欠乏の不定愁訴ブログ

日々の気付きと過程の記録

絶望の道理 理知による調整

今日も自宅の二階に居る。最近は雨の日が多かったけれど、ついにまとまった雪が積もった。親は今シーズンで初めて、家庭用のダンプで雪を掻いた。いや、「掻いてもらった」と言うべきか。

辺りは雪化粧をしている。どれくらい積もったかは分からない。全く外へ出ていない。寒さもあるし、また慢性の不定愁訴に足を取られた。またもこうなってしまった。

こんな風になるのが多すぎる。以前もそのように記したけれど、また同じことを繰り返している。もしかしたら、一生そう言い続けているのかもしれない。

夕べは腹が空かなかった。昼に満腹になりすぎた。今になって振り返れば、確かに「もうそれなりに溜まったよ」という内部信号は感じていた。

でも、それに応えたくなかった。もっと食べて、それなりに食べられるようになりたかった。同じように振り返ると、数口を追わせずとも十分に食べていた。嗚呼、ノイローゼなり。昼食後には水を飲んだものの、あまり落ち着かなかった。

 

ただ、あまりにも状態が悪かった訳でもない。夕食前の漢方で少しは楽になった。そこで夕食を腹八分に抑えられたなら、明けてこのようにはならなかっただろう。

夕食でも限界まで食べてしまう。それなりのご飯一膳と、まともな肉を数枚、味噌汁もそれなりにつまむ。その時点で及第点に達していたのに、調子を落とすまいと追わせてしまう。

調子が落ちていたのだし、何故そのように考えたのだろう。夕食で調子は落ち着いたのに、そこから上向けようとしてしまった。

やるべきことは負債を返すだけで良かった。何故にこうも病的なのか。理屈で説明すれば、「基本的欲求の欠乏があり、それによるトラウマの再現を防ごうとコンプレックスが顕在化しているから」だ。でも、ただ"満腹になったら箸を止める"ということが出来ない。それは重い精神の病魔のせいか、それとも胃袋の疾患のせいか。

 

歩けないし気も遣れない。ここ数日で外の空気を感じていない。それは黄色信号のように思える。

数日前に調子が戻ったのに、またもこうつまずいてしまった。こんな事になるのが多すぎる。その頻度が高い。その分すぐに良くなるのだけれど、悪くなるのも早すぎる。良くなった瞬間に好調コンプレックスが湧いてしまう。

それはたしかにそうか。つまり、あまり生死を考えていないのかもしれない。ありありとした死の影は遠のいていて、建設的でまともな日々を得ようとしている。その面も強いのかもしれない。

最低限食べられたらのなら、それで力は満ちる。そこで暇はあまり湧いていないけれど、正の日々を強く求めているのだろう。だから好調コンプレックスが湧く。

 

朝食は昨日よりも食べられなかった。そこで深追いはせずに収めたものの、水分の代わりにスポーツドリンクを飲んでしまう。これが打撃だった。それは三口くらいだったものの、それが気持ち悪く腹に溜まった。

それにより、昼食にも影響が出てしまった。吐き気を僅かでも感じたのなら、それは胃の確かな悲鳴だ。処理できないくらいに放り込んだのだろう。その事実がある。

その負荷が時間や漢方では消えず、いつもの九割くらいしか食べられなかった。朝を加えると八割くらいか。その量でも打撃になる。今日の夜は計測をしたくない。

 

冬ごもりの日々。このまま来年も変わらないのだろうか。去年からは変わらなかった。死ぬことはなかったけれど、豊かに生きることもなかった。後者の方が重くなっていくのかもしれない。

テレビで胃の不調にまつわる特集があった。機能性ディプペプシアと、逆流性食道炎について。それを見るのは避けようかと思っていたものの、ザッピングをしたら目に留まった。

そこに出演した年配の方は、五十年前から胃の不調に悩まされていたそう。内視鏡検査で異常はなく、診断されたのが『機能性ディプペプシア』というもの。大病院で診察を受け、ようやく診断が下りた。そこで錠剤の薬を飲むと、ある程度は快方に向かったよう。

その病気に用いる薬はもう一つあった。ここでも記している漢方だ。それは機能性ディスペプシアにも用いられる。それは初めて知ったかもしれない。

恐らく自分の不定愁訴は、その機能性ディスペプシアなのだろう。内視鏡は飲んでいないものの、胃潰瘍はないと前病院で診てもらった。メンタルの薬も飲んでいるし、恐らくはそれだろう。

 

まだ思考は固まっていないものの、不自由の原因としてはそれが大きいのだろう。コンプレックスについて記しているものの、胃袋にも明確な疾患がある。それに振り回されるのは仕方ない。それは苦しいけれど、病名による言い訳は出来る。

そう考えると、今度は別の事も浮かぶ。このままの生活習慣を続ければ、何十年も苦しいままなのだろう。胃の運動機能を改善する薬はあれど、本質的にはストレスの低減が中心になるそう。これは捉え直しによる考察と重なる。

 

無理をしてしまうのを何とかしたいけれど、その根底には明確な支障がある。何ともならない状態があるのだ。工夫して変えようとしても、誤った努力には限界がある。そもそも疾患があるのだ。

そう考えれば、病的に痩せていようが、一人前を食べられなかろうが、自分が許容して無理をせずにいたい。それはある意味自然で、いかんともしがたいのだ。

 

その出演していた人は、力仕事に就いていた。どれくらいの摂取が可能なのかは分からないけれど、仕事をして生きるには可能だったのだろう。それが解せない。痩せ型には見えたものの、極度ではなかったはず。

自分よりも食べていたのか、それとも本当に食べられなかったのか。一膳を食べられていたのだろうか。それを下回っても仕事に就けていたのなら、どうもよく分からない。

自分なんかは母に、「飢餓状態の戦争孤児のようだ」と言われたりした。骨と皮でしかなく、目を当てられない水準なのだと思う。

 

外胚葉型の消化能力と吸収効率、代謝の良さのせいなのか。それとも、ギフティッドネスによる脳のエネルギー消費のせいか。

この時点で不利な要素が多すぎる。ただでさえ痩せやすく、消化と吸収も弱い。そして頭はフル回転し、欠乏によって食欲も湧かない。加えて無理をすれば調子が乱れてしまう。

絶望的で恐ろしくなる。道理でこれくらいの水準なのか。いつ事切れてしまうのだろう。このまま何年も変わらないままなのか?

病的な一生が待っていると振りきるしかない。まともな日々は遠い。月並みな生活や刺激は得られないのだろう。嗚呼、合掌。

 

それでも、好ましくないことについての認知を得られた。早食いをしないこと、腹八分で済ませること。刺激物を摂らない、猫背でいない。

ゆっくり食べ、たくさんは食べられないのだと諦める。腹八分で抑えるのだ。それが一番大切。

いや、それが出来ないから問題だ。コンプレックスの支障もとにかく大きい。

でも、とにかく理知の力で調子を整えること。そしてすぐに社交へ出るなどをする。それが解決策なのだろう。

 

歩くことの効果もどうなのだろう。効くのは効くだろうけれど、ある程度は調子が良くないといけないはず。そんな気がする。

月並みな体力は要らないし、そもそも求められない。それが自然。でも、そう認識してもコンプレックスは放ってくれない。何とかして身体を上向けようとしてしまう。

体力は求めなくて良いと考えても、それがないと心身は保てない。そしてまともに生きていけないし、幸せにもなれない。その現実がある。

ストイックさや完璧主義が問題なのか。それがなければ無理をしなくなり、身体は自然に上向いていく。

でも、それがあるのはコンプレックスがあるから。過去のトラウマはもうなくせない。

 

摂取が落ち着くまで理知のケアをし、落ち着いたら運動をする。そうやってストレスを軽減し、食欲を湧かせて持久力を付ける。そうしていけば暇を思い、社交の場に出ていきたくなる。その時にすかさず出ていくこと。所属と愛が得られたら、それで万事解決だ。

すぐに尊敬と尊厳も得られるだろう。欠乏症はなくなり、食欲不振も無理もなくなる。

コンプレックスも、刺激追求も、心の資源も解決される。体重増加、社交の前提、自己実現がもたらされる。

この階層の順に進んでいきたい。つまり、まずは理知でケアをし、その次に運動をする。これが今の目指すべき目標だろう。

早く食べられるようになりたいけれど、そう思いすぎるとコンプレックスが湧く。その微妙な塩梅が難しい。

冬の間も何も変わらなそうだ。

 

また明日。

 

参考書籍: