欠乏の機能性ブログ

日々の上腹部不定愁訴と気付き その思考

簡単な認識 勉強の奏功

今日は曇りのち晴れか。午前は晴れていて、その時に散歩へ出た。今は曇っているものの、光が強く差している。

あまり気分は落ち込まない。廊下の温度がかなり上がっていて、季節が進んだのを感じられる。歩いた時には風が乾燥していた。ほんの少し土の匂いを感じた。

昨日の昼食後の収まりは良かった方。それで夕方にはそれなりの状態となる。食前の漢方はあまり効かなかったけれど、ゆっくり食べようと意識していた。

その効果か早期膨満はなく、よく食べられた方だった。ただ、計測では昨日より微減していた。確かに快い満腹ではなかったか。やはり食欲がないといけないし、早期膨満もなくさないといけない。

つい先日の夕食では、気持ちの良い食後感を感じていた。たしかその時は基本エクササイズをしていたか。不調なのはそれを怠ったため?

午前にそれをしなかったけれど、昼食は問題なく食べられた。一体どうなのだろう。毎回やれば良いだろうけれど、どうにも面倒に思ってしまう。先月の診察前もそれで傾いたのか?よく覚えていない。

 

明けて朝食は理知的に食べられ、その後の収まりも良かった。軽く最良の量を食べられる。夕べの入浴後の摂取で無理がなかったためだろう。

その後に散歩へ出られ、図書館の回りを一周する。それで少し疲れたものの、その後は読書に費やせた。昼食でもよく食べられ、早期膨満が薄かった。

基本エクササイズをしていなくてこれだ。実際のところはよく分からない。やれば良いだろうけれど、読書に費やしたくなってしまう。ここ最近はとにかくそれをしている。

 

ふと気付いたけれど、ここ何ヵ月かは無理のしすぎについて記していないか。それによる苦しみは減っているのか?死にまつわる不調コンプレックスはほぼない。あるのは余裕をもって自立したいコンプレックス。

親の感情と合いまる無理はなくなっている。それが病的で盲目的な無理のしすぎ。死の恐怖によるものと、自尊心コンプレックス。死なないようにするものと、親の干渉を防ごうとするもの。

最近は不定愁訴だけに囚われているか。食欲と早期膨満だけに振り回されている。局面は変わっているのかもしれない。

残るコンプレックスは自立にまつわるもの。自活や自立をし、自尊心を保ちたいというコンプレックス。そこに体力の余裕が必要で、その部分で身体へのコンプレックスが残っている。

 

それだけに不定愁訴が収まれば良い。とにかくそれだけで良い。まずはそれが必要だ。それを恒常的に維持できるのなら、後は移動と自活が出来れば良い。その壁も大きいけれど、生きていくには身体が全てだ。

引き続きポリヴェーガル理論入門を再読している。胃腸に関する認知はまだまだあった。

この新しい哺乳類特有の迷走神経系がよく機能している場合、横隔膜下では、交感神経系と副交感神経系は、それぞれが建設的な機能を果たし、自律神経バランスの絶妙なダンスを踊りながら恒常性を維持しています

ポリヴェーガル理論入門 P171

社会交流とリラックス・アクティブのバランスが大切だろう。社会交流によって恐れなき不動化・可動化をもたらす。程よく好ましい不動・可動が欠かせない。

それがリラックスとアクティブ。休息や回復には前者が必要で、親愛なる人の腕に収まり、そこで不動化をする。成長には後者が必要で、適度な興奮が自信を持たせ、成果をもたらす。

自分は逃走反応ばかり起こしている。やはり社会交流が必要で、特に恐れなき不動化が必要だろう。背側迷走神経が横隔膜下に繋がっているのだから、それを抑制することが大切。その形態が恐れなき不動化。

自分も遊びではなく、温かな凍りつきを求めている。そこの辻褄は合う。それがきっと健康をもたらす。

 

もうそれだけの認識に至った。フィードバックの終わりがやってきている。もうパートナーを見つけるだけで、それ以外には何もない。

都会に住み、哺乳類のペットを飼う。ペットと安全の合図を交わし合い、欠乏を満たしてしまえたら良い。それで健康になれば、後は自活をすれば良いだけ。移動のサービスは使うことで慣れていけば良い。

好きに社会交流をし、好きに読書をする。そこから自活が出来たら万々歳。完璧な人生が整うのではないか。誰にも責められず、寂しくもない。好きに内的な創造をし、それでオンラインに経済を作る。

叶うのはペットを飼うくらいか。祖母宅へ引っ越した暁にあるかもしれない。都会に越すのは難しそう。この実家から近い祖母宅へ住み、ペットと両親とで暮らす。

そこで何かの下積みをし、自活を叶える。それが磐石になれば、生活の束縛がなくなるかもしれない。すると高次の欲求が湧いてきたりするか。絶えず勉強をし、内的に作業し続ける。それは好きなことだろう。簡単にも出来るはず。それで誰かの役に立てば良い。

ブログをとにかく積み重ねているけれど、大切なのは誰かの役に立つことか。コンテンツであるのなら、人に何かを提供しないといけない。それがなければただの日記。原初はそれで良いかもしれないけれど、それが有利に発展するとは限らない。

コンテンツを展開するのか、キャラクターを展開するのか。良いキャラクターでありつつ、簡単に出来ることを与える。そこでコミュニティが生まれ、更に経済まで生まれたら良い。そんな本を読んだ。

 

認知の取得やセルフフィードバックをしつつ、社会勉強や技能の取得をする。アウトプットもしたりして、それが何かに繋がれば良い。家庭には温かさがあり、それらの行き来を循環させる。

友達は要らないし、これで良いと思う。社会交流がペットで済めば良いけれど、一体どうなるだろう。なおさら体調の安定がほしくなる。

勉強は功を奏すると思う。それで無理も減ったし、どのように生きていくかを確かにしている。これは必ず何かに繋がる。全てが隆々と高まるのではないか。悪くない生活でもあると思う。

 

また明日。

 

参考文献: