欠乏の機能性ブログ

日々の上腹部不定愁訴と気付き その思考

認識の再構築 永遠の課題

変わらず祖母宅に居る。午前中に選挙へ行った。親に連れていってもらった。所要時間は数分。簡単で楽だった。これまでに数回経験しているので、緊張も全くなかった。結果が気になるところだ。

歩いて投票所に向かおうかと思ったけれど、体力に自信がなくてやめた。朝食の量もあまり良くなかった。一番調子の良い時でさえ、それが最低水準なのだ。それに達していないとすれば、病的な水準なのだろう。消耗するのも怖いし、腹が整う気もしなかった。

 

夕べの食事で食べすぎた。その前の昼食と間食が良かった分、そこから好調コンプレックスが湧いてしまった。在りたい日々を得ようとして、身体を強引に上向かせようとしていた。

腹九部を意識し、苦しくならない範囲で満腹になろうと思っていた。でも、結果として苦しくなってしまった。嫌な腹の底の残留感があり、それが今朝の食事に響いた。

胃の強度がないということだ。少しの心掛けでさえ、負荷となってしまう。

徐々に状態を底上げしなければならない。一度胃にダメージがあれば、そこから数食は影響が出る。

徐々に消化力を付けること。満腹に慣れさせることだ。継続して摂取していくことが大切。一度に頑張りすぎないこと。

 

でも、それが一番難しい。欠乏によってノイローゼに見舞われているうちは、常にコンプレックスが顔を出す。食べすぎるなんてことは、今まで何遍も繰り返している。

そもそも、状態を良くして食欲を湧かせれば良いだけだ。でも、それが出来ないと常にフラストレーションが生まれる。そうなると、自我の力ではコントロールが出来ない。その由々しき状態を何とかしようとするのがコンプレックス。誤った方法で身体をケアしてしまう。

直近の日々では、間食を摂ることを心掛けている。それがあり、多少は状態が上向いていると思う。昨日はようやく体重が上向いた。

胃の空腹時間長引かせず、適度に物を入れること。そうやって胃の耐性を付けていきたい。

 

腰回りの脂肪は寂しくなっている。それは認められる。でも、食事量は少しずつ戻っていると思う。そう思うのだけれど、結果は誤差の範囲くらいだ。

食事の量も、春頃と比べてそこまで変わっていないと思う。そう思っているのは、認知の歪みのせいなのか。朝食、昼食、間食と夕食、あと一割ほど食べられたら良いくらいだ。それなのに、数字は深く落ち込んでいる。落ち込みが大きすぎると思う。

一割であっても大きいのだろうか。これ以上にどう努めようか。運動がストレスに効いたり、消化力を上げてくれるのか。そうやって筋肉を付けるのが良いのか。

 

ある種の諦念も湧いている。去年も夏場から体調が落ちていた。今と同じくらいの水準だっただろう。でも、そこからもっと駄目になることはなかった。いつか戻っていた。

もう頑張っても仕方ないと思える。やるべきことは浮かんでいる。後はそれをやり、結果を待つのみ。成るように成る。そうしていくしかない。

何があったとしても、水分を口から摂り、時を待って食べるしかない。それは入院したってそうだ。それしかない。口から何かを飲めるのなら、飲んで休んで食べるしかない。

腹が空かないのは仕方ない。じっと辛抱し、時を待つ。そこから焦らず努めることだ。

今が紅葉の盛りだ。町の辺りの木々も、赤や黄色に色付いている。そのコントラストが美しい。遠くの山を見てみると、燃えるように赤く染まっている。日に照らされていると、より鮮やかに見える。とても美しい。

散歩日和が続いているけれど、歩いてはいない。体調の不安は拭えず、数字も上がっていない。季節の風情を記したいけれど、それが出来ない。出来ないということしか記せない。

今の体重で歩く勇気はないけれど、春頃も同じような条件だった気がする。ほぼ家から出ない生活をしていたけれど、近所の数百メートルを歩くことから始めていた。その距離は日を経ると伸びていったのだった。

そういった記憶がある。それが十分な好調に繋がっていった。

 

次の診察では、正直になりたくなってきた。プロのフィードバックがほしいし、状態をきちんと共有したい。不正直に隠したとしても、それはいつかのつけになる。

だとすれば、臆することなく説明すれば良い。そうやって助言を頂ければ、状態を上向かせられるかもしれない。

食事の量についてや、その摂り方。痩せの深刻度についてと、それにまつわる危険について。

 

栄養失調で心不全を起こされた方の訃報があった。調べたところ、電解質の異常があったのだと思う。同じ事柄の別の事例がインターネット上にあった。

それは極度に何も摂取できなかったからなのだろう。水分や糖分を失えば、命に関わる。臓器にも影響し、致命的なものにもなりかねない。

最低限は水分や糖分を摂ること。脱水用の経口補給液を用意しておこう。スポーツドリンクは糖分のジュースなのだろう。生理的に一番必要な物質は、それでは好ましくないそう。

食欲を維持し、無理をしないこと。ストレスから解放され、空いていく腹で好きに食べていく。そうなっていけば、自ずと肥えていく。

でも、それは基本的欲求の満足の暁でしか迎えられない。欠乏があり、刺激のない鬱屈とした日々を過ごしていれば、豊かさは得られない。食欲も湧かないし、無理もしてしまう。

 

ストレスからの解放と、コンプレックスの沈静化。それらは本質的に同じ問題だ。解決策も同じになる。

友やパートナーが居て、所属や尊敬、自尊心を得ること。それに天職があればなお良い。そうなれば病は癒える。

それは単純ではあるけれど、どうにも一筋縄ではいかない。

 

この水準が維持できれば良い。でも、それが出来なかった場合は?とにかく死にたくない。死ななければ良い。

「食欲がない」「一食が振るわない」「食間が長い」

どれもストレスとコンプレックスのせいだ。欠乏があるせい。これは果たしてどうすれば良いのか。

 

春はなぜ良かったのだろう。それはたまたまだったのかもしれない。コンプレックスの顕在化、潜在化具合、散歩の有無、安全感の程度、これらの要素がたまたま噛み合っていただけなのかもしれない。

その真偽は分からない。正しければ、今の不調も偶然と考えられるだろう。でも、そうであるのなら、これからどうすれば良い?何をすれば良いかの教訓を得られない。

―春は安全な満足があり、運動でストレスが解消されていった。そうなったのは、たまたまコンプレックスが発現しにくい状態にあったため―

今の状態でも、腹を落ち着かせ、少しずつ食べていくこと。そうやって基礎的な胃の持久力を得て、基礎的な体力を獲得する。

それがどうにも難しい。永遠の課題だ。

死ななければどうにでもなる。恐怖感が重要なのか、重要ではないのか。

こうやってブログを記せたら良い。それが続けば良い。それが全て。

 

また明日。

 

参考書籍: