欠乏の機能性ブログ

日々の上腹部不定愁訴と気付き その思考

認知

8月31~9月1日 病み上がりとストレス

8月31日(水) 朝の胃の状態は微妙だった。それは夕べに堪えられずアイスを摂ったから。過重な負荷にはならなかったけれど、ただ甘味を摂りたいだけだった。胃の爽快な食欲によるものではない。それが引かなくて微妙になった。 夕べはスポドリで収めるのが最善…

8月29日~30日 体調不良というストレス

8月29日(月) 今日は目覚めが良かったものの、また二度寝をしそうで危なかった。何とか眠りに落ちないようにして、数日振りに早く起きる。 夕べは全く規定量に届かなかったものの、観念して抑えた効果があり、朝の胃はフラットだった。夕べは入浴後にアイスを…

8月26日~28日 不定愁訴による気遣い いかに食べすぎないか

8月26日(金) 今朝は目覚めが遅く、活動的になるまで時間がかかった。身体が疲れているような感じがして、そうなると食事も受け付けなくなるけれど、そこまで胃の状態は悪くなかった。 それで朝食は快く収められたものの、ぎりぎり満腹になってしまったか。そ…

8月20日~22日 心身症と慢性疾患 一時の恥

8月20日(土) 今日の計測でも大台すれすれだった。ただ、測り方によっては増減したりする。少し肉が付いたような所見でも、腰をくびれさせるとえぐれたままだ。 確かに今日の摂取ではそうなるか。今朝の状態はそこまでで、朝食ではパンを規定量まで摂れたもの…

8月17日~19日 寸での際 微かな兆し

8月17日(水) 朝は目覚めが悪く、かつ胃の状態も悪かった。夕べの入浴後にヤクルトを飲み、その後にチョコも摂ったのがいけなかった。「空腹の時間が長いだろうから、少しでも摂っておこう」という算段が大外れ。眠るまでに胃が収まらなかった。 それで案の定…

8月13日~16日 腰回りの気持ち悪さ

8月13日(土) 今日の計測では微減か。体重コンプレックスがありつつ、前日のそれを覚えていなかったりする。矛盾しているのだけれど、強い意識があるのは確か。 夕食はよく摂れた方で、収まりも良かったものの、腹は膨らまなかった。胃は膨らんだのだけれど、…

近況。咀嚼と交感神経 消化管の運動とセロトニン 思考メモ

ここ一週間の間、文章を記さなかった。表現の意欲が湧かなくなり、伝えたいことがなくなった。義務的に記したストックを更新したものの、更新を目的にしたら意味がない。未だに表現のスタイルが定まらない。 コンテンツはメディアに乗るもので、メディアとは…

脳の適応と過剰な反応 ストレスに起因するケア

一昨日の計測では微減していた。三食を通じてよく食べられたけれど、夕食後の腹が膨らまなかった。それは空腹で迎えたにも関わらずだ。そんな時があるとどうしようもない。 でも、ふと「腹に溜まった感じがしたら箸を止めよう」と思い付き、それを実行できた…

情動と身体反応 ストレスと神経シグナル

ここ直近は晴れの日が続いている。過ごしやすい日和で室内は快適だ。午前の早い時間なら歩ける。もう六月になったけれど、風の匂いは薫風といった感じ。緑がさやいで爽やかな匂いがする。梅雨前はまだまだ初夏か。母によれば、昨年はもう夏日に到達していた…

情動と消化管の収縮 孤独とフラストレーション

一昨日の計測では増えていた。昼食をまた抑えられ、夕方には空腹になっていた。間食は摂れなかったけれど、夕食はほぼ最良量だった。それでかなり腹が膨らんだ気がして、少し体重も増えていた。 ただ、まだ一膳を食べきるのがきつい。「この段階でなぜ大台に…

内臓感覚と理知の力 異なる方向

今日は晴れている。昨日は雨がぱらついていて、明けた今日は緑が目についた。新緑の若葉が萌えている。その鮮やかな色が映えてきた。今日になってそれが目立ったはず。 日の暖かさと風も変わった。これぞ春だと感じた。ここ何年かの散歩を思い出したし、色々…

障害と化学物質 素朴な愛と喪失

午後の今は少し曇っている。暖房を点けないと肌寒いけれど、耐えられない程ではない。そろそろ辺りの桜が映えてきた。緑が繁る前の彩り。それが散って葉桜になれば、辺りは一気に緑になる。 この頃の体調はどうか。ここ何年かは記念写真を撮っていないはず。…

神経系への刺激の欲求 協働調整の必要と能力

今日は晴れのち曇りか。午前は晴れていて、いつもの道を散歩した。変わらず消耗はないものの、エネルギーが余っている訳でもない。まだ抜本的には上向いていないか。 そしてまた内的に費やすのみ。読書とインターネット。セルフフィードバックはそれなりに済…

生き残りの至上命題 認知の力

今日は爽快に晴れている。もう完全な春の日和だ。散歩では手袋をせずに済み、空気の匂いに香ばしさを感じた。緑や土、日光の匂いだろう。いつか触れた小説やアニメを思い出す。午後の部屋は暑いくらいだ。 - 昨日の昼食では一口をはやったものの、スポーツ…

