HSP/INFJセルフフィードバック

日々の気付きと過程の記録

存続と安定 平凡さと存在の実感

自宅に居る。午前は雨がぱらつく程度だったものの、今は中程度で降っている。

午前に歩いていて、変わらず図書館を中心に歩いた。歩く距離は変わらない。疲れはほとんどなかったけれど、少し身体の強度は薄れていたか。でも、そこまでではなかった。帰宅して記事の推敲をしたし、インターネットを見たりも出来た。

夕べは腹が空かなかった。それはやはり、昼食の摂り方に問題があったのだろう。結果には原因がある。それを認められた。少し食べすぎた実感があった。

でも、それは腹をなるべく膨らませたいがための結果だ。それが裏目に出てしまうと辛い。どうにも報われない。それくらいは許容されてほしい。そう思ってしまう。

ほんの数口で次の食事に影響が出る。そうなってしまうのは自然なことか、やはり自我による失策なのか。

 

食欲がすっきりと湧くのは稀なことだ。これが不調の根本にあるのだろう。腹が空いていない上に無理をするため、状態が傾いてしまう。すんなりと上向いていかない。

食欲が湧いてたくさん食べられる時もあれば、食欲があるのに早期膨満に見舞われることもある。そこでよく食べようとしてしまい、せっかくの調子が鈍化してしまう。

食べ始めて腹に溜まりだすと、早期満腹になることがある。正常な胃袋は、食べ進めると上部が反応して伸縮するそう。そう聞いたことがある。

自分の場合、溜まりだしても胃が沈黙を貫いている。不動で目を瞑ったままで、何も反応してくれない。その時点で雲行きが怪しくなり、胃が伸縮せずに満杯になっていく。そうなると、一膳を食べきるのが精一杯だ。

 

胃に負債がないにも関わらず、不運に食欲が湧かない時もある。それもあれば、雲行きが怪しい時に食べすぎてしまうこともある。

この不安定さが不定愁訴というものか。食欲が湧かないこと、無理をしてしまうこと。調子が絶えず慢性で、元気に生きていくことが出来ない。

 

いずれにせよ、多少の無理が募っている。それは大きい。それがなかなか改善されない。何度も認識を再構築していても、未だに足を取られっぱなしだ。

無理をなくし、食欲を湧かせること。そのためにはやはり、ノイローゼの治癒が必要だ。つまりは正の感情を得ること。そう考えると、その行程に進んでも良いのかもしれない。

今でも安全の満足はあるのだろうか。散歩も出来るし、内的にも費やせる。だとすれば、それなりに安全はあるのかもしれない。運動に効果がないのであれば、そう考えざるを得ない。

 

夕べは腹が空かずとも、それなりには食べられた。その最低限の摂取では痩せてしまうけれど、ある程度の胃の持久力は感じた。それが着実に付いていたのだと思った。

どうしても体力と体重を求めてしまう。歩くことが出来ても、内的に費やせたとしても、それを磐石なものとしたい気持ちが強い。

在りたい日々を得ようとしているのではなく、心身の存続を保とうと無理をしている。好調コンプレックスではなく、不調コンプレックスによるものだ。そう考えると、安全の満足はなさそうに思える。確かにそう思えるけれど、実際はどうなのかよく分からない。

よく食べられる時もあるけれど、その逆もある。その方がよくあると、体重が安定することはない。低水準で停滞してしまう。

腹に肉は付いたかもしれないけれど、それは微々たるものだ。胴はえぐれ、痩せの範囲を超えている。骨格に油紙を張ったようだ。肉の層がない。肉が付いたとしても、それは薄い膜のようなもの。それも下腹の底だけだ。横になれば肉は底を打ち、器のような骨しかない。

 

大食をする父の食事を見れば、自分もそれくらい食べられそうな気がしてくる。でも、実際はすぐに病的な満腹になる。それが悔しい。それくらい食べられたら、どれくらい力が満ちるのだろう。

それだけで幸せを感じられると思う。意欲も快く湧き、人生を建設的に進められる。きっとそうなのだろう。

ただそれだけのことをしてみたい。ただ平凡に生き、それによって生きている実感を得たい。生活がまともだというだけで、しばらくは良い刺激を受け続けられると思う。適度な興奮があるはず。

人生が長く有れば良い。いつか失った時間を取り戻したい。

 

また明日。

 

参考書籍: