欠乏の不定愁訴ブログ

日々の気付きと過程の記録

不自由の原因 生活と習慣

今日は雪がぱらついている。外は白い粒が目立つものの、光は強く差している。白い空に小さな明るい円がある。雲は厚くないのだろう。気持ちは少し軽くなる。

午前に少し歩いたけれど、胃腸の感じが微妙だった。朝食は最良だったものの、便通が少し滞った。それで胃がむかついたし、歩く体力も少し減った。そして昼食は最良を食べられない。

また不定愁訴に足を取られた。自立のための体力は足りているのか。あるいは普通の人もこれくらい落ち込むのか。これは許容範囲なのか?内的に一時間は費やしたし、スクリーンも見れる。都会なら近くに外出できるのか?

夕べは最良を食べられなかった。その前の昼に失敗していた。ここ直近で珍しく食べすぎる。それも腹九分目を意識していたけれど、そこまでにいかないのが現在か。それなりに腹が空いていたため、よく食べようとしてしまった。実際によく食べられるからそうしてしまう。

食べた直後に違和感がしていて、それは確かなものだった。夕食は壊滅的ではなかったものの、最低限度を食べられない。そして計測では痩せてしまう。

 

これが自分だった。普通に腹を空かせ、普通によく食べられない。普通の体力がなく、自立自活が出来ない。

ただ、夕食では無理をしなかったため、今朝の胃に負債はなかった。それでよく食べられる。でも、便が出なくて胃も荒れてしまう。そして散歩にはつらつと出られない。

理知の問題と不確定なアクシデント。他責をしつつ、自責もある。改めて腹八分が万能薬だと悟る。それがいつまでも続けば肥える。ほんの些細な満腹が胃を止めてしまう。そうなる食欲のなさもあるし、無理をしてしまうコンプレックスもある。

 

トラウマの本を読んでいるものの、セルフフィードバックに繋がる認知はまだない。本質はコンプレックスや無意識に通ずるものの、自分は人格に関わる解離を起こしていない。ある場面で理知が乗っ取られるくらいだ。

人間関係のトラウマはありつつも、解っていることの他に何かあるのか。摂取におけるその構造は解っているものの、何か示唆があれば良い。役立つのは主に社交コンプレックスだと思う。派手な解離は起こしていない。

トラウマの本を読み、それなりに理解したつもりでいる。大体は噛み砕いたはずでも、それを簡潔にまとめるのは難しい。

ここ数日はそれを鍵アカウントに記していたものの、今日は出来なかった。一言でまとめられなかったし、それをするのに意味があるかと思った。短文で言いたいことはほとんどない。いや、最近では長文でもないのか。

他は散歩とスクリーンタイム。それしかない。読書とインターネット。それ以外だと音楽とテレビくらい。それは完全なる趣味。ただの一方的な娯楽の享受。そこから創造は生まれない。生まれるとすれば、やはり知識にまつわるものだろう。学習と経験、それと感情の表現。

 

過去の記事をリライトしているものの、それにも意味があるのかと思った。ここ何ヵ月か地道にしていたけれど、それに効果はあるのか?自分で参照することもないし、読み返したくならない。それが重大な欠陥だと思う。

ある程度の捉え直しが終われば、ストックをまとめて形にしたい。それを読んでもらえば、自分のことを詳しく知ってもらえる。そこまでいけば楽になりそう。後は好きに表現をすれば良い。その人の価値や特徴はそこにあるのだから、後は気楽に表現をすれば良い。積み重ねたストックはある。

 

体調は万全でなく、何かの創造もはかどらない。過去のストックとフロー。それを見てもらうことと、そのための選択。それらを進めたくあるのか分からなくなった。

インターネット上に何かを存在させ、それによって価値を生むこと。自分はそうやって生きていきたいのか?あるいはその刺激に耐えられるのか。稼ぎが生まれたら良いものの、純に創造をしている訳ではない。心理が複雑に葛藤している。

全てががんじがらめだ。創造に動機があるし、おまけにトラウマ的な束縛があるかもしれない。生活は面白くないし、不健康で自立が出来ない。何を積み重ねているのだろう。

健康や自立に近づいているのか、それとも創造の技能が身に付いているのか。それらが全く見えない。そして生活が有意義でないし、時間を空費してしまっていると感じる。

 

義務的に務めているのは病的なのか、それを早く解明したい。なぜ消化不良があるのか、なぜ社交に問題があるのか。それを解明している人はいるはず。その情報もあるだろう。だからそれを学びたい。今の不自由には必ず原因がある。諦めずに学ぶこと。

習慣の束縛は解明したい。それはノイローゼによる内部信号の消滅か、トラウマによる何かがあるのか。やはりとにかく欠乏を満たしてしまえば良いのか。

 

また明日。

 

参考書籍: