欠乏の機能性ブログ

日々の上腹部不定愁訴と気付き その思考

欲求と本性 自然の力

今日も晴れたり曇ったりしている。昼頃には小春日和のような感じがした。日差しが強く明るくて、青空からは命の躍動感を感じられた。ただ、それは屋内から眺めて思った。

今日は歩かない。何だか気が向かなかった。消耗はしていないものの、エネルギーを発散させる程でもない。直近の食事で低摂取はないものの、今日はただ気が向かなかった。これは良くない要素なのか。

夕べはよく食べられた方。その前の昼食もよく食べられ、それでいて負債はなかった。夕食をフラットな状態で迎えられる。

ご飯は一膳をしっかりと盛り、肉もいつもの量を食べ、味噌汁はそれなりにつまむ。いつも通りよく食べられた。これがこの頃の基本量だ。今の水準を維持する量。痩せることはない程度。計測では前日よりも増えていた。

 

務めてよく食べるよりも、腹を空かせた方が良い。それ以外の努力に意味はない。摂り方の工夫には限界がある。腹が明確に空かないと、胃も快く伸縮していかない。すると一膳を食べきるのでいっぱいになり、体重が増えることはない。ぎりぎりの最低限度で推移してしまう。

望みがあるとすれば、やはり無理をせずにいたい。余計な数口さえ食べなければ良い。食べられる量を事前に見極め、その量だけを食べること。

腹が空かない時は、意識的に腹八分になれば良い。そうすれば次の摂取は楽になる。そこからよく食べていけば良い。

そしてそこからも無理をしない。それなりに腹に溜まったと感じたら、そこで手を合わせれば良い。少しでも「これ以上食べたらきつくなるかも」と思った場合、そこでそれを摂ってはいけない。それは確実に負債となる。間もなく腹の底の気持ち悪さとなり、すんなり出ないげっぷへと果ててしまう。

完璧な摂取のケアが出来た時、理想的な最低限度まで達するのだろう。今の体重は真に最低限度だ。ここからもっと底上げしないといけない。今の生活であったとしても、その領域には達すると思う。

 

それなりに満腹になれたら、それだけで生理や安全の満足は満たされる。力もそれなりに満ちるし、不調コンプレックスは鎮静化される。すぐに生死に直結することはない。だから内向直観の暴走を抑え、神経の消耗を抑えないといけない。そうすれば、生理と安全の満足は阻害されない。

ただ、中途半端に元気が出るから厄介だ。そこで好調コンプレックスが湧いてしまう。豊かな日々や自尊心を渇望し、それを得るために無理をしてしまう。それが上述のケアを阻害する。だから右肩に推移しない。

 

どうにもコンプレックス、つまりトラウマの再現を回避しようと無意識に支配される。体調が悪くて嫌な思いをしたなら、何とかして身体を上向けないといけない。その絶対的な力がある。周囲の接し方から生まれた心象は、様々な概念から分析できる。

日をまたいでまた記している。午後の今は晴れていて、凍えるような感じはない。少し暖かい気もするし、カーテンは暖かな発色をしている。

午前に少し歩いた。そこまでエネルギーは満ちていなかったものの、意識的に歩こうと決めていた。それで家の周りを一周する。死にかけてはいないものの、やはり身体に強度はない。またそれから遠ざかった。ただ、内的には費やせている。

 

夕べはよく食べられなかった。いや、それよりも計測の事実が大きかった。夕食では最低限の量を食べたものの、その後の計測で数百グラム痩せていた。ここ何ヵ月かで一番の底を打った。その衝撃が強かった。

特に食べられなかった訳ではないのに、明確な痩せがあった。自覚としては多少あるものの、そこまでの深刻さはないと思っていた。

夕食とその前の昼食では、腹が空いていなかった。空きっ腹で迎えられたのに、腹が動かなかった。食べる前から雲行きの悪さが明確で、食べ進めると実際に悪かった。いつもの量を食べきるのが精一杯だった。

