HSP/INFJセルフフィードバック

日々の気付きと過程の記録

フラストレーション

情動と消化管の収縮 孤独とフラストレーション

一昨日の計測では増えていた。昼食をまた抑えられ、夕方には空腹になっていた。間食は摂れなかったけれど、夕食はほぼ最良量だった。それでかなり腹が膨らんだ気がして、少し体重も増えていた。 ただ、まだ一膳を食べきるのがきつい。「この段階でなぜ大台に…

既存の医療モデル 生き直しと勉強

最近は過ごしやすい日和が続いている。雨が何日か続いたときは巣籠もりをしていた。ここ何日かは晴れているけれど、暑さできつくなる程ではない。このくらいの温度が通年で続けば良い。体力は落ちていないものの、歩く距離はまだまだ伸びない。 - 一昨日の…

準備と蓄積 持ち合せと発現

今日は曇っている。通院とワクチンの接種を終え、今のところ無事に過ごしている。心配していた副反応はほとんどなかった。反応しないくらい免疫が働かなかったのか?いや、もう少しで免疫はつくはず。家族もみな打ち終わったし、リスクはかなり減っただろう…

勉強と言語化 性に合う仕事

一昨日の計測では増加していた。夕食でそこまで腹は膨らまなかったけれど、また一キログラム増える手前だった。最近はその辺りに近付くことが多くなった。 夕食では食欲があったから良かった。昼食でも無理をしていなかったため、調子を維持することが出来た…

内臓感覚と理知の力 異なる方向

今日は晴れている。昨日は雨がぱらついていて、明けた今日は緑が目についた。新緑の若葉が萌えている。その鮮やかな色が映えてきた。今日になってそれが目立ったはず。 日の暖かさと風も変わった。これぞ春だと感じた。ここ何年かの散歩を思い出したし、色々…

自律神経系と体験 ちょうど良い挑戦

今日も晴れたり曇ったりしている。午前に散歩へ出掛けると、乾いた風が吹いてきた。湿った草の匂いがして、季節が変わったのを感じた。四季折々の風情が好き。時間毎でも変わるから面白い。最近は夕方のそれを感じられていないか。 - 昨日の昼食ではやはり…

交遊と愛着 不可侵の立場

午後の今は晴れたり曇ったりしている。今晩から荒れるそうだけれど、本当にそうなるだろうか。二月もあと一週と少し。道端の雪はまだ減っていない。それもそうか。やはりもうひと山が来るのか。 ― 昨日の夕食はちょっとしたアクシデントがあり、微妙に最良で…

暫定的な健康 正しい努力

午後の今は曇っているものの、強い光が差している。ちょうど気だるくなる時間で、何をしようかと思っていた。とりあえず習慣で文章を記す。特に誰にも読まれていないし、楽に費やせば良いものの、なかなかそうはいかない。 自分は稼ぎで存続を保ちたい。その…

真のマニュアル 共通する下準備

今日は曇りだ。午前には雪がぱらついていて、今は小康状態といった感じ。夕べにまとまった雪が積もったため、歩きに出た際は少し申し訳なかった。父が休みで良かった。 今日も胃が軽く過ごしている。腹八分を維持できていると思う。昼食後には腹がよく膨らん…

医学の認知 苦悶と喪失

通院から帰宅した。今日は変わりやすい天気だ。今は青空から日が差している。道中でも晴れたり吹雪いたりした。 昼食を軽く収めた昼下がり。疲れているのかいないのか。ドクターいわく、今の体重だと疲れやすいだろうとのこと。診察を終えて思うのは、これを…

成長までの猶予 支援と可塑

夕べに雪が降り積もり、今朝は十センチほど積もっていた。部屋の中から覗いて確認する。定刻に雪が降っていたため、散歩へは出なかった。午後の今は曇っているものの、歩きに出たい感じはない。 腹も下したし、そもそも歩きたくはない。これくらいでも良いの…

感情の代替 折り合いの壁

今日も曇りだ。午前と変わらず白い空が広がっている。ここ最近は雪が積もっていない。もうシーズンが終わったなら良い。そうなればもう、引け目を感じながら歩くこともない。親の負担も見たくはない。 午前に歩く。行く前の体力はそれなりの感じだった。朝食…

エネルギーの実現 部分的解離とノイローゼ

今日は曇っている。午前には青空が見えたものの、大空の半面にしかなかった。ただ、少し暖かい日が差したため、そこまで寒くなかった。ジャンパーのフードを被ると恥ずかしくなる日和。家々のガラスに写るその自分は、不審者のような感じがした。ジャンパー…

遠い理想 自立と環境

今日も自宅に居る。夕べにまとまった雪が積もった。父や母は除雪に稼働している。それは市井の人たちもそうだろう。除雪機が轟くなかを歩くのは忍びない。家には寄せられた雪が残っている。 歩ける体力はあった気がするし、家の雪くらいかいても良かったか。…

心身と自尊心 喫緊の課題

今日も辺りには色がない。白とわずかに見える路面の黒。失色した町。日の光りも無機質で、そんな日が続いている。早く晴れないものか。雨とは違う気分の変化がある。 ― 今日は歩いた。午前には少し日が差す時間もあった。その合間を縫って歩く。十分以上は歩…

