HSP/INFJセルフフィードバック

日々の気付きと過程の記録

完璧主義の助長 温かな安全感

自宅の二階から見る辺り。午前から晴れたり曇ったりしている。時々光が差して華やいだり、凍えた冬空の雰囲気のなる。歩きたくなったけれど、まだその強度はない。まだその負荷をかけるべきではない。

気を遣る体力はあった。あまり消耗はしておらず、少し身体のトーンが落ちた感じだ。それで午後も歩かない。

 

昨日の間食は食べ過ぎたかと思ったものの、負債は残らなかった。夕食の量は減ったものの、全く食べられなかった訳ではない。よく食べていたと思う。

でも、体重計の数字で現実を知る。限界点を迎えそうで怖くなった。一気に腹もえぐれ、気が付けばこうなってしまった。

 

朝はいつもより寝坊をした。早く食事を摂りたかったため、目覚めて間もなく起き出す。でも、内蔵が動き出さなかった。気掛かりなのは、夕食からの時間。空白時間が長すぎた。怖いからすぐに食前の漢方を飲む。

最近は早く起きられない。寝過ぎているのか、それとも正常なのか。日中の活動量が少ないためか?

いや、日中にまともな間食をしていれば、全ての問題が解決される。寝る数時間前に食べようとしなくても良い。朝食の量が少ないため、それを日中のどこかで補えたら良い。でも、それが出来ていない。

 

昼食も少なく食べたけれど、それで腹が一杯になる。いや、病的にたくさん食べられない感じか。

一人前の食事画像を見れば、自分でもすんなり食べられそうな気がしてくる。でも、到底食べられはしない。腹は空かず、胃は頑丈でない。胃が動く気配はなく、胃袋はがちがちだ。

 

活動量に問題があるのだろうか。図書館にでも歩いていこうか。どうだろう。分からない。そのための体力はないと思う。それを得るために負荷をかけても良いのか。無理はしてしまうし、するすると食べられていない。

運動をすれば良いのだろうか。死ぬことはないのか?立てるし歩ける。それに書ける。でも、どうにも不安だ。昔と比べて恐怖が強くなっている。

嗚呼、不安だ。この気持ちがなくなれば良い。それについてドクターのフィードバックを得るべきなのか。

日が明けて今日も胃が重い。どことなく不快感がある。食べすぎたのだろう。軽く済ませておけたのなら、こうはなっていない。間食を食べられ、夕食も軽く食べられたのだろう。

だんだんと理知の手が届かなくなっている。これでは一向に良くならない。そして体重は、大台から1kg以上痩せていく。春からは数kgだ。その時は十分な体力があっただろう。もう何も出来ていない。出掛けも散歩もだ。それは母も分かっている。

「買い物くらい行こう」とのこと。自分はそれを聞いて、「それで何になる」と思ってしまう。不調の実際も言いたくない。何を言って返されるかがありありと浮かぶ。少し前に話はしたものの、自分からは言いたくない。

 

ドクターに粗方の事を伝えたい。まずは正直に、大事な事を伝える。病院コンプレックス、死の影、家族とのコミュニケーション、それらを伝えること。そうして心から解放されたい。

そうなれば、無理のしすぎもなくなるのではないか。恐らくはそんな気がしてくる。社交不安の事も話すことになるだろうか。それを含めてこなしていきたい。

 

これで言いたいことは言いきった。食べすぎの連鎖、痩せの水準、出掛けられないこと、家族との温度や探り合い、ドクターとの齟齬、正直さと解放、魂の成長。

センシティブパーソンの気付きがない時は、入院することで不調がリセットされた。何かのストレスや高ぶりは、入院するまで病的に引き続いた。そして限界ギリギリまで達し、高まった時に一つの転換点を迎えた。

それは何故良くなったのだろう。何だかよく分からない。

気付きを得る直前も極まっていた。その時が一番だったのかもしれない。風呂にも入れず、便通の度に身体の限界があった。そこから何とか生き延び、今の病院へ罹る時に家族とぶつかって和らいだ。

 

悪い時は延々と続くのか否か。時の力で全ては解決されるのか、窮ずれば高まって通ずるのか。それとも自分の力で突破するのか、何か別の力か。

分からない。ドクターと腹を割って話すか、家族ともそうしてみるか。いや、それは極まって高ぶった時しか出来ない。すんなりと出来ないのが並みの不自由ではない証だ。それらが簡単に手に入れば、状態が軽い内によく効いていくのだろう。危険なことにはならない。

朝食は負債がなく、平常通り食べられる。昼の状態も良かったものの、数口の差で食後の状態が変わった。「たくさん食べられるのではないか」とか、「これくらいは食べておきたい」という心理があったのだろう。量は少しまともだったものの、正常の量ではなかった。そして間食を食べられない。

昨日の夕食は、食前の漢方で調子が乱れた。いや、それは昼食と間食で食べすぎたからなのか。

 

本当にどうなるのだろう。でも、深く思い詰めてはいけない。前述の温かな安全感が一番必要だ。家族と打ち解け、ドクターとも良好に関わること。それが調子を戻してくれると思う。

セルフフィードバックのやり過ぎもあるだろうか。こうやって頭を使うのも良くない。セラピーの効用も感じないし、完璧主義が助長されている気がする。フローの更新をやめた方が良いかもしれない。

もう少しの辛抱と思っていよう。

 

また明日。

 

参考書籍: