欠乏の機能性ブログ

日々の上腹部不定愁訴と気付き その思考

準備と考察 才覚と価値

今日も曇りだ。天気予報にまた雪だるまが並んでいた。まさか降るのだろうか。いや、降ったとしても積もらなければ良い。親は積もると言っているけれど、一体どうなるのか。暖房を切った部屋の冷気が和らいだこの頃。

昨日の昼食後の収まりは良く、そこですぐに間食を摂れた。そこからの収まりも良く、夕方の早くに空腹となる。これくらいの調子が最低限のものか。

夕食では昨日より食べられた。調子が上向いたのを感じたし、計測でも微増していた。ようやくまともな満腹になった。今朝の調子は良くなかったものの、そこで無理をしなかったのが効いた。

 

今朝の胃はフラットだったものの、少し気分は優れなかった。ほんの少し食欲がなかった。でも、それは昨日とほぼ同じだったため、理知的に摂取を制御できた。一口のためらいを感受すること。それが後に効いてくる。

そして昼食はフラットに迎えられる。少し早食いの気があったものの、最低限は食べられた。その後の収まりは良い方で、すぐに間食を食べられた。悪くないと思う。

夕食もフラットに迎えられそう。そこで食欲があり、早期膨満がなければ良い。食欲は時の運でも、早食いはしないこと。そこで腹がよく膨らめば、体重はまた増えると思う。そうやって軌道に乗りたい。

今日も変わらずに過ごしている。散歩をしているため、こもってばかりではないと強調したい。いや、責められたら説得力はないか。社会交流がないといけないし、自立のための用足しもしていない。地理的な不便を慮っておくれ。

勉強では『ポリヴェーガル理論入門』をそろそろ読み終える。かなりペースは遅いものの、セルフフィードバックは大方が済んでいるため、他の書籍も読んでいる。

そして自活のためのインプットをしたくある。アウトプットもそうで、何が出来るかを考えている。どこに価値があるのか、それが既にあるものは何に基づいているのか。自分が好きで簡単に出来ることや、世の中のニーズについて。

 

まず自分が持つ価値、具体的に才覚や人の役に立つことを考える。日頃から好きなものに接していれば、それについてインプットが膨れ上がる。それが人との大きな差になったり、誰かの問題を解決するかもしれない。

自分が簡単に出来ることは、誰かにとっての面倒だったりする。それが好きなことに絡めば、もっと大きなエネルギーを生むはず。それを通して人の役に立つ。簡単で好きな作業かつ、人の問題を解決するものを選ぶ。

誰しも何かをしている。日常の中で何もしないということは出来ない。生活の束縛や切迫がないのなら、何か好きなことに費やしているはず。それを見つけて発展させれば良い。仕事と自己の同一化。アイデンティティーを展開させること。

 

自分の好きなこと、出来ることは、勉強やためになる情報を取得すること。これはそこまで苦ではない。そしてそれをまとめたくなる。役に立つ本を評価・選別したり、何かの意見を表現することもあるか。

それらのどこかに価値があれば良い。今はそれをよく考えている。創造的に生きたいのもあるけれど、やはり自活をしていたい。とにかくそれがないと始まらない。

 

世の中にはどんなニーズがあるのか、そしてそれをどこで見つければ良いのか。テキストコンテンツのブログサイトと、販促をするブログサイトがある。価値のあるテキストを生むか、情報をまとめるのか。その両方にはどんな努力や労力が必要なのか。

どうやら有料記事も面白そう。それはどんな価値に基づくかを調べている。検索からの流入もあるよう。無料のコンテンツでファンを獲得し、信用も得て、有料のコンテンツを残す。それが検索からも入り、お金を落としてくれる。

でも、それをファンから買ってもらえるのか。セルフフィードバックを無料で発信するのなら、どんな価値が生まれるだろう。それを書籍のようにまとめるのか、何かのノウハウを売るか。テキストコンテンツか、販促なのか。

 

やはり誰かの気になっていること、つまり問題を解決してくれそうな意見・情報が求められる。その人にしか表せない知見。それはコラムだったり、ノウハウだったりする。それを教えるのが良いか。検索との反りも良さそう。

文筆では何を売れば良いものか。積み重ねたフィードバックには何の価値があり、何のコンテンツになるのか。それを書籍の形にしたり、読んだ書籍を順序立ててて紹介することか。

それしかないと思う。気付きとその手間を売る。簡単に出来るそれで役に立つ。でも、それでまとまったものになるのか。

それか有料で何かの記事を出すか。今までに得た知見をまとめ、誰かの問題を解決させる。でも、それは行動量や知見の量が欠かせないだろう。経験の少ない人間は不利か。

 

戦略を立てるべきか、実際に試行錯誤してみるべきか。場所を変えたいのだけれど、どうにもためらってしまう。事前の準備と考察。これも仕方ない。センシティブパーソンは一回の挑戦で成功しようとする。

母親に読書に費やした金額を伝えたところ、「私はそこまでしない」という旨を言われてしまう。酷く失望したものの、すぐに気を取り直した。母に特段のスキルはない。それは何の因果によるものか。

読書をしないと始まらない。スキルも知見も何も得られないから。いつか大きく実を結ぶと確信している。多く費やしたのに悔いはない。もっと加速させたいくらいだ。

 

改めて思った。とにかくスキルを身に付けないといけない。何かの専門性を身に付けること。理想は市場で需要があるものを選べば良い。それによって自活をしていく。

そしてそれを売る。何らかの有形のものをまとめ、自動的に売れる仕組みを作る。そうすれば生活の束縛が消える。

それがアイデンティティーをなすものだったり、簡単に出来たりすればなお良い。時間の余裕が生まれたら、また才覚の進化に費やせる。

 

ブログに何の価値があるのか、それともないのか。それに早く気づきたい。あるのなら、もっと効率の良い楽な作業に変えたい。フローの更新はストックを兼ねるべきか。

気付きを売るのか、販促をするのか。あるいは純なテキストで勝負をするのか。その全てを始めれば良いのか。

 

また明日。

 

参考文献: