欠乏の機能性ブログ

日々の上腹部不定愁訴と気付き その思考

10月4~5日 摂取の抑えと胃の強さ

10月4日(火)

今朝の胃の状態はそこまでだったけれど、漢方を飲んだ後に不快感が薄れた。それで朝食は気持ち良く収められる。その後の空腹は強くなかったものの、スポドリを飲みたくなる。そこからの空腹は結構あった。

昼食前も不快感はなかったものの、今度は早期膨満があった。それでも、用意していた量の一口を残す。その判断が出来たのは初めてでないか。食後の満腹感はそこまで強くない。

ただ、やはりまだ間食は摂れそうにない。朝の調子は上向いているものの、間食からは遠ざかっている。一膳を少し落としているし、その分が釣り合ってしまう。

 

計測では増えていた。昼は満腹を抑えたつもりだったけれど、満腹感ときつさが収まらなかった。げっぷは出るものの、むかつきやもたれがある。それで依然として間食を摂れないものの、夕方には空腹になっていた。

食前の漢方がそれなりに効き、最悪を免れて摂れる。そして摂取の体感に反して腹は膨らんでいて、下腹部もまた少し厚くなっていた。それで昨日より二百グラム増える。それは昼に抑えたのが効いたのか。

直近では大きな負債を抱えていないはず。朝の調子も上がったりするし、良い兆候はある。このまま一膳をしっかり抑え、徐々に徐々に上向かせたい。自然な食欲による自然な満腹。

10月5日(水)

今日の計測では減少。体重計の誤差はあれど、減ってしまっていた。夕食後は腹がよく膨らんだ感じでも、腰回りはくびれたまま。

まだ摂取は低調ということか。一膳の抑えは効いているものの、その分の食欲はまだ増えない。そして間食も全く。単純に胃の強さが落ちることにならないか。どうなのだろう。

 

朝食は今日も悪くなく、それで後にスポドリを飲めたため、昼も状態が良い。それでかなり一膳を少なく盛ったものの、そのぶん味噌汁をいつもより摂れる。

その後に間食は摂れないものの、スポドリでなら余裕で収まる。夕も食欲があり、並みの一膳とおかず、味噌汁を摂れるものの、全く肥えていなかった。もう嘆息嘆息。何ともだ。

 

最近、ふと気になってAmazonで胃腸について検索してみた。『腸と脳』から派生させてレコメンドを見たり、「脳腸相関」と打ったら有益そうなものが何件か出てくる。そのうち一つは特に重要そうで、フローの次はそれに当たろうか。それをコラム化出来たら良い。

ツイートもブログにも書いていないけれど、自己分析の書籍を読んでいて、それでかなり有益な気付きを得られた。やりたいことの公式を学びつつ、その定義の本質をノートに向かって考える。

 

それで紆余曲折ありつつ、書評の記事を書こうと思い当たる。そして書いてみたけれど、続ける意味はあるのか。自分が好きなこと・得意なことは、「知りたいことの本質に迫り、突き止めて言葉にすること」だと思う。

前半のために身体や自己実現を学んでいて、後半は全く力を入れずに行える。それは興味があり、問いを立てて学べるもので、試行錯誤では自分に合うやり方をしている。だからすぐ一つの上達が得られ、面白味を感じられる。

ただ、書くことはその思考をまとめるのが好きなだけで、書評をする際のやり方とは違うはず。でも、その得意なことで稼ぐ場合、収益化はそれしかないと思う。その広告価値を高めたいものの、いかんせんやる気が出ないし、やろうとしても難しさを感じてしまう。

 

やりたいことは二つに分けられると思う。まず稼ぐために得意=自分に合うやり方をスキル化する。それで仕事をするために磨くこと。これがとにかく先立つはず。自己分析の著者もそれがあってのことだろう。

でも、それだけだと燃え尽きるから、興味があり、惹かれること、人生の幸福や主義に基づくものを絡めないといけない。そうすることで意欲が枯れない。ただ、それだけを先立たせると自己満足になってしまう。必ず人へ役立たせられるような作業を磨くこと。

 

どんな成功者にもフローが関わっていると思っている。そのフローに入るにはどうしたら良いか考え中。もっとチクセントミハイ氏の書籍を読み込まないといけない。

ただ、面白さや楽しさについて分解していて、それにスキル=得意・自分に合うやり方が関わっていると思う。それが極まることにより、どんな課題も解決できるようになり、フローの主要因になり得る。

それは生来の自分に合うやり方が最善なのか、後天的な努力でも身に付けられるものか。どんなに没頭していたものであれ、最初からそのスキルが身に付いてはいないはず。かといって、もともと得意なやり方でなかった場合、費やしてもスキル化しなかったのではないか。

つまり、「書評のスキルを務めて身に付ければ、最初はやる気がなくて楽しめなくても、いつか没頭を得られるのではないか」ということ。本の良さを伝えたい興味はないし、本の内容も書いて整理したくもないものの、初歩の段階からスキル化すれば、簡単な問題解決によってフローに入るのでないか。

 

フローとストックのブログをどう更新するかや、その広告価値をどう高めるか。そのために市場に出ないといけなく、いつソーシャルメディアを公開するか。着々と進んでいると思うけれど、どうなのだろう。

 

参考文献