欠乏の機能性ブログ

日々の上腹部不定愁訴と気付き その思考

体験の新しい見直し 気づきと名づけ

午後の今は曇っている。午前の早い時間は晴れて鮮やかだったものの、段々と雲が多くなってきた。辺りは白く無機質な色合いになっている。たまに風が強く吹き、そうなれば身体は冷えてしまう。寒の戻りか。

昨日の昼食後の収まりは良かった。意識的に食べすぎないようにしていて、その効果があった。夕方前には空腹になっていて、夕食までがきついくらいだった。

夕食はよく食べられ、計測では昨日と同じ高止まりだった。腹は少しまともな厚さになっていた。ただ、入浴後は間食を摂れなかった。それは明確な摂取の仕方によるか。調子が良いのは上手く食べた時。

 

満腹を知覚するまで食べるといけない。そのぎりぎり手前であると認識していても、時間差で満腹となってしまう。かなり余裕を持たないといけない。でも、そうなると摂取量は低くなってしまう。それに耐えられないのが今だ。

消化酵素の力は薄い。満腹に近くなってしまっても、そこでその補助があれば助かる。もっと食後感が良くなれば、次第に天井を突き抜けられる。それには頼らざるを得ない。

でも、無理のしすぎであるのなら変わるか。それは意識の力で抑えるべき?気分が悪くなるまでは食べていない。腹に溜まりだし、少し嫌な感じになると止めている。いや、そこからまだ食べ進めているか。

腹六分以上の容量が狭い。急に満腹が強くなってしまう。そもそも食欲は強くないし、むかつきがある時が大半。そうなればその容量にもなるか。食欲をもたらせば良いのか、無理をなくせば良いのか。どちらが始まり?鶏が先か、卵が先か。

 

明けて朝食はまた意識的に抑えられる。「ここでやめれば良い」と浮かび、はやることがなかった。そして午前の半ばあたりで空腹になる。やはりそこで間食を摂るべきか。

でも、昼食では少し食べすぎた。朝食のようにはいかず、数口をはやる気持ちがあった。やはり、規定の量をどうしても食べたくなってしまう。

そして間食を摂れそうにない。ここ最近は昼食での食べすぎがネック。それをなくし、もっと間食を摂りたい。朝昼晩に摂れたなら、かなり摂取カロリーが増えるはず。食事の回数を増やすより、一食毎に踏ん張らず、常に軽い摂取を続ければ良い。

『セラピーのためのポリヴェーガル理論』にあるエクササイズでは、彫刻や動くことについても記されている。

ただ、それはまた魅力的に感じない。自律神経系の状態を理解するのに合っているのは、個人的にマッピングと書くことだろう。それだけで良いと思う。独学で学んでもいるし、理解は済んでいる。

クライアントが自律神経系の気づきとつながっていないと、皮肉なことに、彼らの自律神経系の状態が、すなわちその人そのものになってしまいます。

セラピーのためのポリヴェーガル理論 P137

自分の活性化を違う視点から見直すことは、再評価と呼ばれるそう。自分の体験を新しい視点から見直していくことが大切。肯定的な再評価を行うと、循環器系の機能が改善し、脅威にばかり注意を向けてしまうことが少くなっていくそう。

習慣的な反応パターンを遮断するためには、自分の自律神経系の状態を正確に、かつ予測可能に特定する能力を獲得する必要がある。そのために「気づき、名づける」というステップがある。身体を感じ、どの状態にいるか気づき、名づけ、好奇心を持つ。そしてその瞬間の自律神経系の状態から学ぶ。

自然に出来るようになるまで練習するそうだけれど、自分はもう出来ているか。自律神経系の状態は把握しているはず。とにかく捉え直しは終わっていて、後は社会交流だけが必要。もうその局面にある。

今日も読書、スクリーンタイム、音声、そして何の成果もない表現に費やしている。これだけの日常だ。家事もせず、用事も生まれず、作業という名ばかりの仕事をするのみ。

目に見える進展はない。一年の四分の一が終わったそう。焦燥と空虚を感じている。それは年の始まりからの思い出がないから。特に記憶が何もないとそうなる。

 

読書と知的な刺激を得るのははかどっているものの、それが何にも繋がらない。繋げようとしているけれど、全く繋がらない。振り返れば膨大に積み重なっているはずでも、何の成果もない。

叫ぶ場所が悪いのだろうし、似たような人も見つけられない。もっと気楽に表現したいけれど、半端に楽になってしまっている。ただ体調の記録をし、書籍の引用と要約をして、最後に振り絞ったフラストレーションを記す。それは面白いのか。エッセイ風味のコンテンツが薄れている。

場所を変えれば世界は変わるのか?いや、もしそうなったとしても、それだけで自活は叶わない。もっと他の道を探さないといけない。あるいは品を変えて叫び続けること。

工夫したいのだけれど、評価にさらされたくはない。一から発信をするとなれば、一体どんなものにするだろう。それもあまり浮かばない。やはりこのスタイルしかないのか?それで良いのか?

 

また明日。

 

参考文献: