欠乏の機能性ブログ

日々の上腹部不定愁訴と気付き その思考

生き残りの至上命題 認知の力

今日は爽快に晴れている。もう完全な春の日和だ。散歩では手袋をせずに済み、空気の匂いに香ばしさを感じた。緑や土、日光の匂いだろう。いつか触れた小説やアニメを思い出す。午後の部屋は暑いくらいだ。

昨日の昼食では一口をはやったものの、スポーツドリンクで丸く収められた。基本エクササイズもしたため、その効果もあったかもしれない。夕方には気分的な食欲があった。

それで大体の最良量を食べられる。一膳より後の延びが薄かったものの、悪くはなかった。そこで抑えたため、入浴後に間食を摂れる。十分な摂取だっただろう。

体重を追い求めても仕方ないのだろう。背側迷走神経系の過度の活性化、あるいは交感神経系のそれがある。でも、必要最低限の摂取は出来る。無理さえしなければそれを収められる。

体力や余裕、自立への願望が強いものの、今の状態でも生きていける。だとすれば、その範囲に収まっているのが良いか。それで何とか自活が叶えば、後は移動のサービスを利用できれば良い。

 

明けて今朝の胃に負債はなかった。朝食は余裕をもって理知的に収められる。量も摂れたなかでそれが出来た。

また午前の早い時間に空腹になる。飲み物くらいは飲むべきか。そこで血糖値が下がっているはず。それによるきつさはあった。

昼食もよく摂れる。早期膨満はほぼなく、いつもより満腹の上限が上がっていた。そこでぎりぎり無理を抑えたはず。間食をすぐに摂ることが出来、スポーツドリンクを飲めた。

夕食に負債は残らないだろう。あるのはまた食間での空腹か。遅れて消化酵素が効いてきたのか否か。そうであるなら良い。あるいは基本エクササイズの効果なのか。

誰もが生き残りの追求を至上命題にする共通の自律神経系システムに沿って生きている。でも、トラウマサバイバーは常に自己批判を続けてきた。

それでも、誰でも特定の状況下において、自分がしてきたような防衛反応をしてしまうものだ。それは理知的に理解できる。そうなれば、自分に共感する余地が生まれる。

自律神経系と仲良くなり、寄り添うスキルを身に付けるということは、調整という次の段階に進むための基礎を形作ることでもある。それだけでなく、神経系の反応の仕方自体が変化し始めるそう。

それは防衛反応が和らぐということか。あるいはそれを制御できるようになる。ポージェス博士いわく、ある種のトラウマや問題を体験しても、認知の力を使って再び機能を回復することも出来るそう。脳に情報を送り込み、文字通り自分で自分の親や教師、セラピストになることも出来る。

 

自分にも思い当たることがある。生死にまつわる不調コンプレックスは和らいだ。それは理知的に事実を取得し、不確定な心象を取り除いたため。それと同じように、好調コンプレックスにも影響できるかもしれない。

ただ、好調であれば活路が広がるのもまた事実。だから理知の力が届いていない。それはあるだろう。そうであったとしても、まだ諦めず工夫をしていきたい。理知的に自尊心を保つ。それは自活や自立をしなくても存続が守られると知ること。

 

そういった世界はどこかにないのか。在宅で過ごす人生であったとしても、十分な刺激と満足を得られる日々。それは現実で欠乏を満たさないといけないのか。それと自活による結果も必要なのか。

社会交流がもたらす健康と自立。そして厳然なる自活の力。社会交流は協同調整であり、画面の刺激はそれに含まれない。そして労働力を提供できる時間もない。大層な意欲は創造的な価値の産出に向いている。健康にもなれず、一円の自活にも繋がらない。嗚呼。

母に大見得を切って説伏したものの、何も実になっていない。そのための環境すら整えられていない。勉強と言いつつ、誰に何を感謝されるのか分かっていない。そのための反応も得られず、半端な快癒がある。もう糧がなくなったか。

そもそも発信したいことなどなかったのか。何か評価されたいこともなく、情熱がある趣味もない。フィードバックに価値はあったのか?それは分からないけれど、もうその種が尽きた。

あるいはやる気が出ない。もう種もなければ意欲もない。習慣の束縛はあっても、尽きるものが尽きてしまった。今朝に読んだ『セラピーのためのポリヴェーガル理論』をまとめても良いけれど、それはセルフフィードバックにならない。要約するなら主の内容がないといけない。

そもそも体調についてほぼ考えていない。もうかなり楽になった。自活をしたい意欲が強く、そのためのインプットをしている。でも、それは何の表現にも繋がらない。意見も、技術も、価値観も、承認も、何も浮かばない。どうしたら良いのか。

更新の頻度くらいは変えたいものの、絞り出せば何かは出てくる。まだそれに期待しているところだ。体調、気づきとフィードバック、思い。それらが三位一体となるのか、邪魔になってしまっているか。その良し悪しも分かっていない。

 

また明日。

 

参考文献: