欠乏の不定愁訴ブログ

日々の気付きと過程の記録

それぞれの役割とエネルギー 快適な心音を生む場所

相も変わらず同じことを思っては繰り返す日々。散歩をする他にやることもないし、出掛けることもない。

いや、ある。出掛けたい。環境を変えたいし、人に会いたい。それを押し殺すことは出来ないから、こうやってつまらない人生になってしまう。どこかが蝕まれ、自立も出来ず、人に頼ってばかりだ。

暇だなんてそんなことは言ってられない。生きていくためにはやることがある。それは誰かにやってもらっているだけ。他の人が頑張っているだけ。生産活動をしたいし、日々健康で問題なく過ごしたいけれど、色々と限度がある。どうしようもない身体と気質。

昨日はほんの少し体重が増えていた。いや、何回も体重計に乗ったからだ。多少の変動があっただけだろう。病人の一喜一憂。そこに唯一の望みがあるのです。それさえあれば、身体さえ整えば、という願い。良くも悪くも単純な表層の自我はそこを頼りにしていく。病的に至る複雑な理屈なんてわからないから。

でも、そう言わせる理知的な自分だってそれにすがっている。それさえあれば。大きな大きな立脚点。それさえあれば世の中に太刀打ちできる。元気でさえ居れば。相も変わらずずっとそう思っているんだな、と、そう思った。

 

でも、その方向性は変わった。だから抑圧はしなくなった。闇雲に快適な場所を求めてさ迷っていた時とは違う。その時はとにかく己を殺して封じ込めていた。とにかく"身体が元気であれば"、と身体へプレッシャーを与えて無理をしていた。

病的な理由が解ればその脆い立脚点を確かにし続ける必要もなくなる。今は環境が変わってきた。場所や空間は変わっていないけれど、認知や認識、行動によって家族との接し方が変わった。そうなれば新しい環境になり、充分ストレスは低減され、それなりの日々を創ることに繋がった。

着実な進歩はある。絶えず人は成長しているのだと本に記されていた。それが成果の表れるものでなくとも、もがくなかで情報を集めたり、失敗を繰り返すなかで学んでいって変化しているのだと思う。無意識にフィードバックは繰り返されている。その結果を検証し続けている。

焦っても変わらないな。意識の上ではそう思える。でも、焦るのは焦る。

外側からの大きな要素が加わったとしても、何とかするしかない。今のこの日々が失われようと動き始めてもだ。それでも絶えずどこかへ歩みを進めているのだろう。自分なりに励む他ないな。

 

HSPの認知を得たときの事を思い出した。まずインターネット上から情報を得た。そこからウェブ上で更に知識を増やしていった。そこで根本の性質がここにある、と確信していった。

ただ、それと並行するように身体の調子がどんどん悪くなっていった。そのなかで家族とぶつかって、腹の中にあった気持ちを吐き出したのだった。身体が落ちていく間は、家族と距離を取ることで何とか刺激を避けようとしていた。家族からすれば露骨に避けられていたと思われていたと思う。

最後の手段であって、それをするしかないくらい追い詰められていた。そうするしかなかった。そのなかで自分は情報を集め、この知見を深めていくことが重要だ、と思っていた。

落ちていく身体と、やるべき事を行動に移すタイミングが丁度交わった時、そこから歯車は噛み合い始めた気がする。HSPの書籍を取り寄せた。身体の限界と、HSPの気付きを経て行うべきもののタイミング。

 

うまく捉えられないけれど、何だか絶妙なバランスというものがこの世界にはあるのかもしれない。すべてが繋がっているかのように思える。あの時のタイミングへと繋がらなければ、どうにかなっていたのかもしれないから。

それぞれがストーリーを背負わされ、歩んでいく人生。最初から決められた道筋が定まっていたかのようにも思える。世界の約束事はあり、定められたものに時に抗い、時に倣って歩んでいく。運命だろうか。どうだろう。運命なんて便利なものでぼんやりさせて。

常に家に居れば、何かのインスピレーションが湧くことは少ない。本を読むなどして認知の拓きが起こることはあるけれど、それ以外には何もない。

刺激がない。過去の記憶と今の心情が入り混ざるような瞬間があれば良い。そんな過程があればこの文章も豊かになるだろうな。いつまでも同じことを繰り返す体調と、部屋から覗く代わり映えのない風景。変化も何もない。

 

やはり鍵になるものは「刺激」だ。そこにあるものは多種あれど、突き詰めれば人の感情がすべてだろう。

とにかく公衆の面前へと出ていく事が辛い。ソーシャルの場でも、店の店員であっても、物静かな司書であっても、見られたりするのが怖い。これが生活の大きなネック。センシティブパーソンというとのが根底にあるけれど、そこにこもりすぎによる刺激過敏が加わってしまう。

調子が悪ければとことん恥の感覚が付きまとう。恐らくは、自分が普段感じている情けないという気持ちを、他の人たちも同じように自分に対して持っているのではないか、と思ってしまうのだろう。自分の中で感覚の持ち合わせが自分の感情しかないからそうなると思う。それしか持ち合わせがないために、相手もそのような否定感情を向けているのではないかと思ってしまう。

 

相手がどのように思っているのかという真実はあまり関係なくて、自分で自分を保つということが大切なのだろうな。それを作る要素には、人からの感情があれば良い。人からの感情に慣れ、普段から受けとっていれば良い。

それで相手がどのように思っているかというひとつの真実も見えてくるだろう。人は怖くないのだ、外の世界を恐れる必要はない、そう思うために普段から刺激に慣れていれば良い。プラスの感情を受け取ることが出来れば、その確かな感触を携えれば良い。そうすれば神経質にならなくて済むはず。

そういった事を通過できれば良い。その世界へ踏み出すこと。ああ、その場所が降って湧いてくれば良いのに。

 

そのためにも日々のストレスを減らして体力を付けること。ストレスや、放っておけないフラストレーションによって身体が蝕まれては何も始まらない。外の世界へと適応しに行く事が本質的な治癒の道だろうけれど、そのための前提を整える必要がある。

基礎的な体力の構築。これが整ってフラストレーションがさほどの影響を与えないとなれば、生活の基盤になるはず。誰にも口出しされない自分なりの衣食住の環境で過ごす。そこで生産活動をし、それが実になれば何も不完全な事はない。生活の立脚点がある日々。それがとにかく欲しい。

 

本当の満足はなくても、お金を稼いでいて、迷惑をかけずに生活を創っていれば立派なものだと思う。そうなりたい。そしてそのなかで刺激へとアプローチしていけば良い。何も人に侵される要素はなく、大きな立脚点の元で、好きな日々を創るためにアプローチすれば良い。

自活力、刺激の慣れ、実生活の生活力、これがあれば良いけれどな。せめて、いや、自活力があれば何も言われない。

 

ああ、生活のすべてがオンラインで完結すれば良い。手続きのすべてが対面でなくなれば良い。

そうなっても困るのは、病院通いをどうするかということ。日頃の診察はオンラインでも完結するだろうけれど、急病や、検査、入院や検診などはどうする?ああ、もう少し都会なら良かったな。この田舎町では生活のインフラがない。病院や、店がない。交通機関があっても行くところがない。

引っ越しは迫っているけれど、この町の中で生活の中心を移すだけ。その家に定住は出来ても、生活を創るのは大変だろうな。ますます刺激が遠ざかりそう。

 

だから身体の水準が大事。ある程度でストレスを抑え、それなりの身体を維持できれば良い。そこでバーチャルで完結する生活が創れたら良い。そういった世界になるかという事はわからないけれど。

少ない刺激のなかでも身体は落ち着くという事が肝心。体重ですべてが反映される。運動に望みを託しているけれど、改善するだろうか。体重が増えれば。

 

ストレスの低減で身体は落ち着き、バーチャルな世界で自活が出来て、バーチャルに生活を創れること。これがあれば良い。そのなかで外側へとアクセスを怠らないこと。これがあれば最高だろうな。現代の利点を活かしたい。

その生活を創れたら色々としたいことがある。まずは勉強をすること。自分にはとにかく学がない。基礎的な学力が抜け落ちている。他の人達が学生という本分に努めている間、自分はそこにはまらない日々を送っていた。それはこれからも続いていくだろう。

傷を理解して癒すという仕事があるし、それが本分でもあるけれど、それをしつつ学ぶ。学を積む。ある程度の体力があれば出来る。エネルギーを注げる。

 

そして本も読む。とにかく学ぶ。身体のことについても、学びを深めることが成長に繋がることを学んだ。多くの認知を得て、知見を深めたい。

"自分の時間を、より有効的で探査的な投資の時間に解放すれば、それは自分の富を増やすことに繋がる"という言葉を聞いたことがある。どこで聞いたかは忘れてしまった。もはやこれが実際の言葉かもわからない。でも、この言葉は一理あるのかもしれない。何かにエネルギーを向かわせることが大切。

 

この現代でラベリングされているような気質は、ただ生きるのだけには向いていないのだと思う。より友好的で創造的に生きることが重要なのではないだろうか?種の繁栄としてはタフネスパーソンが一番の仕事をすると思う。組織を固定化し、拡大的に繁栄させていく。そのタイプが社会を維持するための原資を確保していく。それがタフネスパーソンの役割ではないだろうか。

そうあれば、時に暴虐で、無知で、下世話で、地位や名声に導かれるエネルギータイプとは違う人間が必要。そのタイプが社会の潤滑油となり得る。

 

組織や社会、人のために、有効で探査的に己を費やすことだと思う。それを理解してくれる少数の人や組織に出会えば良いのだと思う。そこに適応して、自己のエネルギーを役目とマッチ出来れば良い

自分に言い聞かせる。自分はどこに快適な場所があって、何が有効なものなのだろう。

 

病める生き物の心に触れて、まとめて、伝えて、導きたい。導くなんて大仰だけれど、病める生きとし生ける心と共に歩みたい。その人が成長できるように人生に介入したい。

ただ、それを本格的に実践しようとしても中途半端になると思う。現実で壁となるものはとてつもないだろう。文章としての形を取れたら良い。

本当に生活に介入するとすれば生半可なものではないだろうな。経済的にも精神的にも立ちはだかるものがあるだろうから。それは良心的なタフネスパーソンに最前線で行ってほしい。最初からそうせず、文章の形を取って、フィードバックをしてもらうという形をとりたい。人にとっても新たな気付きになれば良い。

 

そんなことを思う。これからどうなるやら。

 

また明日。

 

参考書籍 :