欠乏の機能性ブログ

日々の上腹部不定愁訴と気付き その思考

ささやかな条件に届かない日々 自分のなかの軸

昨日、少し出掛けてきた。小旅行に出掛けた。短かったけれど、充分に楽しかった。先日の病院では、病院へ向かう時の道中で緊張してしまっていた。それはパニックになるくらいで、その反省としての外出でもあった。

やはり外へ出ないといけない。そうしないと刺激に疎くなり、心身が脆くなる。先月の病院から先日の病院まで、ほとんど人が居るような所へ出掛けなかった。その結果の反省でもある。そんな外出だった。

内的な時間を過ごすのは好きだけれど、そればかりでは疲弊してしまう。今の生活では、そうかなり長く費やしている。それでは本末転倒だ。文を記したりすることは掛け替えないけれど、それは外へ出ることで純度が上がる。

外へきちんと出ることが常で、そのなかで内的な時間を過ごすこと。そういったバランスが重要。それが大事。

 

心なしか気分も楽になったような感触がした。それがどこかであった。日頃からそういった生活が出来れば良いだろうけれど、自力ではなかなか難しいところがある。そこが難儀なところ。田舎町では限界がある。

だんだんと内と外とのバランスにおいて、外に比重を傾けた方が良くなっている。内と外とのバランスを整えること。もちろん、内側でのことも大事で、抑圧に至らないような工夫をすべきだ。

ただ、落ち着く環境を創ることは出来ている。そうなれば、外側で栄養を摂らないと循環が乱れる。その局面に入っている。

 

内側では守るべきことについての折り合いをつけること。自分しか生み出せないマニュアルとカリキュラムを創っていぬ。身体や心のことを詳しく知り、理解を深めること。整えるべき土台を造る段階。基礎の基礎を創ること。

そして、そこからやるべきことについて実行していく。カリキュラムの内容を行動に移す。そうやって学んでいく。新しい生き方を実践すること。そして、そこからも結果を検証し続けていく。そこから新しい素質を得ていく。

 

まだまだマイナスをゼロにする段階だ。まだ生まれる前のようだとすら思える。文字通り一からの出直し。一歳も同然の人生の創り直しだ。それがこれから待ち受けている。

いや、そこに至るまでにも時間はかかる。そこにすら辿り着かないかもしれない。

生活、人間関係、ストレス対処、実社会を生きる上でのスキル、これらを一から手に入れること。その過程を踏むこと。

 

今は何も伴っていない。全くだ。手の平には何もない。似通うものが似通っていない。皆がイニシエーションな通過儀礼をこなしている時、自分は訳のわからない滅茶苦茶な道を通っていた。

それは今もそうだ。その分、ある種は楽に過ごせる。生活は誰かに守ってもらえる。でも、どこかが痛む。どこなのだろうか。どこかが軋むようだ。

 

快適な環境を得て、その中で過ごすこと。大切なライフワークで糧を得て、自分なりの出来ることをすること。そうやって世の中に還元をしたい。

そこに人も居れば良い。それは自分を守る軸になるだろう。その軸を心身の中枢に据え、自立をしていきたい。外へ出ることが出来たり、人と話をすることが出来ること。そうやって当たり前に生活を営めたら良い。

環境、健康、物とヒト。それらがきちんと整っただけでも、十分に幸せになれると思う。それはどうなるだろう。

この文を見つけてくれた人は、一体何を思って、どう生きているのだろう。たいして見られていないけれど、そう思った。何の気なしに読まれているのか、共鳴できるような部分を見つけてもらっているのだろうか。

わからない。でも、それを願って書く。それが心を覆い被さってくるけれど、それは大切だろう。

 

結局は楽をしているような日々。病人の身体を隠れ蓑にし、安楽に過ごしているようなものです。中途半端に元気にもなり、反対に苦しくもなったりもする。そのなかで、どこか楽をしたいと思っている。一丁前に思索を広げたり、落胆したりもする。

何か出来ることを積み重ねたいけれど、すぐには結果なんて現れない。本を読んだり、勉強をしようと思っても、結局はジャンクな画面の世界へと気移りしてしまう。そこに没入してしまうのが愚鈍なところ。

運動も何もかも、刺激はどこにもなく、あるのはバーチャルの数字だけ。それを追いかける日々。楽になるためにもがいているけれど、上手くはいかない。それが常。

自分に軸があれば良い。何にも振り回されず、確固たる生活を築けるような大きな軸がほしい。それがあれば、豊かに生きられるのだろう。

 

noteやはてなで埋め合わそうとしているけれど、そこで気を揉んだりしてしまう。自分のやりたいこと、言いたいこと、叶えたいこと、それらとバーチャル世界との反りが合わない。難しい。

面白いことを求めたり、繋がりを求めたくある。無償の肯定や、生活を確かにしてくれるような作業へとさまよっている。数字で現れる結果と、生活での結果。どうにもこうにもだ。

 

快適な心音を生み出せるような場所は、どこにあるのだろうか。画面の中か?現実での対人関係か?

束縛のない日々で積み上げたり、傍らで少し触れてみれば良いのだろう。でも、どうにもマッチするようなものが微妙にない。難しい。快適な場所とは?

 

また明日。

 

参考文献: