欠乏の不定愁訴ブログ

日々の気付きと過程の記録

日常の均衡 価値の発見

今日は曇っている。雨がぱらついたりもしたけれど、そこまでどんよりとはしていない。光が十分に差していて、どこか情緒のある景色にも感じられた。湿った町と光。

昨日の昼食はよく食べられたものの、ぎりぎり満腹になってしまったか。少し前なら問題なく収まった量だった。少し胃の力が落ちていると感じた。

そして間食をせずにスポーツドリンクを飲む。夕方には空腹になったものの、夕食前の漢方を飲むと食欲がなくなった。一膳を食べるのが精一杯だった。案の定、計測ではまた底に落ちていた。

それくらいしか収められなくなれば、体重はもう一段落ちてしまう。それはすんなりと理解した。やはり食事量と体重は重なるのか。今は認知が歪んでいて、去年の春頃はもっと食べられていたか。

一膳とおかずはしっかりと食べ、汁物もつまんでいく。それが最低限の摂取。それを簡単に収められるようになれば、天井を突き破れるはず。

 

でも、そのためにはどうすれば良いのか。消化酵素の力は加わらず、ドクターに不信が募り、将来の自立・自活への不安も増大している。このまま時の運で変動していくものか。

病的な無理による消耗はないだろうけれど、とにかく余裕があった方が良い。直近で無理はないのだけれど、食欲に波があり、早期膨満もする。もう成す術が見つからない。嗚呼。

今朝は早く目覚めたものの、食欲を感じられなかった。胃はフラットだったものの、どこか不快感があった。

でも、それを理知的に処理することが出来た。感知した感覚を却下しなかった。食べる前から限度量を見定め、それでちょうど良く食べられる。

内的な感覚を受容できた。その後は力が満ちていて、午前に散歩に出た。手短に帰宅したものの、エネルギーの枯渇は強く感じなかった。

摂取が低調で続いているけれど、体力の低下は感じない。それは偽りないものだろう。この状態であれば問題はないのか。肥えてはつらつとまではいかなくとも、最低限の活動なら可能になる。後は移動のサービスさえ使えれば良い。

 

そして昼食はよく食べられる。食欲は強くなかったけれど、何とか満腹の手前で収められた。その量が最低限度に達していると有難い。

そうなれば体重は維持できる。それを解っているため、そこまで達しようと無理をしがちだ。まずその平均があれば良い、そこから天井を突破していきたい。

今晩の計測もどうなるだろう。そろそろまともな満腹がほしい。そうなれば今度は無理をするだろうけれど、まずはそうならないと話にならない。それを願うのだけれど、それが好ましくないのか。

今日も変わらず過ごしている。外出することは散歩の他にない。社会的な繋がりの場所はないし、店も歩く距離にない。この町の住民は、体力があっても徒歩で買い物はしない。生活圏が広すぎるため、自家用車がないと始まらない。

自分で物を買うだけでも自尊心が保たれる。それが出来れば他の用事も済ませられ、都会なら居場所にも出られたはず。後は自活が出来れば良いだけ。

健康、自立、自活。これらさえ手に入れられたら、至福の日々になるのだろう。そこで高次の欲求が湧いたとしても、好きなだけ成長欲求に費やせば良い。

 

午前は読書をし、インターネットを見て、母親と色々と話す。引き続き年金の話や、そこから家計のこと、作業と勉強のための費用などを話す。

デジタル環境については出費をしてくれるそう。そこまで深く話をした記憶がないけれど、その重要性は解ってくれたよう。

まともな机と椅子を用意し、デジタル機器を揃え、一人の時間で勉強・作業をしていく。この社会で良い立場を得たいのなら、この道を通らないといけない。

公的な信用がある人も、経済的に成功した人も同じだ。一人で勉強をし、技術を身に付け、デジタル機器を用いて仕事をしていく。お金を使わないということは、未来を失っているということ。公的な扶助は得られなくなったのだから、自活のために励むしかない。

 

大半の時間を内的に費やしている。勉強とアウトプットの時間は短いものの、インターネットや書籍から知識・刺激を得て、色々なことを思考している。それが最も楽しいかもしれない。楽に出来ることだ。それが人にとっての面倒なら価値がつきそう。

大半は暇で過ごしているものの、やはり義務的な習慣の束縛はある。「何かの表現に繋がらないと無益である」という呪縛。それがあり、暇を全て最大限に活かすべきと思ってしまう。

それが厄介で面倒だ。どうアウトプットするのが良いのだろう。それがよく分からない。フローの更新で良いのか、ストックに繋げた方が良いのか。自分の何の表現が効くのか判らないし、何をしていきたいのかも分からない。全ては自活のための習慣だ。

 

毎日の更新を楽にし、生活の束縛をなくす。自活をしていき、自尊心を保つ。これが理想だ。そのためにはどんなコンテンツを作れば良いだろう。どんな場所で、どんな形で生み出していくか。それが定まらない。

定まったものが日常と噛み合った場合、これもまた理想的になるだろう。内的な作業と、健康的で文化的な生活、そして自活の仕組み。家庭、個人、社会交流のバランスだ。これらの均衡の取れた日常があれば良い。

 

このアウトプットには何の価値があるのか。あるいは何の価値を築こうとするのか。娯楽にまつわるファンビジネスか、セールスをして販促するのか。それとも知見に基づいて役に立つか。

どれに価値があるか分からないし、どれを身に付けようかも選べない。それがいけないのだろう。やはり場所を変えないといけない。

でも、この文章は取り扱いが難しい。読んでほしくて記してはいないし、書きたいものでもない。とにかく自活をしたくて始めたのだった。

インターネットに発信するのであれば、本当の人格に基づくものであるべきだ。本名で発信しても問題がないか、親類縁者に知られてもまずくないか考える。自分にはそれがない。

とにかく下積みは続けている。だから少しずつ変化しているとは思う。知見の集積は止めていないし、今だって何かの役立つ価値があるはず。それはアウトプットをし、誰かに触れられないと生まれない。

十年もドロップアウトの経験があり、日常で簡単に出来る続けているものがある。だから諦めず努力し、工夫して何かに繋げれば良い。

 

また明日。

 

参考文献: