HSP/INFJセルフフィードバック

日々の気付きと過程の記録

自活と技能と健康 才覚の発見

今日は曇っている。昨日の雨は夜まで降っていたものの、今朝になると止んでいた。午前の早い時間に散歩に出る。いつものコースを歩こうかと思ったけれど、そこまで力は満ちていなかった。曇りもあって気分も乗っていない。

そんな時は無理をしなくても良いと思った。直近の生理学的状態と自尊心の捉え直しが浮かんだ。歩くことで調子が変わることはない。それは気が向いたらで良いはず。今は冬眠をしているようなもの。

勉強の体力さえあれば良い。それがあれば外出も出来る。移動の足はサービスを利用すれば良い。部屋の中でも苦しくなるのが問題。そうならないのなら、無理をする必要はない。悪しき習慣の束縛だ。

夕べは微妙に食べられなかった。食欲が強くなく、早期満腹も少しあった。腹に溜まったのなら箸を置けば良いけれど、それがどうしても出来ない。

ひたすら感覚を殺して食べてしまう。いつもきつい腹を抱えて振り返る。いつもより食べられないのが嫌で、とにかく痩せたくない。それがとにかく怖い。

頓服の効果がなくなったよう。またも通院後のブーストがない。明らかに調子が変わらないと肥えていかない。何の胃の感覚もなく摂取が出来ること。それくらいでないと変化はない。

ノイローゼ下であってもそんな時はあった。でも、そう調子が変わることはないのか。体力さえ落ちなければ良いけれど、身体に余裕はない。それはあって困るものでないし、それどころかないと困る。摂取が低調なのか、代謝の問題なのか。

 

明けて朝食と昼食はよく食べられる。どちらも無理はなかったはず。食欲はそれなりにあり、最低限は食べられた。そこまで悪くはない。ただ、それは体重維持が可能になる程度か。

一時的には状態が上向く。だから、後は無理さえしなければ良い。満腹が無理にならなければ良いけれど、消化酵素の力は弱くなっているか。

よく食べられるのだから、そこでその助力があれば良い。それは腹九分でないといけないのか。理想は消化酵素に頼りたいけれど、やはりそれにも限界があるか。徐々に変わっていけば良い。

今日は特に記したいことがない。セルフフィードバックもなく、日常のイベントもない。思考して得たアイデアもない。そう思うと、このフローの更新も手放してみたい。誰も読んでいないため、価値の創造や発見に繋がらない。好きなことや出来ることでもない。

発信するなら受信してもらわないといけない。そうならないと価値にならない。そのための努力が必要か。手探りにもなっていない。それなのに欠かさず記すべき思ってしまう。何の成果にも繋がっていないのに、やり続けないといけない束縛。

「日々の全てはアウトプットのために費やすべきで、それ以外のことは全て無駄。何事も全てを昇華させないといけない」と、そんな風に思ってしまうため、習慣を越えるのが堪らなくなる、創造が崩れると思うものの、特にそれに価値はついていない。それなのに努めて励んでしまう。

 

今日の午前は少し読書や思考した後、色々と手続きをしていた。オンラインでの手続き。それに手こずっていると、ちょっとしたかんしゃくが起こりそうになった。

貴重な時間を無駄にしていて、後で創造に回収できそうにない。それが堪らなくあった。でも、それはたった一時間を読書と思考に費やせないだけ。いつも通りに生活が出来ないだけだ。それに堪らなくなる。嗚呼、あるラベルの臨床的グレーな診断が下りそうだ。何故こうなるのか。

習慣化が付いて回る気質なのだろうか。『八つの気質』という書籍があったはず。その一部と頑固たる欠乏の代償か。お金さえ稼げるようになるか、あるいは公的な扶助と暇を与えられるか。そのどれかで身を固めないといけない。

そうなれば、後は気楽に日常を営める。好きにイン・アウトプットが出来る。外部からの束縛がなくなれば、その状態でし続けられることを見つければ良い。

それで誰かの役に立つこと。自分が簡単に続けていることで、何かの才覚が身に付いている可能性がある。それは人の面倒や問題を解決するかもしれない。

 

自分はやはり、勉強によって得た知見が膨らんでいるはず。他の人は簡単に真似できないかもしれない。でも、自分は楽に続けられる。半分は辛いけれど、そうする意義を強く感じられる。だから毎日のように続けている。

自分が簡単に出来ることは、人にとって簡単でないことがある。集積した才覚をどこかで役立たせる。知見や意見をまとめること、順番に書籍を紹介すること。成長の足跡を辿らせてあげれば良い。

 

そのために発信をする。そうすれば楽しめる気がする。それが足りていないのだと思う。楽しく楽に続けること。そのための試行錯誤が足りていない。そこに暇と扶助があればなお良し。

問題はもうひとつあって、あまり大々的に発信はしたくないということ。親類縁者に見られることを想定していないため、いつか難しくなるかもしれない。内容にセンチメンタルな独白が多すぎた。それが評価されても打ち明けられないはず。

発信と擬似的な束縛。理想の究極形は、まず公的な立場を確保し、才覚を見つけて仕事を創る。自分が簡単に出来ることで役に立つ。

これが叶えば、仕事と私生活を分ける必要がなくなる。日常は遊びに費やせ、それを仕事に昇華させられる。これは幸福なことだろう。

これで習慣や無理がなくなれば良い。そして誰かと愛着を築くこと。それによって健康になり、自立をする。そうなればもう完璧だ。自立と自活は完成し、生活の健康と満足も得られている。

 

仕事と健康のための下積み。技能の獲得と人生観の確立。技能は健康を得ることと重なり、積み上がっている。

人生の序盤とすれば、十分に有意義なのかもしれない。いつか幸せになり、それを羨ましがられたらそうなるか。どうなるだろう。

 

また明日。

 

参考文献: