効果がありそう。ただ、強くやると顎が外れそうだ。 朝食はまたかなり小さめのバナナ。流石に少ない…

摂取の苦闘 豊かな日々

8月3日(水) 今朝の胃と歯の調子は良い。歯ぎしりは「イー、アー」と口回りの筋肉を伸ばすのが良いかも。それはほうれい線の対策でやるようなもの。ただ、張り切って力むと顎を脱臼しそう。肩も強く回してしまうし、その辺りは気を付けたい。 胃の調子はそれ…

身体の傷つき 人生のスパンと幸福

7月31日(日) 夕べは少し負債を感じたものの、今朝の胃はほぼフラットだった。ここから本調子に戻りたいけれど、今度は歯の違和感が増してきた。それは歯ぎしりによる違和感なのか、歯茎にまで達したような感じだ。ふと鏡で見てみると、下の歯の歯茎が白くな…

摂取の鉄則 満腹の内部信号

7月28日(木) 今日も目覚めた時間は早かった。目覚めは悪いものの、ほぼ歯ぎしりの違和感もない。やはり適当なストレッチに効果があるのではないか。 ただ、母いわく、夜中に自分が大声で叫んでいたそう。それで隣家の飼い犬が鳴いていたという。ほぼ夢も見て…

樹木と土の香り 摂取の大原則

7月21日 (木) 今日は朝の胃がほとんど動いておらず、いつもの規定の量を摂れなかった。かつその規定量が多くなり、何口か頑張って収めてしまう(バナナの一本が少し大きかっだけ)。それで直後から腹が重い。基本エクササイズをすると不快感は取れたものの、昼…

脳の適応と過剰な反応 ストレスに起因するケア

一昨日の計測では微減していた。三食を通じてよく食べられたけれど、夕食後の腹が膨らまなかった。それは空腹で迎えたにも関わらずだ。そんな時があるとどうしようもない。 でも、ふと「腹に溜まった感じがしたら箸を止めよう」と思い付き、それを実行できた…

微生物語と代謝 ストレスと微生物の生存環境

一昨日の計測では増加していた。昼食後の間食を食べすぎた感はあったものの、いざ夕食を食べ始めると軽く収まった。そのような調子が続いてくれたら有難い。 よく腹が膨らんでいて、大台から一キログラム増のわずか手前だった。二日連続で夕食をよく摂れてい…

腸内微生物と神経系 消化管と脳のコミュニケーション

今日も梅雨の中休みといったところで、辺りは白い雲に包まれている。午後の今になって少し明るくなったか。この過ごしやすい月も終わりに近づいている。夏の風情も好きだけれど、自分が元気でないと悲しさがある。生の躍動を感じる時は、同じく自分もそうあ…

内臓刺激に対する過敏性 身体からの破損したシグナル

ここ直近は雨が降ったり晴れたりしている。今日は梅雨の中休みといったところか。風は少し冷たくて心地よく、爽やかな緑の匂いがする。これくらいがちょうど過ごしやすい。こういう気候が常であれば良い。 ― 一昨日の計測では微減していた。今日は全体的に食…

情動と身体反応 ストレスと神経シグナル

ここ直近は晴れの日が続いている。過ごしやすい日和で室内は快適だ。午前の早い時間なら歩ける。もう六月になったけれど、風の匂いは薫風といった感じ。緑がさやいで爽やかな匂いがする。梅雨前はまだまだ初夏か。母によれば、昨年はもう夏日に到達していた…

情動と消化管の収縮 孤独とフラストレーション

一昨日の計測では増えていた。昼食をまた抑えられ、夕方には空腹になっていた。間食は摂れなかったけれど、夕食はほぼ最良量だった。それでかなり腹が膨らんだ気がして、少し体重も増えていた。 ただ、まだ一膳を食べきるのがきつい。「この段階でなぜ大台に…

慢性的な緊急反応 安心とくつろぎ

今日は曇りのち晴れか。直近では季節外れの暑さになっていない。程よく過ごしやすいところ。雨が降ったりもしていて、朝晩は冷え込んでいる。辺りの緑は少し濃くなったか。新緑の芽吹きの季節。風がねっとりとその匂いになれば初夏だ。まだ木々はさやいでい…

慢性的なトラウマと順応 静的な進歩

一昨日の計測では増加があった。間食の都合で夕食は振るわなかったものの、腹はそれなりに膨らんだ。 「間食は早めに摂るべきだ」と思ったけれど、規定の量を摂ろうとしたのがいけなかったか。またそのような気があった。それが仇になっただろう。間食でも引…

善意のケア 不健全なあやし方

今日は晴れている。これくらいが春の陽気といったところか。ここ何日か前には夏日があったりして、これからが思いやられた。午前の早い時間でも歩くときつくなった。今日の温度感が季節相応だ。辺りの緑は薄く鮮やかになった。初夏と春が入り混ざる頃。 - …