HSP/INFJセルフフィードバック

日々の気付きと過程の記録

健全な発達と自然 副交感神経系の誘い

今日は思いっきり晴れている。朝から雲一つない晴天。今朝は冷えていたため、放射冷却が起きていたか。かなり日差しに温もりを感じる。すっかり春めいきた。

昨日の昼食後の収まりは良く、夕方の前に空腹になっていた。まだこの調子を維持している。もっと間食を摂りたかったけれど、状態は上向いているだろう。

夕食もよく食べられる。意識していなかったけれど、かなり丁寧に咀嚼していた。そのためか、食べ終わるまで時間がかかったものの、早期膨満はほぼなかった。それでとてもよく食べられる。

ただ、少し食べすぎていたか。余裕を持たせた認識でいたものの、思いの外きつくなってしまった。それで間食を摂れなかった。調子としては無理になっていなかったものの、胃の持久力を超える摂取となったのだろう。好調なだけにそうなってしまったか。

 

明けて胃に負債は残らなかった。夕べのきつさは無理によるものでなかった。朝食はよく食べられる。よく食べられつつ、余裕をもって収められた。それでまた早い内に空腹になる。

昼食もよく食べられた。量は微妙だったかもしれないものの、早期膨満がほぼなかった。感触としては良い方。間食もすぐに摂れる。夕食は負債なく迎えられるだろう。ここ直近だと理知が働いている。珍しい。

胃の持久力の天井はまだ抜けないか。消化酵素が少しずつ効いているのかもしれない。いや、それは微妙なところか。体重は微増しているものの、抜本的に調子が変わってはいない。まだ食欲と満腹の限度は不安定だ。

 

明日は通院日。今日の計測ではどうなるかだ。昨日の数値で言えば、先月よりも五百グラム増えている。ただ、それもここ何日か直近の話。たまたまに過ぎないのではないか。

それでも、ここ何日間でほぼ通院の意識がない。ほとんどコンプレックスが湧かなかった。ここ何ヵ月かでは珍しい。当日も行程でも緊張せずに済む?そうならば助かる。

基本エクササイズという手段を身に付けたため、今月もそれを出立前にしよう。先月はそれで上手く和らいだと思う。寝付きや歯軋りには効いている方だし、画期的なものだと思う。日中のそれは怠りがちだけれど。

ウィルソンは、健全な発達を遂げるためには、自然との触れ合いが不可欠であると論じましたが、それは真実であることが証明されつつあります。

セラピーのためのポリヴェーガル理論 P156

自然環境は元気を回復さる。一方でその要素の欠落は、ストレスをもたらす不和や不調和を作り出すそう。自然を眺めることは副交感神経系の反応を誘う。

自然が豊かな環境にいることは大切。アーロン博士もそう記していたし、あるブログでもそうまとめられていた。木々や川や湖があり、動物と鳥が生きている広々とした景色。美しい景色を楽しむことは、人類共通の至福の体験だ。

それは普遍的に体験される、腹側迷走神経系の体験でもある。興味深いことに、自然の景色に気づいて窓を眺めるだけでも効果があるそう。窓のない部屋であったとしても、プラズマスクリーンで自然を眺めていれば、自然の風景が全くないよりもましになる。これは意外だった。ストレス負荷の前に自然の景色を五分眺めただけで、自律神経系の回復が早くなった報告があるそう。

 

そして水の要素も欠かせないそう。人間が生きていくためにそれは必須であり、そのために水を愛し、大切にするという傾向性を持っている。

水のない景色よりも、それがある景色から肯定的な影響を感じるそう。それが元気を回復する。波や川の流れる音など、水の音を聴いたり、思い出すだけでも良いそうだ。

この前に海の家を営む方のドキュメンタリーが放送されていて、それを思い出した。健康長寿のために取材されていたのだろう。その方のご子息は、「この海が長生きさせてくれているのかな」と仰っていた。それはあながち間違っていないと思う。将来は都市に住みたいけれど、田舎にも利点があるよう。

最後に発信について。発信するにはインプットがないといけない。そして何で評価されたいかを定めること。その二つが揃わないと始まらない。価値観、意見、趣味、技能やセンスなど、インプットがあるものを軸にすること。発信の種が切れたら続かない。

それを明確にし、ひたすら数をこなし続け、クオリティを上げる。何で人気が出るかを理解し、試行錯誤を続ける。それが大切。日頃から高めているインプットを見つけ、それを表現していく。その種類は上述のものがある。

 

自分は何があるだろう。何のインプットがあり、何で評価されたいのか。人気を得たり、人の役に立ったりする。引っくるめると芸か。アイディアで勝負したり、何かの芸を通して魅せる。それは究極の価値の取引だ。一方では無用の産物で溢れている。

市場性の高い場所に移るのもそうだけれど、もっと恒常的な産出がないといけない。何か情熱があったり、好きなことがある人は強い。それでインプットが高まっているから。後はそれを表現すれば良い。多趣味で受信ばかりだと話にならない。何を生み出せるか。

市場性の高い場所に身を置き、生み出せるものを生み続け、人気を理解していく。何で評価されたいのかを軸にし、そのためのコンテンツを生む。その試行錯誤の先に結果がある。下手な努力をしても意味がない。

 

評価の軸やターゲットは定まっていて、そのためのインプットも構築しつつある。となると、後は市場に出ていくだけか。芸も文章なら身に付いたはず。

居場所を移し、絶えず勉強と表現を怠らないこと。価値を探し、体現し続ける。その道のりが必要。その先にまとまったコンテンツがある。それを有料で留め置いたりする。

方向性は定まったか。後はもう少し面倒な作業をし、市場に打って出れば良い。そう決意しているものの、行動に移すかは分からない。移さなければ何年もこのままだろう。嗚呼、嗚呼。

 

また明日。

 

参考文献: