欠乏の不定愁訴ブログ

日々の気付きと過程の記録

若者の顛末 期待と限界

自宅に居る。年が明けた。年末は変わらず胃のきつさに見舞われていたものの、今は楽だ。昨日のような調子ではない。昼食はよく食べられた方で、深追いをして無理をすることはなかった。

若干のむかつきは本調子を表していないものの、そこまでの辛さではない。食べ物の画像を見ると、美味しそうに感じた。それも腹に収めたいような感じだった。悪くない証だ。

 

辺りは少し薄暗い。白い雲に覆われていて、日の光が弱い。粉雪が降ったり止んだりしている。今日は晴れず、歩いてはいない。

夕べの食事は上手く摂れたものの、食後に薬を飲むと嫌に腹に溜まった。これも厄介な不定愁訴なのか。あるいは昼の負債が拭えなかったか。

そして今朝もそれが続いていた。やはり夕食と朝食は地続きだ。漢方を飲むと胃が荒れたため、最良の量は食べられなかった。それよりも二口は食べられない。それは些細な差であっても、食べられる分母が小さいから影響がある。

それでも、極端に食べられなかった方でない。もっと酷い時はある。そうならなかったのは、胃袋に少しの持久力が付いていたからだろう。

 

午前に内的に費やした後は、歩かずにスクリーンを見て過ごした。朝食で体力が満ちなかったのもあり、外も明るくなかった。歩くと必ず腹が空く訳でもないし、無理はよそうと止めた。

歩く時間になると腹は整っていたため、ちょっとした空腹になっていた。それくらいの理知のケアは出来ていたものの、歩けばガス欠になるだろうと思った。

 

昼は食欲が湧かなかったものの、よく食べられた。理知のケアのお陰でもあり、胃の持久力によるものでもある。げっぷも出すぎなかったし、出る時はすんなりと出た。それは無理がなかった証拠だ。それがあれば負債となっている。

それが昨日のことで、次の食事に影響が出てしまう。最近は、それが軽くなるような状態ではない。もっと胃の持久力が付いていれば、負債の影響がさしたるものでなくなる。

 ―

姉が帰省している。従兄弟も祖母宅までやってきていて、祖母宅に泊まっている。大晦日の昨日は、我が家の自分以外が祖母宅へ行き、従兄弟と祖母とで食事をした。

自分は一人でスーパーの寿司を食べる。一人前を食べられて安堵しつつ、体重を測るとまた痩せていた。腰を捻ってくねらせると、脂肪や内臓が移動して腰骨が浮いた。病的な脂肪量を確認した。

特番のテレビからは雰囲気が感じられず、人が気持ち良く歌ったりしている。自分はその気持ちが分からないため、恒例のその番組も楽しめない。静かな家で風呂に入り、きつい腹を抱えてすぐに寝た。

 

特に年末らしいこともしていない。変わらず内的に費やしている。多重知能の書籍は読み終わり、MBTIの書籍を再読し始めた。それ以外でも同じで、こうやって記していることもだ。

今日は姉と従兄弟が出掛けた。その姉の迎えがあり、従兄弟がこちらの家にやってきた。顔を合わせたくなかったものの、従兄弟は玄関で出待ちしていたし、母親に背中を押されたため部屋から出た。

自分も会った方が良いとは思っていた。いつかは従兄弟一家に頼らざるを得なくなるかもしれないい。そのためには関係を絶ったらいけないと思った。

しぶしぶ居間の扉から顔を出し、玄関先に顔を向ける。従兄弟は写真で見た通りだった。従兄弟は「○○だ」と、懐かしそうに自分の名前を言った。声が想像とは違ったものの、それくらいで何だか安堵した。

率直に言えば、あまり敵視もされていないのだと感じた。内向直観が暴走すると、不確かな迷妄の像が浮かびやすい。ああやって穏やかな感情を感じると、心が軽くなる。それだけでかなり助かる。

 

三年振りくらいに会ったか。疫禍の前の年に会ったはず。その時も年末で、自分も祖母宅に会していた。そこで食べられなかったり辛かったりして、自分はただ黙って食卓に座っていた。顔面も浅黒かったはずで、終末の雰囲気があったくらいか。

それで何も出来なくなり、皆に迷惑をかけたと思った。不出来で稚拙だった。例の歌番組が白黒に見えた。その時から会食はしていない。

 

随分と時が止まったままだ。そう思った。自分は二十歳になったし、周りはもう、まともな大人になっているはず。

その隔世の感。フリースクールに行かなくなったのも、今年で四年が経つ。お世話になった教師はどこかへ異動した。どこへ行ったのかは分からない。いつからなのかも分からない。不意にスクールのWebページを見たら、見たことのない教師が自己紹介をしていた。

どれだけの月日を費やしたのだろう。これも一つの経験といえ、まともな日々へ繋がっているのかは不明だ。

寝る前にふと、親が死んだ時のことを考えた。片親がいなくなっただけでも大きな喪失となるはず。それでは生活が出来ないし、代わりに自分がやっていくことも考えられない。 

でも、それはいつかやってくる。必ずやってくると考えた方が良い。そうやって生きていかないといけない。

後は居場所に出さえすれば良い。それが出来たらノイローゼは癒されるかもしれない。腹も減るし無理もなくなる。失敗となってしまっても、反省によって大きな糧を得られる。とにかく何らかの挑戦をしないといけない。

 

政府が支援する若者の範囲を聞いた。それは四十歳までだそう。意外なその数字はたまに浮かんでくる。

あと二十年ほどある。モラトリアムの期間はそれ程あり、それだけの時間をかけて大人になっても良いのだろう。そのメッセージでもあるはず。

その数字による期待も生まれる。二十年もあればいくらか変わっていそうだ。これだけ人生のマニュアルは磨いてあるのだから、切っ掛けが湧いたらすぐに行動はできると思う。

でも、親はおおかた頼れなくなっている。それは明確だろう。自分は生まれるのが遅かった。元気に生きているのかもしれないけれど、自分が支えるべき関係になっているはず。

 

このままの生活を続ければ、このままの人生が続く。中年くらいの年までそうかもしれない。そうなった人たちの顛末は報じられだした。それと照らし合わせて考えた時、末恐ろしく感じた。

この生活は当たり前でなくなる。その明確な事実に覆われた。そうなった時に自分がどうなっているのか、全く自信がない。

年の始まりから深刻なことを考えた。でも、とにかく勉強をし、受動的な能動でも良いから動くしかない。そして必ず切っ掛けを掴むこと。その気持ちだけは絶対に絶やさずにいる。それに尽きる。

あなたの人生に幸あれ。そしてそれを僕に 分けてくれ。

 

また明日。

    

参考書籍: