欠乏の不定愁訴ブログ

日々の気付きと過程の記録

神経学的な病理 それなりの前提

今日は強く日が差している。晴れたり曇ったりの日和だ。雪は多く積もっていない。午前に歩いた時は快晴だったため、かなり気分が良くなった。晴れるだけで身体に効いていく。定期的に青空が見えていれば良い。

夕べはよく食べられた。実は昼食で食べすぎていたものの、頓服を飲むとすぐに良くなった。諦めの気持ちによって早くに飲めた。そして件のエクササイズをまたしたところ、かなり強く空腹感を感じられた。幸運だった。

エクササイズによってよく食べられているはず。夕食では負債を感じなかった。そして計測では微増していた。またフラットになった思う。ここから右肩で上向けば良いけれど、やはりそうはいかないのか。

 

朝食は以前の最良量に近く食べられた。最近ではそこまで達していなかった。内的に費やしても問題はなく、散歩を十五分くらいする。消耗はなく、また読書が出来た。

そしてまた空腹感を感じ、早期膨満がなく食べられた。よく食べてもまだ余裕があったと思う。かなり調子が良いのかもしれない。

ただ、その矢先に腹を下した。消耗はしていないけれど、盛大だった。今の上腹部は微妙な感じだ。すぐに引いていくと思うけれど、便の分が痩せたと思ってしまう。夕食と計測がどうなるかだ。

ポリヴェーガル理論にまつわるセラピーの書籍を読み進めている。かなり知的な刺激となっているため、あるブログを覗くのは停止中だ。他に同時並行で読んではいない。

その書籍にある基本エクササイズを毎日してみている。それで調子が良いような気もする。無理はしているけれど、食欲が湧かないことはないか。

腹式呼吸も始めてみた。夕べは怒りの夢を見たものの、歯ぎしりはなかった気がする。眠りもスムーズだったはずだ。計測では微増していたし、結果が付いてくるならそろそろか。

 

休息を司る腹側迷走神経系には、いくつかの神経枝があるそう。喉の奥には咽頭枝と呼ばれるものがあり、その機能が働いているかを見れば、他の腹側迷走神経系の神経枝の機能についても予測できるそう。腹側迷走神経系は肺や心臓に繋がり、顔の動きに関係するそう。呼吸や脈拍、社交に関わっている。

それを見るテストをしてみたところ、特に問題はなかった。それには問題がないようだ。ただ、胃腸には明確な問題がある。では何故なのだろう。逆に問題があった方が合点がいく。

 

どうやら胃腸に関係するのは背側迷走神経系らしい。つまり凍りつきにまつわるもの。それを司るのがその神経だ。

ただ、凍りつきについてはあまり合点がいかない。前回も記したように、引きこもることによって交感神経系の逃走反応が起こり、それによって消化が後回しになっているのだと思う。

トラウマや過度な疲労によって凍りついたのか否か。慢性疲労状態でもないし、それには重なるものがない。

過去の捉え直しからすれば、やはりエネルギーの消化不良を解決し、所属や交遊などで生存確率を上げるしかないと思う。そのための前提はある程度ある。体調を整え、社交不安を和らげさえすれば良い。

 

他にも腹側迷走神経系の機能を見るテストの原理がある。それは脈拍と血圧についてで、それらは呼気時よりも吸気時に早く、強くなるという観察に基づくそう。腹側迷走神経系が良好に働いていれば、この呼吸と脈拍の関係が観察できるそう。

自分は変わっている気もするし、変わっていない気もする。横になって脱力すればそうなると思う。座った状態では特に変わっていない。呼気中や吸気中に脈拍が大きく異なれば、心身がより強健で健康なのだそう。

 

腹側迷走神経が優位なのか、それとも背側迷走神経が優位だから胃腸に問題があるのか。そして交感神経系の逃走反応の可能性もある。果たして何が原因なのか。

これらを理解するには時間が必要か。病的に無理をする原因は解っていても、生物学・神経学的な病理はよく解っていない。この辺りをもっと考えていきたい。

勉強をして考えるのは良いけれど、ある程度の方向は定まっている。そして行動の指針もある。だから今すぐにでも行動すれば良い。失敗したらまたこもって学べば良いし、元気になれば好きな勉強や創造が出来る。だからまず行動をしたい。

セルフフィードバックの種がなくなるかもしれないけれど、健康になれたら御の字だ。それ以外にほしいものはない。公的な暇も認められるだろうし、そこで立場は守られ、好きにイン・アウトプットが出来る。その方が幸せだろう。

セルフフィードバックは自活の種にならなそう。問題解決や情報提供にもならないし、ファンに影響を与えるのも難しそう。だからもう諦めてしまい、交遊と勉強に費やせば良いのではないか。

 

務めて勉強をし、務めて創造をする。楽しくもなく、苦しさや束縛になっている。ファンに課金してもらえるのか、情報提供によって問題解決と購買に繋げられるのか。これも試してみれば良いけれど、どうにも二の足を踏む。

色々となにも定まっていない。これを下積みと言えば良いのか。時間の浪費にしか思えない。

いや、諦めさえしなければ良いか。すると成功のための回り道のなるのだろう。何かの資源になるかもしれないし、失敗は有益な気付きとなる。意地でも成功を手繰れば良い。

 

また明日。

 

参考書籍: