欠乏の機能性ブログ

日々の上腹部不定愁訴と気付き その思考

安全の合図 必要な共働調整

今日は曇っている。午前は風が強く、雲は筋状になっていた。今は雲ってどんよりとしている。雨や雪ならそれで風情があるものの、雲行きが怪しいと不穏な感じがする。うつ状態にもなりきれない。

昨日の昼食と夕食はよく食べられた。昼食では食欲があり、間食も食べられる。夕食もフラットに迎えられ、いつも通り食べられた。

ただ、もう何口かは食べたかったところ。腹の膨らみもいまいちではあった。それを計測前に感じていて、体重もわずか百グラム減っていた。

頓服の効果に限界があるのかもしれない。ここ直近では昼と夕に飲んでいる。それで五百グラム増量したものの、そこで止まってしまった。

それとも毎食後に常用すれば、それだけで変わっていくのか。望みはそれと基本エクササイズ。五百グラム増えるのならば、後は勢いに乗れば良いのではないか。そうはいかないものか。

 

それでも、もう体重を維持しようとしなくて済む。直近では理知が薄く、頓服の力に頼っていた。無理と頓服の効果が相殺があった。

体重が増えないのはそれはそれで楽だ。無理をしても成果はない。ここから自然なペースで摂っていける。胃に力はついているはずだから、腹九部でも上向いていくはず。次の診察では少し上向いたと伝えられそう。

 

今日の朝食と昼食はよく食べられる。夕べは無理がなかったため、寝る時には空腹になっていた。やはりそのくらいが良い。周期的に理知は取り戻される。

今朝の胃はフラットだった。そして余裕をもって朝食を食べられる。胃の力は徐々に上がっているはず。昼食でも腹八分で収められた。そのお陰で間食をすぐに食べられる。やはりこれくらいが良い。

ポリヴェーガル理論の書籍が届く。副題は「心身に変革を起こす安全と絆」。安全であるということは、単に脅威を取り去るだけではないそう。

環境中や他者と交わされる健康、愛、信頼を感じることを促進する独特の合図が必要とのこと。それが防衛回路を積極的に抑制する。身体が安全を感じるかだ。あるブログにも身体とトラウマの関係が記されていた。身体はトラウマを記憶する。

 

安全は理知が評価するのではなく、その叡知は身体にある。そしてそれは、意識の届かない神経系の構造によって機能する。それをニューロセプションという。

これは解離の書籍にも引かれていた。そこにもこの書籍の叡知が含まれていたか。哺乳類は同種の生物のうち、どれが安全で触れて良いかを同定する神経が発達した。それは生物学的に安全が必要だったからだそう。

孤立はトラウマ的な出来事であり、健康を著しく損なう。適切な社会行動をとるには、安全な環境と、安全な同種の生物を同定する能力が必要になる。

生殖や睡眠、消化を含む機能を果たすのにも安全が必要。そのため哺乳類は、社会的行動の表現と感情の制御を必要とするようになった。

 

身体の諸器官と脳は、自律神経を制御している迷走神経やその他の神経を通し、双方向に情報を提供している。これがあるブログに記されていたこと。

哺乳類は安全であることを発信しあい、共働調整することが出来る神経系を獲得した。危険な環境では、こうした神経回路は使用不可能になる。

社会交流のシステムは、顔と頭の横紋筋を制御する神経回路の総称だそう。それが一連の変化を引き起こすための情報の入り口となる。

特に見ることと聴くことが重要な行為となるそう。双方ともに安全であり、信頼できるという社会交流的合図を送り合う必要がある。

社会交流を構成する表情、発声などを制御する神経系は、心臓を落ち着かせたり、防衛反応を抑制する自律神経系へと発展した。つまり身体の状態と表情や発生が結び付いた。それは生き残りを助けたからだろう。

それによって社会交流の合図を見極める能力が発達した。自らが落ち着いた生理学的状態であれば、相手に安全だと合図を伝えられる。これが重要な点だ。ここで件のエクササイズをすれば良い。それは社会交流をするための前提を整える。

 

改めて通りでストレス反応がある訳だ。実家で衣食住は確保されていても、それだけで安全が得られてはいない。社会交流をして合図を交わさない限り、身体が安全を感じることはない。

ここで浮かぶのがマズローの欲求階層だ。安全には生理的安全と社会的安全があると思う。身体の恒常性を保つことが必要で、社会的な生物としても安全が必要。それが病気の悪化を防ぎ、治癒をもたらす。

件のエクササイズで生理学的な状態を落ち着かせ、安全であるという合図を送りあう。互いに共働調整しあうことは、人間にとって必要不可欠だ。信頼に満ちた社会関係を築くことにのみ、安全を感じることが出来る。

その繋がりは、ペットとも感じられるそう。これも解離の書籍に記されていた。他の哺乳類となら社会交流が出来る。

 

交感神経は可動化を促し、体内の血液量を増加させるそう。それには恐れを伴うものと、伴わないものがある。闘争・逃走と、じゃれあいやスポーツマンシップなど。

抗うつ薬はこの恐れのない可動化をもたらそうとする。確かに効果の理屈は通っているようだけれど、社会交流にまで持ち上げられはしないそう。

 

やはり頓服とエクササイズだけでは限界があるのか。体重が最高の水準だった時は、図書館学級で社会交流があったと思う。それより前は覚えていない。

理想は頓服を常用することで基礎的な体力を得ること。それで胃の持久力を底上げできるなら、そのまま天井を突破できそうだ。春頃はそれで三kg以上も体重があった。

取りあえずその頓服を常用することか。そうしない内に考えても仕方ない。それで上向かなければそこで考えれば良い。でも、望みはそれくらいしかない。

 

基礎的な体力には五kg以上ほしい。いや、それは基礎的な体重であって、去年の春頃は三kg増えた水準だった。そこまで達すればそれなりの体力になる。十分な社交の原資になるだろう。それだけでも良い。まずはそこが目標だ。

次の診察は二日後。体重は先月より五百グラム増えている。散歩もほぼ毎日しているし、歩く距離も伸びた。それを説明するのに頓服を出せば良い。そこからそれの常用と抗うつ薬の断薬を提案する。

先月から認知がかなり得られているから、ここ最近のエントリーも確認しておこう。ポリヴェーガル理論とそのセラピーの認知。

 

また明日。

 

参考書籍: