欠乏の不定愁訴ブログ

日々の気付きと過程の記録

可能性の直観 情報と行動

今日も自宅に居る。午後の今は少し青空が見える。光が差すと鮮やかだ。

午前は曇っていたものの、光が強くて明るかった。気分も少し上向いたため、歩こうと思った。それが出来る朝食の摂取で、二日振りに歩いた。二日前と同じで、家の回りを一周する。およそ五分の行程。それでも帰りに差し掛かった際、もう少し歩いても良いかと思えた。

体力はまだまだだし、摂取ももう少し安定させたい。それはあるけれど、ここまで戻ったのは良かった。昨日は昼食と夕食が快く食べられ、今朝もよく食べられた。病的な食欲不振や満腹は、少し遠くなった。

 

ようやく安堵できるようになった。昨日の昼と夜は一膳を食べ、おかずや味噌汁も食べられた。ある程度は胃が伸縮したはず。継続して食べられたら、それなりに胃が大きくなる。それを昨日で迎えられたと思う。

今日の昼食はそこまで食欲がなかったものの、悪くなく食べられた。ご飯一膳とおかず、そして味噌汁も食べられる。一膳とおかずだけで満腹にはならなかった。

それは朝食で無理をしなかったことと、少し歩いたことで状態が和らいだからだろう。それに加え、早食いをすることがなかった。落ち着いてゆっくり食べられた。それがあり、早期膨満はあまりなかった。

運の要素もありつつ、これらの要素もあったと思う。朝食でよく食べた分、運動で刺激を加える。そしてゆっくりと食べる。胃はフラットであり、そこで食べられる最良の量を食べられた。

 

調子がそれなりに戻ったのは、無理をして食べることがなかったからだろう。不調の最中であっても、より食べて調子を戻そうとしなかった。それがあったため、そこから負債が清算された。それが昨日の朝だった。それによって腹が整い、昼から食べられるようになった。

まず食べすぎないことが大切。それがありつつ、最低でも無理の後に無理を重ねないことだ。それがあれば調子の鈍化は和らぐ。

そのケアが出来れば良い。いや、それが出来れば最初の無理もなくなるのだろう。すなわち無理を本質から回避なくすべき。

 

安全の満足を得るか、ノイローゼから脱却するか。胃の持久力を付けることと、安全より上の満足を得て、生活の満足を得れば良い。トラウマの再現率を下げること。

安全よりも上の満足は、やはり胃の持久力がないと満たせない。そのはずだろう。つまり、安全によって土台を作る必要がある。それがないと所属や愛は満たせない。

 

このまま理知のケアが続けば、ひとまずは最低限度の水準に達するはず。そうなれば暇も湧くだろう。元気はつらつにはなれなくとも、在宅で内的に費やしてばかりは嫌になる。そうなった時に迅速な行動をしたい。それが肝要なのだろう。

死にたくないということと、正の建設的な日々を得たいということ。まず前者に揺れやすいし、後者にも揺れやすい。いかに安心という情緒の安定をさせ、フラストレーションを溜めずにしていくか。

 

体重の壁も大きい。とにかく最低限度まで達したい。真の安全を得てこそ、体重による余裕が生まれる。そうなれば胃の持久力も付き、摂取も安定するだろう。そのような日々を確保したい。

ストレスに対する情緒反応が強すぎるのだろう。痩せや食事量について鋭敏になりすぎている。それが不安による無理、トラウマの再現を阻止しようとする動きに繋がる。

気楽な考えを持つことが出来た時、そこでようやく身体は楽になるのだろう。それが普通であり、無理をすることはなくなる。それが腹の状態を保ち、安定的に快く摂取できるのだろう。

次の診察でドクターと対話し、感覚的な情報を得ることだ。それに焦点を当てること。

用いるべきは事実を捉える機能。率先して感覚的な情報を得て、かつ現在に気付いていることを説明すること。それが主機能の用いすぎによる不均衡を整え、心身に資源を与える。

直観機能を指向していると、具体的な詳細はすぐに捨て去られる。それが過度になると、たった一つの事実から誤った推論をしてしまう。その不確かな内的心象により、心身の消耗や行動の抑制が強くなる。

今の自分は、「何が起こり得るか」という内省が強く、内側では心象に反応し、外側では社交不安が増大している。

死の可能性をとにかく直観し、人の心象も妄想している。それらは全て、内向直観の過度な使用によるものだ。事実を取得することが疎かになり、不確かな迷妄に縛られている。それが心身の消耗に繋がるのだろう。

 

ドクターと対話をし、徐々に外の世界へ出ていくこと。医学の知見を得て、人の心を確かに感じること。どちらも現実に基づく情報だ。生理の知識と正の感情。それらが内向直観の暴発を和らげ、心身の栄養にもなるのだろう。

適切な情報を得、行動をする。死への距離、確かな行動、正の感情。これらに使い慣れない機能を用いてこそ、人生の転換点を迎えられる。今はそれらに苦しめられても、後でそれが自分の才覚をもたらし、生きる上で有効な資源となるのだろう。

昨日と記していることは変わらない。やるべきことの解像度は上がった。とにかくそれを実践し、新たなカリキュラムを学ぶことだ。その先に楽の世界があり、豊かな別の人生が続くのだろう。

 

また明日。

 

参考書籍: