欠乏の機能性ブログ

日々の上腹部不定愁訴と気付き その思考

社会交流の状態 身体の余裕

今日は晴れたり曇ったりしている。夕べはそこまで積もっておらず、今日も散歩へ出られた。雪かきをしている人は少なかった。

散歩は十五分と少しだった。以前の散歩コースを久し振りに歩く。帰宅しても消耗はなく、身体に良いアクセントになったと思う。ほんの少し脂肪が増えた気もする。

昨日は昼食後に腹を下したものの、小一時間で楽になった。そこで気が向いたため、自然と間食を摂っていた。これは最近ではないことだった。

そこでも無理をせずに済んだため、夕食に負債を持ち込まなかった。夕食も変わらず食べられ、計測ではまた微増していた。珍しく予想に沿っていて、良い感触が増えてきている。

本当に上向きそう。やはり件のエクササイズが効いているのか。腹式呼吸もしてみている。食欲も落ちておらず、早期膨満もない気がする。あるのは食べすぎるくらいか。取りあえず数キログラム増えれば良い。

 

今朝の胃の状態は良かったものの、そこでかえって食べすぎてしまったか。これを踏まえて上述のように記した。どうにも調子が良かっただけにだ。

無理のない範囲だったと思うけれど、よく食べたいと思ってしまっていた。それでちょうど満腹になったと思う。やはり腹九分でないといけない。胃は普通の人のようには働かない。

昼食は昨日に比べると食べられなかったか。調子が一度でも良くなると、調子に乗ろうとしてしまう。例えば前日の摂取量が浮かび、それを下回らないように務めてしまう。

簡単に右肩では上向かない。いや、今朝にちょうど良く食べられていたら、昨日よりも食べられていたのか。その可能性はありそう。ここで頓服の消化酵素を常用していれば、問題にならずに済んだかもしれない。

変わらずポリヴェーガル理論にまつわるセラピーの書籍を読んでいる。認識を深めようとしている。半分近くまで読み進めた。読解するのとは別で、この書籍は文字を追うのが楽だ。解離の書籍は重厚だった。

 

もし社交的に交流していないと、悪条件に直面した際、多くの否定的な身体感情を体験する可能性があるそう。その一つに交感神経系の闘争と逃走反応がある。

そして背側迷走神経系が活性化すれば、血液は身体周辺から撤退し、中心に集まる。基本的な内臓機能を最小レベルに維持し、胸部や腹部に引っ込む。

哺乳類が冬眠する際は、ある程度の背側迷走神経系の関与があるそう。それは爬虫類のシャットダウンよりもスローダウンに近い。温血動物の場合、最小限の酸素摂取と体温維持をする必要があるため、脳の機能を維持し、低体温の影響を受けないよう、わずかしか体温を下げない。

 

この代謝の話は示唆が多い。交感神経系の逃走反応によって四肢は冷え、心拍は早くなり、肝臓は蓄えた糖分を血中へ放出する。特に消化にまつわる臓器の働きは、遅くなるか停止する。

背側迷走神経系が活性化すれば、相反する症状はあれど、内臓機能の最小レベルを維持しようと、酸素と栄養が満たされた血液は腹部や胸部に引っ込む。

これが不調の原因かもしれない。交感神経系の活性化もあり、背側迷走神経系の活性化もある。それらが併存するかは解らないものの、個人的に照らし合わせれば合点がいく。

内臓は最低限しか働かなくて、脂肪が付くことはない。背側迷走神経系からすればそうなり、交感神経系からすれば血流は四肢に渡っていく。だから消化吸収がはかどらない。そう生理的に変わってしまう。肥えることもない。

 

そう考えれば、現況で体重を上向かせるのは無理がある。交感神経系と背側迷走神経系が優位なのだから、胃が潤うことはない。

やはり人と交流しないと始まらない。それだけの解決策を採れば良い。でも、なかなか叶わない。ただ、やはり余裕がほしい。命の危険はなくとも、ある程度の余裕は必要。それを求めるのが今の日々。

親に自立を煽られる部分と、主体的に自立をして満足したい部分がある。今は不調コンプレックスは弱い。体重は壊滅的でも、まだ危機的な状況ではない。

そこで頭をもたげるのは好調コンプレックス。自立をして自尊心を保ち、豊かで満足のある生活を送りたい心理。それが阻まれると無理をしてしまう。

 

真に最低限度の体重であっても、自立は可能かもしれない。就労しなくても良いならばだ。何もしなくても辛いのでなければ、技術を頼って外出できる。そうやって自立していけば良い。

体調コンプレックスが湧くのは、死にたくない時、親に干渉されたくない時、自立したい時だ。今の体重さえあれば良いのか?

 

自立が出来ないのは、この不便な田舎町に住んでいるから。でも、自分が望んで住んでいる訳ではない。親が決めたことだ。

自身が車を運転できるようになり、その時にこの町に住もうとした。それに付き合わされた自分に責めがあるのか。それを背負って身体に鞭を打つのは可哀想だ。その必要はあるのか。

とにかく社交の下準備をするしかない。エクササイズをし、腹側迷走神経系の機能を改善させること。そうやって社会交流の状態に戻す。個人的にはそれが体力の底上げとなる。

そのエクササイズによる効果はよく強調されている。自分は基本的なエクササイズをするだけで良いか。その効果が表れている気がするし、そうではない気もする。どうなっているのか。死神が不意に表れるような状態を脱したい。

 

また明日。

 

参考書籍: