欠乏の機能性ブログ

日々の上腹部不定愁訴と気付き その思考

間断ない発現 一時的な鎮静

午前は晴れ間が見えていたものの、今は曇っている。今日は少し暖かい気がする。もちろん寒いのだけれど、冷気に触れると程度が分かってくる。晴れた時はより暖かかった。

今日も午前に歩いた。家の周りを一周し、そこから派生して少し歩く。少し身体が楽になっている気がする。食事も摂れているし、歩いても辛くならなかった。気も遣れていて、理想的な状態にあるかもしれない。

夕べはよく食べられた方。胃の負債はなく、それでいて食欲や胃の動きもあった。一膳を食べるだけできつくならず、予定よりも食べられた。腹もよく膨らんでいた。

そして計測をすると、前日よりも増えていた。それは五百グラム近くだった。一日でそれほど脂肪は増減しないだろう。多少は痩せていたとしても、尿や便の量はある。あまり事実に気を揉まないでいたい。


今朝の調子も良かった。夕べに無理をしていなかったため、朝の胃もフラットだった。胸焼けやむかつきはあれど、胃の強度は失われていなかった。ほぼ最良の量を食べられる。

そして散歩へ出られる。その前にも読書をしていたけれど、それで消耗はしなかった。気分も悪くなかったし、いつもの嫌な感じがしない。歩いてもきつくなく、また内的に費やせた。


このままの状態で推移してほしい。どうなるのだろうか。ここからまたしても無理をしてしまうか。

より好調になれば、それに気を良くして調子に乗ってしまう。それなりに体力も満ちるため、有意義で刺激的な日々を得ようとしてしまう。現実的な選択はないため、身体をまた病的に頼ってしまう。

ここ何ヵ月かの循環がある気がする。時の運による一喜一憂の流れ。不調に見舞われて落ちることはあれど、大体はすぐに回復する。そしてそのうち力が満ちる。そのなかで無理をしたり、体調の不確定な変動が起こる。食べすぎて負債を抱えたり、食欲が湧かなかったりする。そうなると一膳を食べられなくなり、体重も落ちる。精神もかなりセンチメンタルになる。ただ、また次第に良くなっていく。


食欲に波があるのは仕方ない。それはノイローゼならそうだ。無理をしてしまうこともそうで、自我がトラウマを回避させられないため、コンプレックスが意識を支配してしまう。これも自然のことではある。

それでも、体重に余裕がないのが不安だ。もし余裕があれば、体重の変動はあっても良い。 何故ならただの時の運の流れであり、一喜一憂に流されていれば良いだけだ。

でも、もし少しでも病的に無理をしてしまえば、より身体は傾いてしまう。そうなればかなり消耗し、真に命の危険が近づくだろう。それが怖い。


今の食事で肥えることはないか。肥えるとなれば、食欲を満たして腹を膨らませないといけない。そうでないと十分な栄養は摂れない。そして太らない。その壁を超えない限り、余裕と繰り返しても意味がない。

今のこの状況で推移するだけか。去年の春に上向いたのは、意識的に身体を動かしたから。「身体は動けば動くほど楽になる」と信じ、春になってよく歩いていた。それしか思い付かない。

今も意識的に歩けばそうなるのか。いや、そう何ヵ月もなっていない。だからその怖さがある。


考えられるネックは、内向直観による推論の暴発だ。その捉え直しはしていて、そのネックは薄くなったかもしれない。闇雲に死を怖がるのではなく、理知的に現実や事実を知ること。そうすることで不調コンプレックスは和らぐはず。

そこから上向いていないのが気掛かりだ。ある程度は力が満ちるため、ネックとなるのは好調コンプレックスだ。今度はそれに支配される。在りたい日々を得ようと無理をしてしまう。それが間断を挟まず発現してしまい、胃を伸縮させるに至らなくなっている。


まず無理さえなくせれば、食欲は安定するはず。そう快く食べるための下地を整え、快く満腹になっていく。そうすれば自然によく食べられるようになる。

胃の持久力をつけるためには、ある程度の期間はよく食べられないといけない。胃の伸縮が途切れてしまえば、また一膳を食べるのがきつくなってしまう。だから好調コンプレックスさえ発現しなければ、次第によく食べられるようになる。


「体調が悪ければ自尊心が傷つく」という認識。それも内向直観による誤ったものか、何をしても拭えないものか。自立をして生きることにより、誰からも責められたくないというもの。過去に責められた体験はないものの、いま母親などに言われることはある。

この好調コンプレックスを解明する必要がある。何かの元体験があったのか、自我が抑圧する感情があるのか。それを見つけ、自我との折り合いをつけていきたい。

不調コンプレックスの鎮静化はあると思う。それが目立たないのは好調コンプレックスがすぐ湧くから。だからそれが和らいだ時、身体は上向いていくと思う。

それを捉え直すには、また再読をして認知を得ないといけない。


また明日。


参考書籍: