欠乏の不定愁訴ブログ

日々の気付きと過程の記録

解決の足跡 存続と未来

今日は午前の半ばから雨が降っている。いつも早くに散歩へ出るため、ちょうど降るまでに間に合った。

インターネットで雨雲の予報を見ていて、実際に予報通りに降りだした。雨が降ると季節が進むのだったか。それは秋から冬の話か。よく分からない。

昨日の昼食では無理をしてしまったものの、その後に間食でも無理をすることはなかった。それは良かったと思う。それで夕食への影響は少なく済んだ。

夕食はよく食べられた方。ぎりぎり満腹の手前といった感じ。ここが許容範囲になったら有難い。体重は微増していた。触っても脂肪が確認できた。

寝るまでに間食は摂れなさそうに感じたものの、案外すぐに楽になった。やはり程よい満腹ならこうなるか。いつもは満腹を感じた後にも食べている。それさえなければフラットな胃が続く。

 

明けて朝食と昼食はよく食べられた。どちらも無理はないと思う。昼食後の今は間食を摂れた。間食でも定量を食べていない。満腹や無理の手前で止められた。

それくらいの気楽さを意識していた。それで良いだろう。消化力や代謝は決まっている。無理をしても意味はない。現に体力は落ちていないし、それで体重が維持されるのなら問題ない。

今晩の計測がどうなるかだ。無理をしないとどうなるか。変わらないのならそれで良く、増えるのならば万々歳。そこで好調コンプレックスを潜在させたいけれど、いま考えることではない。

昨日のブログに記したけれど、今の境遇には意味があるのだろう。神経生理学的に見れば、それは交感神経系や背側迷走神経系の活性化による、言わば冬眠に近い状態だ。ストレス反応と代謝の変化がもたらされている。

その変化は環境に誘引されたもの。よって自尊心とは全く関係がない。だから無理をする必要はない。無理をする方が逆効果で、かえって体調が悪くなるだろう。

奇しくも自尊心コンプレックスと捉え直していて、それは理知的に矯正したいところ。健康から逸脱しているということは、それが生存を助けているのだ。それを理知が理解すること。それだけでも効果があるようだ。

 

十分な体重と体力が得られないのは許容しがたい。でも、それによって公的・個人的な暇と扶助は得られている。これも生存を助けるもの。

そして勉強や内的な時間を設けられる。これが未来の存続にも関わっている。だからとても有意義なのだ。そう思える。無理をして活動することもない。今は今の仕事をすれば良い。未来は相補相互的に繋がっている。

 

食事についても理解やナラティブ(物語り)を変えたい。食欲や消化量が極端にない訳ではなく、病的に無理をすることも減った。あるのは好調コンプレックスのみ。

最低限の摂取だけであっても、死の際に立たされることはない。それで生活の体力は賄える。だから無理さえしなければ良い。その認識でいたい。

好調コンプレックスが湧くのは自尊心が満たせないから。でも、自尊心が下がっているのは環境のせい。それを満たせないのは仕方ない。

ただ、だからといって全てが無惨ではない。この今は生き延びるのに必要。やはり人生の下積みをしている。在るべき未来に成りに辿るため、人生の時間を回収すること。

 

過去の自分に面会できるとすれば、今の自分は何を言うか。それをふと考えたら、特に言いたいことはなかった。「そのままで良い」と言う。言うとすれば、「その時は辛いだろうけれど、ただ耐えてくれ」とだけ言う。

その経験の意味は未来で作る。未来の自分が意味を持たせる。未来によって求められた出来事は、未来の自分によって納得するだろう。人生は奇妙なバランスがあって、それは一本の道の上を通る。

 

ポリヴェーガル理論に基づくセラピーの書籍には、サバイバルをしている野生動物の話が引かれていた。

チーターは最速の脚力があるものの、燃費が悪く、柔軟な旋回力がない。草食動物に脚力はないものの、小回りの利く旋回力がある。

後者はそれを活かして逃げれば良い。全力で追ってくるチーターをかわす方法はある。それぞれに持ち物があり、それぞれの物を用いれば良い。人間もそうで、そうすれば十分に幸せになるだろう。

何事も無い物ねだりに思える。それぞれに何かはある。差が現れるのは知恵の有無だ。勝負があるとすれば、それを身に付ける自己の過程にある。

発信やビジネスについて考えたことを記す。自分の時間や未来、代替可能スキルを売るのではなく、別の物を売る。何らかの商品や価値のこと。それらの仕組みを拡大していく。

発信によって娯楽を生む人もいるだろう。そのアクセスによって広告を貼ったり、グッズを作ってファンに課金してもらったりする。

他にも人の役に立つ発信がある。ノウハウを持っている人は、自分の成長の足跡をまとめる。そしてかつての似たような境遇の人に再現させる。そのためのメモや法則を売る。

あるいは販促をし、人を集めて物を売ることもある。これも人の役に立つもので、情報をまとめることに価値がある。

 

この中に自分が出来ることはあるだろうか。娯楽を生むか、人の役に立つか。ビジネスならやることは定まるだろうけれど、もっと創造的なことをしたい。自活を迫られることはないし、その環境を活かしたい。

昨日に記したことから考えれば、好きなことやしたいことを中心にするよりも、簡単に出来て役に立つことをすれば良い。人の粗を見つけられたり、人に驚嘆されるような継続していること。それらを中心にしていく。

 

そこで浮かんだのが一つ。まずは"いま抱えている問題を解決する"ということ。それに専念すれば良いと思う。そういった成長をするだけで価値になるはず。

それにより、同じような悩みを持つ人を助けられる。これも大切なスキルではないか。それをメモとして発信し、インターネット上に存在させる。すると、それが誰かの役に立ったりする。その感謝として対価をもらえるかもしれない。

これは影響力のある人に共通するのではないか。それは勉強しないと叶わない。一人で作業が出来る環境を整え、黙々と勉強していく。そうやって抱えている人生の問題を解決し、インターネットテクノロジーを駆使して発信していく。

 

人の役に立つ発信はそれがあると思う。ある人の成長は、今その悩みを消えている人の解決に繋がる。その足跡を追ってもらえば良い。

どこに価値が眠っているか分からない。普通の人は劣勢なのかもしれないけれど、普通の人が世の中の大半。だからその人の成長は、大勢の問題解決にも繋がる。

 

誰からも救われなかったのであれば、自分が自分を救わないといけない。自分で自分を救うものを作る。自分がほしいものを作らないといけない。

そして次は誰かを救わないといけない。役に立った書籍があるのなら、それを順に置いていけば良い。問題を抱えた人がそれを見れば、唯一の道のりを手に入れられる。どんな環境の何が役に立つかは分からない。

あなたには何かがある。何もなければ死んでいた。でも、今もこうやって生き延びている。だから何かがある。それを見つけるしかない。あなたはライオンなのか、草食動物なのか。どちらだろう。人と比べても仕方ない。勝負は自己の中にある。

一日にほとんど変化はないものの、何かが動いているだろう。今の生活と思考、状態には意味がある。派手に進展がなくても良い。時が来ればその時は来る。それを掴む用意はある。

 

また明日。

 

参考文献: