欠乏の機能性ブログ

日々の上腹部不定愁訴と気付き その思考

限度の見極め それなりの効用

自宅に居る。午後の空も晴れている。これから雨や雪が降るそう。午前に歩いたため、午後は歩かなくても良いだろう。休んでいた方が良い。午前は少し強度をもって歩いた。だから、これ以上は頑張らなくても良い。

歩いた後に少し胸の違和感がしたけれど、食事をしたら治った。少し歩きすぎたのだろう。でも、数日前に歩いた時よりも、確かに歩けそうな気がした。歩こうと決めたのは誤りではなかったはず。今は力も戻っているのだし、問題はないだろう。こうやって内的にも費やしている。

 

昨日の昼食では、少し無理をしていた。食前の漢方を飲んだら微妙な状態になってしまった。それがあって夕食が思いやられたけれど、今度は夕食前の漢方で状態が上向いた。気まぐれな効果だった。

ご飯をまともに一膳盛り、大きめの肉を数枚、そして味噌汁を数口。もう数歩だけれど、そこまで悪くはなかった。そこから間食は食べられなかったけれど、食後の収まりは良かった。負債も残らなかった。

 

今朝は寝坊をする。朝食は少し少なかった。胃の負債は残らなかったけれど、好調でもなかった。

ただ、直前で食べられる量を見極めたのが良かった。それが効いた。それが良かった。適度なエネルギーの補給が出来た。

そして歩く。それで腹が整ったのはあると思う。昼食はいつもより食べられた。少し食べすぎたかと思ったけれど、そこからの収まりが良かった。胃から食べた物がすんなり消えていく。間食を食べられる強度はないけれど、これで夕食もフラットに迎えられる。

 

便通も良かったし、少し胃の強度は付いたかと思う。良い証を感じる。ここからもう少しまともに食べられたら良い。

体重も落ちていなかった。今の日々での最低摂取量は食べられているはず。消費よりも少し食べられているか。

 

やはり、まずは歩くことだ。なるべく毎日の方が良い。それによってストレスは軽減され、食欲が湧く。これは正の感情を得るのに次ぐ効用がある。そして無理をしないこと。それをしなければ、食欲は安定しだす。 

食べられる量を食べ、あとは歩く。食欲を回復させ、無理をしない。運動をしないと食欲に波が生まれ、上向きずらいなかで無理をしてしまう。

食欲が出ないことと、無理をすることが問題。食欲は運動をすることで解決する。これでたくさん食べられるようになれば、恐らく無理も減るはずだ。

それなりの食事量により、安全の満足が生まれる。それで無理も減るかもしれないし、ある程度は胃の強度が付いて、無理の支障が打撃にならなくなるはず。

通院日まで3日だ。今週の始めから良くなりだして、少しずつ上向いている。

通院での行程を耐えられるだろうか。それはその日よりも前の日々で決まる。その間に体力をつけられているかだ

診察を終えて、買い物もする。その体力が付いていれば良い。

 

ドクターと話す内容もシュミレーションしなければならない。はっきりと現状を伝えたい。身体が傾いてしまったこと、それを伝えられなかったこと。それを真摯に伝えれば、きっとドクターも分かってくれると思う。

 

あと2日間、いかに無理をせずに過ごしていくか。そのためには、前述の食事の摂り方を維持したい。事前に食べられる量を見極め、それを食べること。それは予想できるものだ。その限度に忠実になっていたい。

 

また明日。

 

参考書籍: