欠乏の機能性ブログ

日々の上腹部不定愁訴と気付き その思考

10月24~25日 病的な下腹部 胸の不快感

10月24日(月)

今日の計測でも変わりはなし。でも、計測時に全く腹が膨らんでいない。それでいて減っていなかったのは何なのか。夕食はよく摂れ、腹が膨らんだ感じもあったけれど、厚着していたからか?

 

今日も朝食で不快感があり、パンを一本収められない。更にぎりぎりまで摂ってしまった感じでも、そこまでにはならなかった。

そこから早くに空腹になり、ヤクルトを飲める。昼と夕は不快感なく摂れ、程よい塩梅で収められる。だけれども、下腹部は最近で一番病的な感じがある。

 

何もしなくても辛くはないけれど、早く安全圏に抜けたい。食間でヤクルトは摂れるようになったけれど、まだ回復していない。無理もあるし、早期膨満と食欲不振もあり。

程よく食べないといけないし、そういう不定愁訴もある程度は収まってほしい。かつて上向いたのは運ではないか?散歩へも出られないし、まさに運しか要素がない。

 

そして今日はずっと胸の不快感があった。記していなかったけれど、昨日もそんな感じがあり、入浴時は危なかった。頭を下げてシャンプーするだけで頻脈になりそう。

それは今日もだった。食事を摂っても楽にならない。胸から喉にかけて苦しい感じがある。その頻脈になったときのような、若干血の気が引いているような感じがある。少しでも顎を下げると怖い。

 

前回の診察でドクターに言えばよかったか。そんな後悔をしつつある。いや、であれば診断を確定しなければならず、心電図を録ることになったはず。そうなれば親に告げないといけないし、隠しているから驚かれる。

かといって、いきなり死んでしまうかもしれない。数年前から発生しているのだけれど、それは関係ないか。ここまで不快感があるのは最近になってから。

「上室性頻拍」を調べていたら、学校での突然死の記録を見つけた。それが実は世の中に溢れているよう。何が自分とその人たちを分かつ?いつどうなってしまう?大きい病院で検査すれば良い?嗚呼、もう時の流れに任せようか。これが遺言になるかもしれない。

10月25日(火)

今日の計測でも全く変わりなし。ただ、やはり下腹部の厚みがない。もちろん腰回りも骨張っているし、全く余裕がない。今日も夕食はよく摂れたはずだけれど、どうしてなのか。

 

今朝の調子もよかったのだけれど、食べ進めると雲行きが怪しくなる。それでパン一本が限界だった。ここでこの調子はまずいだろう。

その後にスポドリも飲めなかったものの、昼では食欲があった方。そこで一汁一菜を収めるも、今度はなるべくよく摂ろうとしてしまう。

直近でマニュアルを確かにしたのに、またも無理をしてしまう。ただ、食後はきつくなったものの、夕方には空腹になっていた。恐らく昼で食欲があったからだろう。それがあるとぎりぎりまで収められるか。でも、間食は摂れない。

 

昼の摂取ではふと内部信号を感じていて、一膳の残り四口くらいでそれがった。腹に溜まり始めたところで、「ここで抑えれば良いのか?」と感じられる。

でも、それだと摂取量を気にしてしまうところ。そこから二口くらいが適度な限度だろうか。そこで抑えればすぐ間食が摂れるはず。でも、今度はすぐに腹が空きそう。

 

胸の違和感について、今日は昨日より楽になる。昨日は入浴にかけて怖かったものの、寝るのが近付いた頃にすんと楽になった。そこで割りとはっきりその感じがある。

今朝は肉体的に楽なサインもあったし、昼にかけてまた違和感がしてきたけれど、そこまでではない。どちらかというと喉の詰まりのよう。昨日は首を下げるのも危うかったけれど、今日はまだ挑戦できる。

これも頻拍の症状なのか、栄養不足で貧血なのか。どちらにせよ体力は関係あると思う。体調がよければ静まる体感。まだ早い話だけれど、体調がよくなっても発作が起こってしまうのか?そうなれば検査しないといけないだろうか。どうしたものか。