 

朝食や前日の調子は悪くなかったのに、たった数食で傾いてしまう。この余裕のなさが怖い。今は辛くないものの、少しでも無理をしていたら恐ろしい。これだから体重の余裕を渇望している。

今の摂取でまともにならないものか。去年の春頃には及ばすとも、一膳を食べられてはいる。空腹は遠くはなっているものの、明らかに食べられなくなることは少ない。

それを加味してもらえないのか。やはり空腹のもたらす満腹が必要か。それがあれば明確な差が生まれる。より軽く自然に食べられ、腹も格段に膨らむ。それが遠いのは確かであり、痛いところだ。

 

昨日は腹が空かなかった。その運の悪さはあった。今日はどうなるかだ。朝食と昼食は悪くなかった。だから夕食もフラットに迎えられるはず。

食欲の問題があるなかで、運動を少しずつした方が良いと思う。それは無理のない範囲ですべきだ。そう思った。意識的に歩くことは大切で、かつ無理をして歩かないことも大切。積極的に歩きつつも、歩きたい範囲で歩けば良い。

それが身体に薬となるはず。だから夕べに傾いたものの、 様子を見て今朝は歩いた。

昨日は床に就いた後、あまり眠気がこなかった。いつも早めに布団へ入り、そこで頭を回転させてダウンさせている。ギフティッドにある興奮性というのか、目を瞑っていても頭が回転するため、それを長時間させないと眠気がこない。それは一時間半前後はかかる。

昨日はその時間が経っても、あまり眠気がなかった。というよりも、頭はそれなりに疲れていたものの、身体にエネルギーが残っていたかもしれない。一日の疲弊がありつつ、どこかに費やしたいエネルギーがあった。それがどことなく消化不良を起こしていた。

 

たった今、その消化不良という言葉が出てきた。そこでユング心理学入門の一部分を思い出した。そこにはある神経症の記述がある。それを要約すれば、「喉が詰まるという発作は、"文字通り急激に起こった感情を呑み込みがたい"ということを示している」とあった。 

コンプレックスの発現や胃の不定愁訴は、エネルギーの消化不良があるから発生しているのか。

 

そしてもう一つ気になるところがある。フリードリッヒ・グロスという(エーリッヒ・フロムだと思われる)人物が紹介されていて、「彼は『自由への衝動』を強調し、これは『人間の本性の十分なる発展』に関与している」と記されていた。

そしてそれは、ユング自己実現の考えと類似している。「精神の健康は、個人の内的な自然な力と、そのひとの実際行動の間に統合性あるときに保たれ、この個人の本性が抑制され、自然の流れが表現不能となったときに、心の病が生じる」とフロムは考えたそう。

 

これはマズローの用いる言葉と重なる。本性は欲求に思え、自然の力が才能に思える。欲求を満たせる能力のある人がいて、その本性に覆いが生じた時、自然の状態から離れてしまう。それがノイローゼであり神経症なのだろう。

所属、愛、尊厳を得るための力や、才能の発展の阻害だ。その欲求や才能を満たすために、新たな人格を形成しないといけない。それが失敗に終わっている時、無意識のエネルギーが自我を狂わせる。 

 

生まれながらに才能を持ち、人生の序盤で劣勢な機能を開発しなくてはいけない人がいる。それ以外の大部分は、まず初めにペルソナを発展させ、劣勢な機能は後で向き合わうことになる。

その人たちとの違いは何だろう。なぜ才能がある場合、それを必ず発展させないといけないのか。今は少し混乱している。

話が大きく広がった。とにかく今までに考察した内容は変わらない。消化不良の原因が、前述したものである可能性はある。もうここまで来たらそうだろう。トラウマサバイバーによるノイローゼはこうだ。それらの病理は大体が見えてきた。

 

また明日。

 

引用元:

ユング心理学入門 24ページ

参考書籍: