欠乏の機能性ブログ

日々の上腹部不定愁訴と気付き その思考

至高の理想 人生の始まり

今日も午後は曇っている。光は強く、白くてまばゆい。部屋は十分に明るくなっている。あまり寒くなく、雪も降っていない。路面の中央は乾いている。

よく食べられた昼食と、下した後の腹塩梅。腸はすっきりしても、上腹部に嫌な感じがする。昼はまたしても食べすぎたのか。スポーツドリンクを飲んで和らげたい。夕方に空腹になってくれたら良い。

夕べの計測ではまた痩せていた。夕食はよく食べられた気でいたのに、それに反して腹が膨らまなかった。本当はよく食べられていないのか、食欲の問題なのか。もう少し増えても良いけれど、やはり食べられていないのか。

ただ、ここ何日間は絶えず上向いているはず。体重が増えるならもう数日か。昼食の後には三時間で空腹になった。そこで少しの食欲も湧く。昨日は夕方にそれがあったから、日に日に改善されている。

夕食でも一膳とおかずをまともに食べる。体重が減らないだけ良いか。一膳で精一杯ならそれで済んで良い。一膳を余裕をもって食べないと、腹は快く膨らまない。それが分かれ道。やはりまだよく食べられていない。

 

いや、夕べは食べすぎていた。薄々は気付いていたものの、腹九分だと言い聞かせていた。でも、満腹ぎりぎりだった。食べる前から量が多いと思っていたものの、それを全て食べてしまう。かえって食べられてしまった。

消化は悪くなかったものの、今朝の胃はむかついていた。それでいつもより何口か食べられない。これが負債。一口の無理が倍になって返ってくる。嗚呼、これで調子は落としたくない。

それで先ほどの昼食も険しいところ。夕食はよく食べられるのか。食べられるなら胃の持久力は付いている。それがなければまだまだだ。

 

昼食は良い状態で迎えられ、軽く食べ進められていた。でも、やはり一膳を食べきる辺りできつくなる。それがいつもより遅くあったものの、やはりまだ病的な水準だ。一汁一菜にも達していない。認知が歪みがちなだけで、よく食べられてはいない。

ただ、最近の調子からすればよく食べられた。一膳も多めに盛ったし、おかずと味噌汁も食べられた。早期膨満もほぼない。やはり食前の状態が良ければ良い。

朝食を軽めにしたから食べられたか。いつもは食べすぎだったのか。この調子を維持できれば上向きそう。一膳をよく食べつつ、それ以外も食べられるようになること。

 

次第に変わっていくのだろうか?診察から一週が経っても上向いていない。胃薬で変わっていくのか、それに効果はないのか。また頓服の消化薬を常用する?それを踏まえて話すべきなのか。

あるいは抜本的に認知を見直すかだ。トラウマ関連の書籍を見ていると、自律神経にまつわる理論の書籍を見つけた。それに解決策があるかもしれない。社交の本を読もうかと思ったものの、そちらの方が先決ではないか。

トラウマ関連の書籍を確認したところ、気になるものがいくつかあった。トラウマケアは進んでいる。関連書籍は五冊近くほどある。また学びたいことが増えた。

ただ、それは学びたいものだけれど、知肉にしていくのは大変。丁寧にそれをするとすれば、かなり時間がかかる。他にも読みたいものがあるし、セルフフィードバックの物差しを作り終えたい。それは早くだ。難儀な道のりが続く。

 

人間の集中力は短いし、本を全て読み通しても知肉にならないことが多い。勉強して知恵を付けたいなら、じっくり思考しながら進めるしかない。文を読み通すことにエネルギーを割けば、それだけ思考が薄まる。

一日三十分を二回、同時に二冊の本を読んでみている。細切れにしょっちゅう触れること。それを毎日こつこつしていけば、塵も積もれば山となる。

去年からセルフフィードバックを本格化したため、まだ一年しかそれをしていない。何かを極めるには何年かは必要。まずはセルフフィードバックを極めていく。そうすれば何か形になるだろう。

 

一日の大半を内的に費やしているけれど、それも仕方ないのではないか。今は下積みの期間。独創的に自活をするには何もないし、もっと学んで修練しないといけない。二十歳の人間に何が出来るのか。知力で勝負をするのなら、歳を重ねた方が有利だ。

読書、インターネット、表現。これらを繰り返している。散歩はするものの、店などに行くことはない。家事もしていない。これで良いと思いつつも、それに片寄るとバランスが乱れる。これだと生きている実感が湧かない。それはある。

家で軽食作りしか出来ない限度はあれど、もっと豊かに生きたい。やはり外向する時間が必要だ。それが健康をもたらし、満足にもなる。外向して病を癒しつつ、学びを深めていく。社会との繋がりがありつつ、病を癒す本分に務め、学び続けていく。

 

これが至高の理想だ。それがあれば三方良し。免罪符、健康、自活と自立。これを積み上げていける日々であれば、有意義で建設的だろう。人生が始まり、豊かに生きられる。

一昨年の今頃は何も学んでおらず、少し後にアーロン博士の書籍を取り寄せた。その何ヵ月か後にブログを開設し、また何ヵ月か後にセルフフィードバックを本格化した。まともに積み上がり始めたのは去年の今頃から。よくここまで進歩したと思う。

どんどんセルフフィードバックを進化させ、このブログを充実させる。いつかまとまった完成になると思う。そこからも絶えず学んでいく。歳を重ねるほど知識体系が大きくなるはず。その時は意見やコンテンツも充実しているだろう。

タイミングが絶妙に噛み合っている気もする。改めてこの時代に生まれて良かった。もっと遅く生まれたかったけれど、あまり変わらないか。教育も医療も簡単には変わらないだろう。福祉も経済もだ。もう世の中は革新的で、既に恩恵は得られる。

 

また明日。

 

参考書籍: