欠乏の不定愁訴ブログ

日々の気付きと過程の記録

自己形成のその先 すべてが昇華される時

体調はそこそこな感触だ。少しは体力や脂肪が付きつつあると感じる。でも、やはりそこまでではないと感じたりもする。

運動をした時の感触や、体重を計るときの身体の状態を感じれば、上向きつつもそこまで改善していないと思う。ただ、それでも細々ではあるけれど、確かな進展を感じている。

結局は、そこに強い抑圧はないために、大体が落ち着いているのだろう。焦燥もそこまでのものでなく、純に体重という数値にこだわっているだけだと思える。一喜一憂の一喜は、病的さを伴ってセンシティブに働くことはなくなっている。

 

それは細々ではあるけれど、大切な進歩だと思う。以前は事実の一点に過ぎないことを、呪縛のように受け取りがちだった。身体の感覚や状態、数値、食事の量、生活のルーティーンなど、これらをセンシティブに広い尽くしていた。過去のトラウマとリンクするような感情も病的に感じ取り、無理のしすぎへと繋がっていった。

今は以前に比べれば、十分落ち着いている。それがあり、ようやく一喜できる程の結果に繋がっていると思う。それはある。そう考えられる。それくらいは良いように思っても良い。着実にやって来た成果はあるだろう。

ただ、それで調子に乗っていけば駄目になる。結局は、やはり身体の状態を整える必要がある。まだまだ基本のことが大切で、それを満たし、もっと上向かせないといけない。更にそこから養生をする必要もある。

環境を変えられたら良い。朝昼晩を快適に過ごしたい。今でも心の声は封じ込められがちだ。それらをきちんと拾い上げ、土台を整えていくことが肝要。

最近も刺激追求の意欲はずっとある。暇でいるということは、精神衛生上あまり良くない。地味に身体に応える要素になっている。それが強くあれば、内側からくる刺激となる。

目新しい日々を手に入れたくなったり、誰かと喋りたくなったり、外へ出たくなったりもする。これは単純なフラストレーションでもあるし、生活のネックと絡んでくるようなものでもある。「環境を変えたい」とか、「外へでなければ」などと思い続けている場合、やがて疲弊へ繋がってしまう。

今は環境を変えたい。それが強くある。その次に、人と会いたいというフラストレーションがある。

過ごす環境を整え、身体を落ち着かせる場所作り、そこで養生をすること。そして身体が上向けば、ソーシャルな世界へ出るなどする。そうやって実生活のスキルを習得したい。これらを強く思っている。

自分と向き合い、クリアしないといけないことがある。しっかり向き合って乗り越えたい。フラストレーションを満たし、自立して生きていきたい。それがある。まだまだだ。

 

身体が楽な時は、とにかく面白いことがないかと探し彷徨っている。第一に暇だ。遊びとしての刺激を欲している状態。

それに加え、感情型としてのフラストレーションがある。人と会って過ごしたいという願望だ。そしてその先で、在りたい生活を思い描いている。それが今の大部分。

何段階にも足りない要素が多い。病的な段階をクリアできても、その後に続く長く永い道のり。

病的な身体は、恐らく一病息災のような状態が続き、それが絶えずそばにあるのだと思う。本当に抜本的から改善するには、なかなか難しいことがある。

環境、ヒト、刺激、これらが噛み合う場所へ向かっても良いのだろうか。それに難しさはあると思う。でも、それは何とかやっていくしかない。絶えず変わらないことだ。そこから目を背けてはいけないのだろう。

もし明日に奇跡が起きるのであれば、まずは人の心音が感じられない環境がほしい。それに近いような、身体的、精神的な境界線を引いて根を下ろしたい。静寂のある場所。それだけで良いから、そのすべての前提を整えたい。

そして好きに日常を営んでいく。誰の感情にも惑わされず、快適に過ごす。衣食住の全てを自分でコントロールする。

そのなかで人と関わっていく。コミュニティとの結び付きがあれば良い。社会の一部としての存在だったり、生きていく役割としてパーソナリティーがほしい。それがあれば自分に軸が出来るはず。自分の出来ることで存続を保ちたい。そんな作業に日々を費やしていたい。

友達がほしい。昔に仲が良かった人と、また出会いたい。数人で良いから、自分が信頼の出来る人と関係を醸成したい。自分の恥ずかしいことも、しんどいことも、それらを否定することなく聴き容れてくれるような人がほしい。そんな人と話をしたい。そういった人と絆を育み、笑いあいたい。友と、人生のパートナーがほしい。

それらの自己実現をしていく。環境、ヒト、生活、それらを確かにし、健康へ辿り着くこと。自立して幸せになりたい。長生きをしたい。この世界へ感謝できるようになりたい。それがすべてだ。

なかなか遠い話だ。生活のこと、健康のこと、自立自活のこと。周りとはどうにもかけ離れている。どうにもやりきれないことばかり。

この回り道は、一般的な価値観に縛られなかったり、考える時間をたくさん得られたりはする。でも、似通うべきものが似通っていない。どこかに喪失しているものがある。

これから代替できるものと出会えれば良いけれど、それも難しそうだ。

 

厄介なことが多い。すべてが噛み合う時は来るのだろうか。

恐らくは、辿り着くべき所が半ば決定されているのだろう。成功して幸せに辿り着いた人が、すべてに意味があったと語る。きっとそういうものなのだろう。

何かの原因があり健康が害されていく、こういったことを考えても、その裏側には理由がある。感情型ということや、センシティブパーソンの性質という原因がある。

結果には原因がある。それは明確にある。それをいかに紐解き、快適に居られる道を選んでいけるかだろう。過去のトラウマも、痛手も、辿るべき何かが隠されている。

すべてを引っくるめて、その理想が叶えば良いですね。どうだろうか。

 

また明日。

 

参考書籍 :