欠乏の不定愁訴ブログ

日々の気付きと過程の記録

確かな好調と抑圧のしるし 抜本的に上向く日

昨日の夜に体重を計ったところ、またほんの少し増えていた。あまり良い感触は感じていなかったけれど、内心とても嬉しかった。普段からこの指標は、生活に大きく付きまとう。

でも、それはすかさず一喜一憂をもたらすものでもある。実際にそうなっていたため、まだまだな自分を感じた。これもまた別の指標となる。

 

好調であっても、そこから抑圧が起こることがある。好調の兆しと抑圧の影。病人の一喜一憂だ。脆い立脚点を確かに掴もうとしてしまう。それがあると、やがてがたがでる。無理のしすぎへはすぐに傾く。

より身体を上向かせようと無理をしがちだ。身体ばかりケアしようとする呪縛がある。大事なことは、本質的な養生。それによるひとつの結果が、ひとつの数値で表れるだけだ。

大切なことは、結果だけではない。でも、考えてしまう。やはり考える。それもまた仕方のないこと。心の成長を得ようとしている働きではあると思う。

人生はストレス対処がすべてに近い。日常でもがいていることも、何かのために温め、育もう。

 

でも、この環境下でも上向いていくのであれば、好材料にはなる。それは大事な結果として受け止めても良い。ひとつの結果として、検証の材料になる。

大切なことは、刺激の緩和とストレスの低減。健康な日々の前提を生み出すこと。自分の病的なセンシティブさである、無理のしすぎへと繋がらないようにすること。そして全体的に疲労へと繋がらないようにし、身体のベーシックな状態を落ち込ませないようにする。

身体の状態を悪くしないようにしてこそ、そこから基本的な養生をする段階に進める。リラックスできる状態で、気持ち良く休息や食事を摂り、身体を上向かせること。そこから活動の段階へと進める。フラストレーションを満たすために活動するなど、本質的な養生をしていく。

内省による新たな素質を用いて、新しい生き方で日々を創っていく。ここからもまた、反省と検証の繰り返しが続いていくのだろう。

これらがすべての大前提。これがなければとことん行き詰まる。身体にも心にも通じる原資だ。

これがあれば何でも出来る。それがないからずっと何も出来ずにいる。悶々と身も心もすり減らしていくのみ。そういった病的な状態を作らないことが大切だ。

 

今もまだ、そこへ陥りがちだ。疲労はあるし、抑圧もある。刺激を回避したりしようとする働きが、識閾下で意識を司っている。そうなるのは、周りとの緩衝地帯がないからだろう。外向感情がそれを阻んでくる。

脆い立脚点を生み出して、トラウマを回避しようとしてしまう。それは自分なりの生き延び方だった。それが思い付く楽になる術。でも、それでは上手くいかない。

基本的なことに立ち返ること。緩衝地帯を設けて、そこでゆっくりと過ごし、ナチュラルでありのままの声を意識化すること。

その過程を踏んでこそ、ようやく始まっていく。身体の一つの結果としても。この過程を作り出すことが肝要。食事の摂り方よりも、この作業が大切。

今は落ち着ける環境を作り出せていて、そのなかで余裕のある時間も増えてきた。でも、まだまだ時の運で上向いている面がある。結局は、根本的に変わっていないことを知らされる。不確かな拠り所にすがるのは良くない。まだまだ足りないことは多い。

セルフフィードバックも、身体が右肩上がりに進めば、書きたいことも薄れるのかと思っていた。でも、まだ全快にはほど遠い。まだまだ解決すべきことはたくさんある。どうにもうぬぼれていた。それをしてしまうほど一喜のでしゃばりが大きかった。

本質的なすべきことは、日々の中で崩れてきたりする。日々を過ごすなかで、しょっちゅう立ち止まり、修正を重ねなければならない。そしてそれを整えてこそ、ようやく活動の段階へ進める。

活動するなかで向き合うべきことと、それを支える土台。それらも少し乱れるだけで生活が崩れる。折り合いを明確ににつけることは必須。日々結果を検証し続けること。

どうにも難儀だ。つまずきをきちんと片さないといけない。日々のネックに向き合うこと。そうしないと幸せにはなれない。

タフネスパーソンはどうなのだろう。何もしなくてもやっていけるのだろうか。

 

最近は、暇で刺激追求の意欲が強くなっている。活動へ持ち込みたいと思っていたけれど、身体が上向いた場合、それはそれで不調の切っ掛けを生んでしまうことがある。夕べから今朝にかけても、そう改めて感じた。

好調と不調と。まだまだです。

 

また明日。

 

参考文献: