HSP/INFJセルフフィードバック

日々の気付きと過程の記録

不自由の程度 ラベルと通念

今日は曇っている。曇ってはいるけれど、不穏な雰囲気は感じない。雨が降り出しそうな感じもせず、光は強く差している。これだけでも精神的に助かる。

午前に散歩へ出掛ける。内的に費やしてもあまりきつくならなかった。きつくなる時というのは、恐らく体力の低下があるのではなく、詰め込みすぎがいけないのだろう。

体力のなさで詰め込みの影響を受けるかもしれないけれど、誰でも頭は疲れるはず。頭も臓器だし、一度に疾走するとばててしまう。新鮮な状態でないとはかどらないのだから、何事もこまめにつまむのが良い。胃袋という臓器もか。

 

散歩では図書館を一周する。ここ最近は摂取が微妙だったものの、特にその問題はなかったか。帰宅しても消耗しておらず、読書なりに費やせる。

これで最低限の体力はあるはず。ここから余剰のエネルギーが生まれないものか。去年の春頃はもっと歩いていたものの、かなり差がある訳でもない。もう一キログラムは増えても良い。そうならないと話が始まらない。

経済的な困窮は何とかなるはず。現実的な壁はあっても、社会的な解決策は用意されてある。だから解決は簡単だという人もある。問題があるのは自立について。身体を持ち運ぶ必要は出てくるから、そのためにもっと底上げをしたい。

昨日の昼食と夕食はそれなりに食べられる。でも、また最低限しか食べられなかったか。直近では変わらずこの調子だ。よく食べられないけれど、駄目駄目でもない。

ただ、前回の診察前からは調子が落ちている。その時はよく食べられていて、かなり腹が膨らんでいた。それについては思い出せる。特に生活が変わっている訳でもない。ここから変動していくのか。

 

今朝は少し寝坊をしたため、朝食は最良量まで達しなかったか。でも、胃にほとんど負債はなかった。それで理知的に食べられたはず。

昼食では食欲が薄かったものの、早期膨満もこれまた薄かった。それでよく食べられる。最近では珍しい調子だった。一汁一菜に近い量を食べられる。それは早食いをしなかったからかもしれない。

この昼食での調子が最低限度か。でも、それを経た今は間食が摂れなさそう。どうしたものか。この調子が続き、それで最低限かつ余裕をもった体重が維持されたら良い。

昨日に届いた年金の棄却書類を読んでいた。その棄却理由としては、障害等級二級の発達障害の例において、「発達障害があり、社会性やコミュニケーション能力が乏しく、かつ不適切な行動がみられるため、日常生活への適応にあたって援助が必要なもの」という場合に当たっていないためだそう。

全くもって身体的な状態に言及がなかった。それが堪らない。問題点の検討として、

「精神の障害は多種であり、かつ、その症状は同一原因であっても多用である。したがって、認定に当たっては具体的な日常生活等の生活上の困難を判断するとともに、その原因及び経過を考慮するとされ(抜粋)」

とある。それなのに、申告した身体的な状態は摘記されていなかった。あるのは発達障害に区分され、それに基づいて測られた生活スケール。

やはりそのラベルが用いられたのが問題だった。ドクターとまともに話をしなかったのがいけない。個人的には関係性に亀裂が入った。

日常生活能力の判定では、その発達障害の不自由に基づいて測られる。身体の不自由があったとしても、申請に使ったラベルはそれだからだ。

そこから考えると「支障の程度が低いだろう」と見なされた。そうなるのも自然か。何故ならそのラベルは誤りだし、ドクターともまともに話をしていなかった。

 

ただ、他に使えるようなラベルはない。自尊心コンプレックスやらはあるものの、それはもちろん、個人的な捉え直しによるもの。社会的な理解と通念があるものとしては、「自律神経失調症」と「社交不安障害」しかない。これが誇張でも矮小でもないラベル。

でも、その程度の不自由に与える扶助はないか。それは個人的にも思える。著しい生活の限度はあるのだけれど、そこから見れば程度が知れてくる。嗚呼、もう使える手段はない。

 

これからは社会人の義務を背負わないといけない。それは一部で済むと思うけれど、どうにも参る。勤労の義務が負えないのに、納税の義務を負わないといけない。もっと機械化の社会における経済があるのではないか。

まだラベルとの付き合いはありそうだ。一部の義務で済ませるには、まだそのラベルが必要。もう一つの福祉に繋げられたらそれで良い。それ以降はかなぐり捨てれば良い。後は自活をして生きていくしかない。

 

その棄却理由についてや、各種の納税の義務について母親と話していた。それらについての折り合いは母につけてもらう。年金事務所に問い合わせるところで、母は色々と考えていたらしい。

色々と論点を整理しているようで、色々と話した。自分は無知が多い。母は以前に事務所の職員から納税の免除の制度を聞いたそう。だから自分は、「それを相談してくれ」と言う。でも、母はそれが不確定なものだ疑っていた。「それでも可能性の話だ」としたものの、色々と頭を抱えていた。

そこから棄却理由や将来の自立・自活について話をしたところ、何だか険悪になってしまった。感情と合理の対立。喧嘩になるならこちらに筋がある。でも、そんなことを証明しても意味がない。

以前から何度もこんなことにはなっていた。この話はもう避けたい。恐ろしくなるし、考えても何も始まらない。嗚呼。

ポージェス博士の言葉を引いてみよう。

私たちの社会では、少しでも違う刺激が加わると、行動面で、あるいは内臓面で敏感に反応してしまうことは、「悪い」ことであり、欠陥があるとして扱われます。こうした道徳観は、発達的に「障碍がある」、精神的に「遅滞がある」、または注意力に「欠如がある」というレッテルをつけることでさらに強化されています。社会は、子供たちは自発的に行動を抑制できるものだと考え、それができないなら欠陥があると見なされます。

ポリヴェーガル理論入門   225~226P

社会全体が個人の神経系の違いを尊重するのであれば、子供たちの発達の過程が改善されるでしょう。

ポリヴェーガル理論入門 215P 

自閉症自閉スペクトラム症ADHD、各メンタルヘルスの病態に関連する本質。この新しい自律神経理論で大勢が救われるだろう。最新の医学や通念も後に覆されるかもしれない。人間の主義には偏りや誤りがある。ポージェス博士もそのような言及をしていた。

 

後は自活をするだけ。一人の時間で技能を身に付け、オンライン上で仕事をする。やることは簡単だ。そして移動のサービスを用い、必要な用事を済ませるようにすること。それだけで人生は完結する。

誰にも責められず、自活と自立をする。金銭を確保し、健康的で文化的な生活をする。そこに社交があれば理想だ。そうすればもう、誰にも何も言われない。社会にも個人にも、ラベルも何も必要ない。一人で生きていける。

これもやることは簡単。迫られたらやるしかない。ただそれだけのこと。人生観を築いた分、何かの利点もあるかもしれない。とにかく長生きし、後で時間を回収すれば良い。もう何も考えたくない。ただやっていくしかない。

 

また明日。

 

参考文献: