欠乏の機能性ブログ

日々の上腹部不定愁訴と気付き その思考

身体の傷つき 人生のスパンと幸福

7月31日(日)

夕べは少し負債を感じたものの、今朝の胃はほぼフラットだった。ここから本調子に戻りたいけれど、今度は歯の違和感が増してきた。それは歯ぎしりによる違和感なのか、歯茎にまで達したような感じだ。ふと鏡で見てみると、下の歯の歯茎が白くなっている。

もう診察が勧められる状態だろうか。嗚呼、かれこれ学校でパニックを起こした以来だから、久しく歯医者に通っていない。若い内に全ての歯がなくなるかもしれない。それは怪我の功名になんかならないだろう。どんな人生でも身体は傷ついていくけれど、このように不可逆になったらきつい。それでも、症状が出るまで通うことはないだろう。ましてや移動の自由などないのだから。

 

夕べは夢を見ていて、おぼろ気ながら祖母と母へのフラストレーションが爆発していた。いつになったら束縛なく生きていけるのだろう。そうなってもまだ苦しいのかもしれないけれど、今もそれなりにきつい。

自活したい、自立したい、自然に触れたい、パートナーがほしい。仕事、環境、親愛なる人。祖母宅に住み、隣人に煩わされず、自然に触れる。家で自活し、生活のために出掛け、パートナーがいる。そんな日々が来るのだろうか。人生は長いだろうけれど、何も変わらないこともあるのではないか。人生のピークが後半にあれば幸福になる。でも、前半の過ごし方も重要だろう。将来は何を考えているのか。

 

今日の計測では減少。昼と夕で食欲の失速があった。昼は食欲を感じ取れ、規定量を下げて上手く収めたものの、夕方に謎の食欲不振があった。間食も軽く収められたのに関わらず、夕方に一口の水を飲んだところ、それでげっぷが出なくなった。胃が固くなって動かなくなる。夕食はぎりぎりの量しか摂れず、また単純に美味しく頂けなかった。

そんな時もあるだろうけれど、そのそんな時が多すぎる。あと数キログラムの増加があっても余裕はない。そこにもまだ到達していないのだから、本当に最低限度に達しているだけ。摂取が安定しないと体力も安定しない。まだ出掛けるのに余裕がない。食間や食前にがす切れを起こしてしまう。

 

『NATURE FIX』、ただ学びを引用するだけでも問題ないのではないか?生活の記述が主であれば、学びの「へぇ」だけでも良い気がする。それをまとめられるなら楽になる。

いや、引用する必然性はないか。書評のルールを学びきれていない。それを調べてはいるものの、考えるのが大変だ。まとめて記事にするのも良さそうだけれど、その記事をまとめる意欲もない。情報メディアの運営は面白そうでも、誰かのためにまとめたり、過去の記事を活用するのは面倒だ。

そのメディアのカテゴリーは、エッセイ・コラム、セルフフィードバック、書評、考察 、雑記、引きこもり、福祉などが良さそう。自分の持っている知識や情報を、経験と絡めて分かりやすく伝える。邪魔にならないように広告を貼り、書評から書籍の販促をする。独自サイトでも良いだろうけれど、通販以外で商品やサービスを宣伝することはないはず。ならば無料ブログでも良い。アフィリエイトをするとしても書評くらいだろう。

8月1日(月)

今朝は歯の違和感がなかった。暑さで寝苦しさはあったものの、睡眠状態も悪くなかった。明け方から雨が降って涼しい。もやがかっているのも風情で良き。

朝から読書をしているものの、楽しくもないし、それが表現にも繋がらない。でも、それ以外だと動画を見るくらいしかない。するともっと虚無感がする。

 

何が幸せなのだろう。好きなことや情熱がない。生活に必要な金銭を配給されたとしても、そこで何に費やすか分からない。そんな日々でも励むものが満足をもたらす。その生活が今にあるのだけれど、特に面白いことがない。

読書は真に学びたいものを学べない。お金がないし、なるべく思考に繋がるようなものを選んでしまう。思考と言語化、それは性に合うものだろうけれど、常に湧き出るものではない。生活の全てをそれに割こうとしていて、もはや辛くなってきた。自然と音楽は足しにならない。

まだまだ習慣の束縛がある。自活のためにとにかく産出を止めないこと。学び、考え、言葉にする。それは面白くなくなってきたか。何かを人に伝えたくなくなったし、金銭のために創作をするものではない。嗚呼、やりたいことがなくてつまらない。どうすれば良いのか。人助けか、趣味か、遊びか。仕事もほしいし、満足もほしい。どうにも堪らない。

 

今日の計測では増えていた。尿量の誤差はあれど、見た目の肉付きは良くなっていた。これで直近の不調の負債はなくなった。規定量を落としているものの、腹は十分に膨らんだ気がする。間食も摂りやすいし、程よく収める習慣がつけば良い。

腹は元に戻ったものの、一日がつまらなすぎた。この日々は何なのかと思う。表現も湧いてこず、何も伝えたくない。読書はするものの、何にも結実していない。なるべく読書で学んでいるものの、朝から頭が重くなるだけだ。つまらないし苦痛。どうしたら良いか分からない。

8月2日(火)

今朝の胃はフラットだった。目覚めが少し悪かったものの、睡眠時間は八時間ほどか。ぎりぎりしっかり寝たところ。寝すぎている訳ではない。歯の違和感はなし。

食前の状態はそこまで悪くなかった。  ただ、またバナナが少し大きかった。それは僅かだったけれど、それが大きな影響を及ぼしてしまう。用意した母を恨めば良いのか、胃の脆弱さを恨めば良いのか。

そのバナナをほとんど収めたところで腹に溜まった。そこから小さいヨーグルトを食べてしまう。それはいつもの規定量だけれど、バナナ一本で収める訳にもいかない。バナナは一口を残したものの、ヨーグルトでぎりぎり満腹になってしまう。何なんだこの腹は。

 

朝食後は負債がたたるかと思ったけれど、案外そこまで苦しくなかった。昼食の時間までに楽になり、普通に昼食を収められる。基本エクササイズも何もしなかったけれど、十分に回復してくれた。

食前の状態は微妙だったのにも関わらず、昼食では早期膨満がなかった。これはなかなか珍しい。こんな調子が常であれば有り難い。

 

今日の計測では微減だったか。体重に執着しているのかいないのか、昨日の数値を覚えていない。とはいえ、なるべくよく摂ろうとはしてしまう。それでいて、体重が増えても特にしたいことはない。パートナーがいてくれたら良いけれど、出掛けも食事もしたくはない。

珍しく夕食では食欲があった。昼食後の収まりが最近で最も良く、食前の漢方を飲んでも不快にならなかった。それで夕食も快適に収められると思ったけれど、今度は早期膨満があった。これで増減がなしになる。昼とは真逆だったものの、スポーツドリンクで収めれば良いか。

 

今日もほとんど気付きがなかった。表現も何も湧かないし、勉強も疎かになってきたか。不定愁訴の考察も面倒だし、書評と著作権の学びも小面倒くさい。NATURE FIXの学びもあるけれど、学び以上の産出がない。

Twitterのあるツイートで、「色々な本を読み、それでも記憶に残ったものがあなたの知識です」と記されていたのを見た。確かにポリヴェーガル理論でも何でも、人に話せるような知識は何個かある。それは自然と身に付いたものか。

それが蓄積してアイディアや意見にスパークしてくれば、まとまったコンテンツになるはず。後は経験なりと絡めること。そうすればニュースなりに私見を述べられる。その線のコンテンツクリエイターしかないと思う。教養のコラム・音声と、書評アフィリエイト

 

暇人は仕事を求めている。でも、言葉を繰って思考し、ものの本質を語るのは性に合っているか?訓練で楽になったりする?でも、稼ぐために創作をするのは見当外れだ。

必要なのは何かを伝えること。

それがなければ何をすれば良いのか。物品を仕入れるか、現物の何かを作るしかない。でも、個人にそれは難しいだろう。となると、メディアを運営するしかない。コンテンツや芸術は、何かを伝えるものだ。では、何を伝える?

 

参考文献