新たな人格の発展 自己の統合

今日も最近と変わらない天気だ。地上と空の色が同じ。白と白の色合いで、光は強く眩しい。 今日は暖かかったのか、母に散歩へ行って良いか尋ねたところ、問題ないとサインが出た。自分もそれに安心し、作業をしても疲れなかったため歩いた。およそ十五分弱か…

技能の習得 安住の免罪符

今日も自宅に居る。天気は曇りのち雪だ。夕べにどれくらい積もったかは分からない。今日は歩かなかった。 午前の内的な作業の後、少し頭が消耗した。その感じがして、そこで歩かずにじっとしておいた。次第に楽になったものの、歩く程の力は感じず、その代わ…

真剣な格闘 自然な破滅

今日も変わらず自宅に居る。二階の部屋はストーブで暖まっている。昼食をそれなりに食べつつ、その後にまた便通があって、スポーツドリンクを飲んで今に至る。腹塩梅はどうなのだろう。 夕食はよく食べられるだろうか。昼は負荷となっておらず、スポーツドリ…

可能性の直観 情報と行動

今日も自宅に居る。午後の今は少し青空が見える。光が差すと鮮やかだ。 午前は曇っていたものの、光が強くて明るかった。気分も少し上向いたため、歩こうと思った。それが出来る朝食の摂取で、二日振りに歩いた。二日前と同じで、家の回りを一周する。およそ…

唯一の糸口 崖の底と淵

自宅に居る。三が日も終わり、正月の雰囲気も薄くなってきた。父は仕事始めで出掛け、姉はまだこちらへ居る。もう少し滞在するようだ。 そしてこの自分は、不定愁訴から回復しきれていない。外にも出られず、快適な満腹が持続しない。体重が安定しないと歩け…

繋がる認知 喪失までの猶予

自宅に居る。曇りだ。歩きたい気持ちはあるけれど、胃炎につき控えよう。少し食べられる量も減ったし、無理は禁物だ。それに晴れてもいない。 夕べの状態は悪かったけれど、極端に食べられなかった訳ではなかった。痩せるような量ではあっても、思ったよりは…

隠された不自由 価値観の変遷

今日は晴れている。直近では連日晴れ模様だ。変わらず祖母宅へ移動し、少し広い部屋で過ごしている。既に日が傾いている午後。日差しは眩しくなり、より光度が増している。 最近はもはや寒いくらいだ。朝晩が特にそう。秋の中頃のような、終わりくらいの天候…

基本的な人生の前提 真の自己の実現

今日は雨が降った。今は少し止んでいるけれど、昨日から断続的に降り続いていた。 今は祖母宅に居る。いつもこちらへ移動する際、川の上に架かった橋を通る。車窓からその川を見てみると、濁って水流が増していた。濁流と化していて、恐怖感がした程だった。…

神経の高ぶりと内部信号 自我の回復

午後の空は晴れている。少しどんよりと曇ったり、祖母宅へ来る前に通り雨があったけれど、一転して晴れている。雨は叩きつけるように降ったものの、それが幻だったかのように感じる今だ。光輝く日が差していてる。窓の向こうの木々は、きらきらと風に揺れて…

負の領域の循環 情緒の噛み合い

じりじりと蝉が鳴き、真っ青な空からは目一杯に光が差している。一歩外に出てみれば、目が開かない程にまばゆい。風が吹いてくるのだけれど、蒸し風呂の中にいるような不快感がする。熱風と日差し。今日も暑い。 それでも、いくらかは楽に感じられる。段々と…

安泰な生存の基盤 高次のフラストレーションの満足

昨日は通院日だった。どしゃ降りに起こされた夜は明け、早朝には目が覚めていた。いつもの起床時間よりも早く、それに加えて目覚めも良かった。そこからすんなり身体を起こし、身支度を整える。 最近の通院日の朝はこうだ。いつもとは明確に体内時計が変わっ…

フラストレーションの意味 本性を型どる可能性

最近の体調は悪くない。ただ、体重の増加には転じないというところ。それでも、消耗してしまうほどではなく、それなりの活動はできている。 以前はもっと運動することが出来ていた。その時の活動量は下回っているけれど、その下回った水準は維持出来ている。…

健全な自尊心と衝動 正しい姿勢

今日は雨模様だ。辺りは白色のもやに包まれていて、遠くの山並みが見えなくなっている。鮮やかな色合いは和らぎ、活動のトーンも下がっている。空から降ってくる雨の音と、屋根から滴る雨粒の音。窓際から外を眺めると、色々な音がする。遠くの静かな雨音と…

それなりの水準 低次の満足と擬似的な刺激

眩しい光が差し込む午後。部屋の中に居ても、すこし汗ばんでくる日和だ。薄い身ごろもをまとい、辺りの景色を眺めている。 段々と夏模様になりつつある。でも、まだ初夏の気温ではあるのだろう。そのなかに本格的な夏の兆しを感じる。光の強さ、色合い、風、…

誤った努力 成り得る自分の自尊心

やはり食欲にはむらがある。豊かに食事が頂けない日々が続く。それは今に始まった事ではないけれど、改めて捉え直しをしている。 常に胃の状態には凹凸がある。そのなかで、最近は快く胃が膨らまない事が多い。それが慢性的に続いている。何故なのかはよく解…