欠乏の機能性ブログ

日々の上腹部不定愁訴と気付き その思考

努力と工夫 自活と省力化

今日は曇っている。少し風が強く、それに当たると身体が冷えた。直近では青空が見えていない。それを見たくはあるけれど、かえってやるせなくなったりもする。

理想は晴れた日に外出し、社会交流をして自活をする。それが出来ない生活は堪らない。田舎生活の不完全さに嫌気が差す。それもきついものだ。

昨日は昼食後に間食を摂り、その後の収まりは良かった。夕食前には空腹になっていたと思う。それは感じられた。

ただ、食前の漢方があまり食欲に繋がらなかった。そしてほんの少し早期膨満もあったか。一膳とおかずを食べきるので精一杯になる。そして計測では昨日より微減している。

今回はその理由がはっきり分かった。やはりまだまだ低調だ。快適な満腹からは遠ざかっている。それが安定して維持されたのなら、五百グラムは増えるはず。天井が変われば一キログラムだろう。その現状が見えた。

 

明けて朝食と昼食はよく食べられる。今朝の胃はフラットで、最良の量を食べられた。こうなることは前日の寝る前に分かる。明確な理知の制御が安定をもたらす。

昼食もフラットに迎えられ、早期膨満も薄かったと思う。ただ、少し時間が経って満腹感が強くなった。間食を摂れるか否か。やはり、ぎりぎりの満腹になってはいけない。次の食事は数時間でやってくる。

その満腹は不意だった。程よく食べた認識のはずが、時間差できつくなってしまう。ここで消化酵素の助力がほしい。それがあれば上向いていくのに、診察からかえって効果が減った。

一汁一菜に近く食べられたものの、そうなると駄目になってしまう。それでは肥えないのだろう。昨日から変わっていない。以前なら違ったのか、それとも似たようなものだったのか。去年もきつくなることは多々あった。どうしたものか。

今日も変わらず自活について考えている。インターネットにどんなコンテンツがあるか、そもそもコンテンツとは何なのか。そんなことから色々と調べ、色々と考えている。この準備が功を奏すのか否か。来年の今頃は何を考えているだろう。

フローのコンテンツとストックのコンテンツの違い。あるいは無料と有料の違いだ。それをどうフィードバックの価値と合わせるか。それを考えていると、自分が持つ価値が何なのか分からなくなる。自分と似た悩みを持つ人などいるのか。

コンテンツのクリエイト、あるいはメディアを運営すること。それは箱や導線で、そこに何を置くかが重要。人として魅力があるのか、有益な知見があるのか。娯楽を生んでファンを得るか、何か意見をまとめるのか。

 

娯楽を生む人は、アクセスによって広告枠を売ったり、ファンにグッズを課金してもらったりする。ストックコンテンツを作る人は、自分の成長の足跡をメモにまとめ、それを再現させる。あるいは意見を発信してコラムを書いたりする。その他に人を集める販促もある。

これらの価値と場所、導線は用意されている。そこに自分の何を入れるか。既存の価値や需要に基づくのか、簡単に出来る役立つことか。あるいは好きなものを通して表現するか。それを上手く役立たせるか。

自分から湧いて出てくるものは何か。コンテンツを生み出すならそれだ。普段から何のインプットを高めているのか。それを考える方が良い。それを表現していくこと。色々な形で試してみる。

 

Twitterで気付きをまとめ、それを置いておく。それは好きな時にやれば良いし、それに苦はない。日常から知的な刺激を感受したくあり、そこから考えるのが好きだ。一時的にその気付きを留めておき、有益なものをストックにまとめる。

問題はフローの更新だ。どんな形ですべきだろう。SNSのフローだけで良いのか、ストックに繋げるべきか。後者の更新している人が目についてしまう。

そのような人たちは、日常で常にインプットが刺激されるのだろう。そこで無料の軽いものを更新したり、有料で重厚なものを更新していたりする。その頻度はまちまちだ。

 

有益性とリーチ性。有益なものだけを定期的に更新するか、無料のものもフローで更新し続けるか。それをセルフフィードバックに落とし込めばどうなるか。

セルフフィードバックはエッセイ風味が大事で、そこに気付きもないといけない。情報と感動。それはあるブログには無いもの。単に情報をまとめるのであれば、無料で提供せざるを得ないかもしれない。利点はある。

 

ここ何ヵ月間の更新では、冒頭に日和の話をしている。それは話は要るのだろうか。それに加え、毎日の不定愁訴を残す意味もあるのか。情報の気付きをまとめた方が良いのではないか。

気付きをまとめて有益なものにする。それが意図だけでなく真にそうなれば、明確に価値を生まれる。それ以外の日常や天候、不定愁訴は邪魔になりそう。有料のコンテンツにするとすれば、それは要らないだろう。

発信を始めて一年半。まだそのスタイルが固まっていない。早くその型を見つけ、もっと楽に生活と創造を回したい。そして自活に繋げていきたい。

フィードバックのための勉強と、コンテンツ発信のための勉強。他にも意見を言うためのものもある。とにかくそれをするしかない。

いつか何かの価値が生まれ、明確なそれが対価をもたらしたなら、ようやく肩の力は抜けるはず。一度の継続的な努力と工夫により、それ以降の努力は省力化される。そうなれば前述の勉強が楽になり、アイデンティティーを展開するだけで良くなる。後は社会交流に費やして健やかになれば良い。

 

また明日。

 

参考文献: