欠乏の不定愁訴ブログ

日々の気付きと過程の記録

着実な進展と基盤 いつか日が差すまで

じりじりとしたフラストレーションはさほど感じていないけれど、やはり身体には現れている。身体がいの一番に負荷を受け止めている。看過できないところがある。

身体の水準がどんどん上がっていかないのはフラストレーションのせい。内側からの刺激と、それが長引くことによるストレス。身体的にも心理的にも安全はあるけれど、そのなかで上向かないのはそれがある。

 

ただ、ある程度の進歩があると考えることはできる。体重という数値に反映されているのは、安定しつつ停滞しているということ。停滞とはいえ、自分の中での高い水準で維持されてはいる。

一度抑圧があってもすぐに回復したりして、それが出来る位の体力はついている。それがある程度上向いた証しになる。すべての原資になる元手、体力。それが満たされてはいる。

ただ、それがあるからこそフラストレーションが溜まる。それは、外へとエネルギーが向かうようになったから。次の局面へと移っている。

それは抑圧へと繋がる。それを改善したいところ。どうしても同じことは繰り返されるな。

 

フラストレーションを晴らそうとする気持ちによって、自分の中の好ましくない立脚点を探ってしまう。不確かなやり方を頼りにしてしまう。無理のしすぎという方法。過去の痛手が蘇るという状態ではないけれど、"体力さえあれば"という思考は同じ。

それがあれば苦境を脱することができるのだ、という思考。だから、日々の食事の中で小さく無理をしすぎたりしている。好不調のでこぼこがあり、順調に右肩上がりで推移することが少ない。

 

ただ、数値が思いっきり下がることはない。それがある。この部分は好材料。極端に食べられないような段階は抜け、ある程度の水準まで持ち込めている。

捉え直しによる精神的なケアをし、それなりに落ち着くことが出来ている。病的にセンシティブになることは少なくなった。それが大きい。ただ、安定という停滞でもある。

 

何回も繰り返し思っているけれど、ここにプラスの要素があれば良い。それは、日々の満足。この今の暮らしでも悪くないな、と思える感触があれば良い。それがあれば闇雲に焦って踏み出そうとしなくて済むだろう。それさえあれば良い。

今の日々ではそれが欠如している。衣食住は家族が提供してくれ、それを維持してくれているけれど、それだけでは満足できない。刺激が欲しく、自立をしたいし、社会的な存続を感じられる事をしていたい。

通学、自活、自立、そこへと歩んで積み重ねているという感触がほしい。無為に日々を費やしても辛い。自分の力で生きていきたい。

 

そのためには、まずは健康を手繰り寄せることからだろう。初歩の要素と初歩の健康があれば良い。今の心の欲求は、そこを指している。

まずはそこから。そこを満たせれば、自ずと次の段階へと進みたくなっているはず。そうなれば、また心の声に従えば良い。

健康という要素を確かに集められたのなら、次の欲求を満たすのは、意外と簡単なのかもしれない。人生のネックは、ほとんどが健康という壁を乗り越えるまでにあると思う。健康への要素と、それを持続的に体感できる術を得たのなら、高次の欲求を満たすのは容易くなっているかもしれない。

 

自分を認めてくれる人や、そのような集団に出会うこと。社会的な意義を感じられる作業を見つけること。その二つが交差すればより良いだろう。親密な人と出会い、関係を育む。自分独自の生き方を認めてくれる集団と出会い、そこで何かに費やす。

いずれにせよ、親密な関係下においてセンシティブパーソンは何かを生み出せる。それが最低条件。健康においても、社会的なパーソナリティーでも。

理想的な鍵は、そういう要素。人との出会い。温かな関係を取り戻すこと。それがあって心身に力が満たされる。フラストレーションやストレスが減り、抑圧することも少なくなるだろう。

その暁で、それに付随して社会的な満足も得られているはず。健康への壁は、様々な要素が複雑に絡んで発生している。順序よく高次の欲求を満たしていくより、同じような段階において少しづつ変化をし、グラデーションがある中で推移していくのだと思う。

 

ある程度の土台は整っている。では、次は一体何をすべきなのだろう。解っているようでわからない。

今の自分は、何か大切なものから目を背けているのかもしれない。うだうだ考えていても、身近に切っ掛けが落ちているかもしれない。思い浮かぶものはある。でも、難しい。

いつも寝る時に力が余っている。いや、人肌が恋しいだけ。それさえあればな。自分を肯定してくれる人さえ身近に居てくれたのなら良い。すぐに胸の中の澱は蒸発して、清く浄化されるだろう。生気が戻るはず。すべての心理的ネックは解消されるはず。

精神的抑圧、身体的負荷、自己否定感情の除去、これらがもたらすものは果てしないと思う。健康になり、適切な社会的ステップをこなしていけたら、自信のある大人になるはず。それも自己実現を果たして。

そんな気がする。身近な生活から、自分の能力の見定めまで、すべての歯車に力が加わっていくはず。そんな暁を迎えたい。

 

そのためにも更に勉強だ。ユングの本を取り寄せた。MBTIの本は読んでいたけれど、これが実質初めて読むユング専門書になる。本人の著書を一冊取り寄せたけれど、それは難解で読むのを諦めてしまった。これで初めて詳細を認知出来る。

読み進めると、興味深くて面白い。多少難解ではあれど、じっくり読めば理解できる。よく聞く専門的な言葉には、どんな考察を経て当てはめられたのかを知っていない事が多い。初めて気づく。アーロン博士の著作で触れて以降、それっぽく使いこなしてその気になっていたけれど、生煮えの知識であったのだと恥ずかしくなった。

しばらくは内容を深く読み取っていこう。当分はその本を読んでいられる。大きな認知の獲得になると思う。ここでのフィードバックに役立つと思う。

今日の夜も、またやるせなく布団へ潜るのだろうな。それがもどかしい。なんとかしたい。でも、出来ることは限られている。代替策でなんとか出来るものなのだろうか。中身のない空虚なものに触れていても、結局はそこに接続している時間のそれだけが刺激的なだけだ。

本当の満足を得たい。画面の中に求めるのではなく、真に得たいものを真に得る。そのためにも向き合わなければいけないものや、乗り越えなければいけない過程があるのだろう。それを勉強し、実行に移す。

 

勉強は着実に進んでいると思う。後はもう、それを実行に移す局面だ。でも、その実行が行き詰まっている。充分それをしても良い頃だ。

ずっともどかしい。身体へと負荷が掛かってしまう。事態は喫緊でも、しばらくは変わりなく過ぎていきそう。容易に変動させられるものではない。そう思っていても時は進む。もどかしく身体が痛む。どこかに歪みはある。

癒しが必要なのです。犬でも猫でも良いよ。誰か近くに居ないだろうか。友達になっておくれ。それで満足できれば良い。心の隙間が埋まれば良い。それさえあれば。

 

ブログは、成果がない。急になくなった。今までが案外良かったのだろうか。悲しい。虚しい。それに反して、表現の型が出来てきた気がする。スムーズになりつつあって皮肉だ。でも、数回のアクセスに有り難みが出てくる。コアなリピーターの方だったら良いけれど。

アクセスのない閉鎖的な空間になると、逆に書きたいことがスムーズに書けるようになった。そう考えると、かえってメリットになっているのかもしれない。不純物がちらつかずに文を記せる。

この状態でファンが現れてくれたら万々歳。ナチュラルな創作を気に入ってくれる人。今まではそれが出来なかった。それで苦しくなっていた。肩肘を張り、良いものを創ろうとしていた。

 

今の文は、ありのままの文。純粋に表現をしていくのは楽しい。これが軌道に乗り出したらな。

ブログってどのように大きくなっていくのだろう。それぞれの悩みを解決できるか否か?それを購買へ繋げられる力?個人の魅力があるか否か?何かに特化して、コアな表現が出来るか?SEOSNS連携?

 

このまま名もなき人間として終わりそう。まあ良い。そんなことは後から付いてくるもの。必然的に。事前に考えても無駄。自分を磨いているしかない。価値がある人に相応しく価値が付くのみ。それだけのこと。はあ。

人か、犬猫か、バーチャルの虚構か。猫から始めたい。

 

また明日。

 

参考書籍 :