体験の新しい見直し 気づきと名づけ

午後の今は曇っている。午前の早い時間は晴れて鮮やかだったものの、段々と雲が多くなってきた。辺りは白く無機質な色合いになっている。たまに風が強く吹き、そうなれば身体は冷えてしまう。寒の戻りか。 - 昨日の昼食後の収まりは良かった。意識的に食べ…

生理学的な本質 答えの探索

今日は午後になって青空が見えてきた。今朝方までは雨が降っていたものの、今は光が強く差している。午前に歩いた際は、道端の雪が減っていたのを感じた。雨でかなり溶け出している。風もあまり体温を奪わず、平気でいられるようになった。 - 昨日は昼食後…

簡単な認識 勉強の奏功

今日は曇りのち晴れか。午前は晴れていて、その時に散歩へ出た。今は曇っているものの、光が強く差している。 あまり気分は落ち込まない。廊下の温度がかなり上がっていて、季節が進んだのを感じられる。歩いた時には風が乾燥していた。ほんの少し土の匂いを…

叡知の認知 変化と成長

今日は午後から晴れている。風は強いものの、光も強く差している。ほんの少し青空も覗ける。路面は黒く露出していて、路肩の雪が少なくなってきた。 今日が春分の日。母親と寺まで行ってくる。特に何事もなく帰宅した。誰とも会うことはなく、国道沿いの店ま…

社会交流と技能 調整の過程

午後の今は曇っている。光が強いため、気分はあまり落ち込んでいない。昨日の予報通りに湿った雪が降った。それが数cm積もる。それでもすぐに路面が見えるようになった。今くらいだとこうなるか。散歩をした時の風はそこまで冷たくなかった。 - 昨日の昼食…

自活と健康 必要な認識

今日は荒れた天気だ。夕べは珍しく強風が吹き、怖さを感じる程だった。建て付けの悪い我が家は音がしてしまう。その荒天がまだ続いている。 それで今日は歩かない。もちろんのことだけれど、冷静に考えられたと思う。午前の隙間に落ち着いた時間はあったけれ…

解決の足跡 存続と未来

今日は午前の半ばから雨が降っている。いつも早くに散歩へ出るため、ちょうど降るまでに間に合った。 インターネットで雨雲の予報を見ていて、実際に予報通りに降りだした。雨が降ると季節が進むのだったか。それは秋から冬の話か。よく分からない。 ― 昨日…

望みと信憑性 社会交流と健康

今朝はまとまった雪が積もった。もう三月だというのにこの状況だ。すっかり辺りは冬景色となった。たまたま父が休みで良かった。自分は変わらず雪をかかず、それを脇目に散歩へ出る。でも、吹雪になったためすぐに引き返した。 胃の状態も悪かったし、散々だ…

安全の合図 必要な共働調整

今日は曇っている。午前は風が強く、雲は筋状になっていた。今は雲ってどんよりとしている。雨や雪ならそれで風情があるものの、雲行きが怪しいと不穏な感じがする。うつ状態にもなりきれない。 ― 昨日の昼食と夕食はよく食べられた。昼食では食欲があり、間…

新たな概念 下積みと体系

午前中は気持ちよく晴れていて、肌を差す寒さがなかった。今は曇っていて、少しトーンが落ちている。どんどん春に近付いているのか。壮大な自然に触れることも神経化学物質が出るようだから、晴れの日が続けば良い。 ― 夕べはよく食べられた方だった。ただ、…

変化と成長 最低限度と最終地点

今日は曇りだ。薄雲が広がっている。気温はそこまで低くないはず。路面は乾いて露出していた。予報ではこれから気温が上がるらしい。 今日から三月だ。一年の四分の一が終わった。進展があったようなないような。変わらず学び、身体のケアについて考えていた…

健全な刺激 知的な創造

今日は晴れている。薄雲と薄い青が心地よい。寒さも和らいだ気がする。春の陽気を僅かに感じられる。昼食後の昼下がり。 午前には読書をし、文章にまとめ、少し外出した。他にインターネットを通して社会を見回している。これは人生の下積みとして充実してい…

社会交流の状態 身体の余裕

今日は晴れたり曇ったりしている。夕べはそこまで積もっておらず、今日も散歩へ出られた。雪かきをしている人は少なかった。 散歩は十五分と少しだった。以前の散歩コースを久し振りに歩く。帰宅しても消耗はなく、身体に良いアクセントになったと思う。ほん…

神経学的な病理 それなりの前提

今日は強く日が差している。晴れたり曇ったりの日和だ。雪は多く積もっていない。午前に歩いた時は快晴だったため、かなり気分が良くなった。晴れるだけで身体に効いていく。定期的に青空が見えていれば良い。 ― 夕べはよく食べられた。実は昼食で食べすぎて…

学びと行動 社会交流の準備

夕べに雪が積もり、父は朝からかいて出勤した。近所の住民も早くから出動していた。自分は定時に起き、定時に歩きに出る。 母もかなり身体がきつそう。自分は遅くに生まれたため、両親はあまり若くない。もう世代交代があっても良いはずだから、それは申し訳…

社会交流と生存 恵まれた環境

今日は雪が降っている。夕べはそこまで積もらなかったものの、予報通りひと山やってきた。すっかり路面は白くなり、辺りはまた冬景色となった。今朝は散歩に出られたものの、まとまって積もれば控えたくなる。晴れ間が増えてほしい。 ― 昨日にポリヴェーガル…